スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦争

Category : 徒然映画

宇宙戦争


過去ログ:2006年1月14日(土)

監督:スティーヴン・スピルバーグ

キャスト:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス


クレーン作業員のレイは、離婚した妻に引き取られている子供達と会うことに。そんな中、突然、落雷が連続的に発生する。あらゆる電気・通信機器が使用できなくなり戸惑う住民達。しかしそれは「かれら」の虐殺と破壊の序章に過ぎなかった・・・。レイは子供達を守りながら、はたして妻の元へ辿りつくことはできるのか。そして、「かれら」との決着は・・・?


Comment:

人は危険にさらされると、他人を犠牲にしてまでも助かりたいと願うのだろうか。そんな中、レイは人として、そして父としての自覚に芽生え始めたのかもしれない。


One More:

スティーヴン・スピルバーグ&トム・クルーズの強力タッグのこの作品ですが、SF映画と思って観てみたら家族愛をテーマにした映画だったようです。「トライポッド」との戦闘シーンがもっとたくさんあれば良かったと思うのですが、何の取り柄もないバツイチ男が主人公だから仕方ないのでしょうね。


でも、「宇宙戦争」というタイトルには騙された感じがしました。宇宙で戦うシーンなんてありましたっけ?


さらに、ラスト・・・普通、侵略する前に地球の環境ぐらい事前に調査するのでは?・・・製作費1億3300万ドル(約138億円)を投じた作品のラストにしてはあまりにお粗末でした。


唯一の救いが、迫真の演技が光ったダコタ・ファニング。あの驚くさまは鬼気迫るものがあります。


あと、ティム・ロビンスが演じた役は、演技派の彼でなくてもよかったと思うのですが、何故出演を決めたのでしょう・・・不思議です。


ストーリーはイマイチでしたが、その時代の最新CG技術を魅せてくれるスティーヴン・スピルバーグ監督作品。今度は「未知との遭遇」など監督自身の作品をリメイクしてほしいですね。



追記:

製作:2005年、アメリカ



★★★☆☆☆☆☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

こんにちは!

こんにちは!
これはやっぱり一般的に評判がイマイチのようですね~
強力タッグの作品だと どうしても期待するから、
その反動が余計に大きかったのかもしれません。
誉めるのは最新CGの映像くらい?(^▽^;)

「未知との遭遇」好きでした~!
マザーシップが出てくるシーンには大感激でしたよ!


>YANさんへ

この作品の頃から
スピルバーグ監督作品を観る気にはなれなくて・・・(^_^;

「激突」とかの恐怖のほうが怖かったです。

「未知との遭遇」・・・また観てみようかなぁ。

TBありがとうございました。
もしかして、今までもしていたのでしょうか?
この記事へのTBは成功していましたよ(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙戦争

普通の人目線のパニック映画でした。 トム・クルーズが本当に必要だったのか? 監督:スティーヴン・スピルバーグ       原作:H....
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。