スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアニスト

Category : 徒然映画

ピアニスト


監督:ミヒャエル・ハネケ

キャスト:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル、アニー・ジラルド

製作:2001年、フランス/オーストリア


ウィーン国立音楽院の教授で優秀なピアニストであるエリカは、幼少の頃から母親にピアニストとして厳しく育てられた。しかし、40歳を過ぎてもピアニストではなく教師として働くことに母親から小言を言われる日々。


ある日、エリカは私的な演奏会にピアニストとして演奏を披露した。そこに、エリカを見つめる青年ワルターの姿が・・・。ワルターもピアニストとして演奏を披露し、エリカはその音色に興味を示し、お互いに惹かれはじめる。


ワルターは、ウィーン国立音楽院にてエリカに教えを乞うため試験を受けるが、それは、エリカのそばにいたいという強い思いからだった。そして、そのことに気付いていながら、気付いていない振りをするエリカ。


試験に合格したワルターは、念願のエリカとの個人レッスンを受け始める。エリカは他の生徒と同様に厳しく指導するだけだったが、ワルターの執拗な誘いに次第にエリカの心境も変化していく。


しかし、それは隠されたエリカの歪んだ性を呼び覚ますことになる・・・そして、ワルターの想いが届いたときエリカは・・・。


Comment:

独特の世界を展開する名匠ミヒャエル・ハネケ監督作品。

「隠された記憶」が初見で、今回が2作品目ですが・・・やっぱり難解です。


エリカの歪んだ性と精神は、やはり幼少から厳しく育てられたことへのストレスと反発なのでしょうか。


トイレでのワルターとの情事で、その歪んだ性が開放されてしまいますが、それを止める術を知らないエリカ。ますます深みにはまって行きます。それは、ワルターにも言えることでした。


ワルターはルックス、運動神経、そしてピアノの才能も秀でています。同世代の女性が黙っていないはずなのですが、ワルターは40歳を過ぎたエリカに夢中になります。いったい彼女の何に魅力を感じたのでしょうか。


演奏会でのピアノの音色に惹かれたのでしょうか。だとしたら、なぜ教師としてではなく1人の女性として魅力を感じたのでしょう。


そんなワルターはエリカの異常ともいえる性癖に戸惑い苦悩しますが、ついにエリカの望みを叶えようとします。しかし、エリカはその望みを拒否してしまいます。あれほど望んでいたことなのに・・・。


もしかしたら、拒否することも快感を得るための演技だったのでしょうか。


そして衝撃のラスト。何事もなかったかのように声をかけるワルター。厳しい目で見つめるエリカ。


そしてエリカは・・・。


母からも愛する人からも虐げられたことへの快感・・・そして自分自身も虐げることにより最高の快感の得る・・・。エリカのすべての行動は、そのことだけにあったのかもしれません。


単なる愛憎劇ではないようにみせた結果、すべてを疑問に帰してしまうミヒャエル・ハネケ監督・・・映像的にも精神的にもR-15です。



第54回カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ、男優賞、女優賞



★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

こんばんわ

私なりに「ピアニストシリーズ3本」を予想してたんですが、これは入ってなかったです…ってか存在知りませんでした(-。-;) 
面白そうですね、いつも行くビデオ屋には多分無かったからどっか探しに行ってみようかなぁ。

さて、あと2本の予想は当たってるでしょうか…ドキドキ。


>馬面冠者さんへ

もし、観る機会があったら心して観てくださいね。
何せ、あのミヒャエル・ハネケ監督作品ですから・・・^_^;

有名な作品ばかりなので、
きっと予想は当たっていると思いますよ(^_^)v


いや~これは・・

さすがですねぇ~♪

この作品、すごく衝撃的だったのですが、未だに感想が書けずにいる1本です




>Dさんへ

そうですよねぇ。
なかなかレビューしづらいものがありますよね。

ラストのエリカの行動は、
おそらく観た人によって、感じ方が違うと思います。

Dさんのレビューを首を長~く?して待っています(^_^)v


こんにちは~♪

ひでさん、こんにちは♪

ひでさんの記事で、コメント書いたり、TBさせていただいたりしたいのがたくさんあるのに、ついつい読み逃げ状態になってしまっております(^_^;)
時間が出来ましたら、またそちらの方の記事の数々にもお邪魔できればなぁって思っています。

んで、この映画ですが、
ひでさんと同じ順番で私もハネケを見ていたなんて、なんだか嬉しいです(*^^)v
でも、隠された・・もこれも、難解ではありましたね~。
私も真っ先に思ったのが、何故にあのルックス、リッチ、才能もある、という青年が彼女に惹かれたのか・・・わからん!と思っちゃいました(^_^;)
あのような高慢ちきな(?)でも、ピアノの才能はある、というオールドミスを自分のものにしてみたい、という欲望が湧いてきたんでしょうか?!

母親にあんな風に抑制されて生きてきて40年以上・・となると、ああいったことになってしまう可能性もあるんですね~・・
つくづく母親の罪の重さも感じました。

「隠された・・」でも、男性のあの衝撃シーンには、うっそっ・・・・と思いましたが、これも、あのラストのシーンでの彼女の行動は、うっそ・・でした。
刃物を使って、あのように・・というのはハネケ監督のお得意なんでしょうか。
怖い・・・。
次に見る予定の「ファニーゲーム」ですが、腰が引けてます(^_^;)
それにオリジナルが市内のTSUTAYAにはどこにも置いてなくて、ネットレンタルもしてない現在、すぐには見ることが出来なさそうです。というわけで、セルフオリジナルが6月の下旬に出るので、見るとしたらそちらを・・ってことになりそうですが、先日予告編を見たら、あまりにも悲惨で(^_^;)すっかりビビッてます(^_^;)
怖いよ~~~~(;^_^A アセアセ…


>メルさんへ

私も自分が想像できないラストシーンばかりで
ハネケ監督作品を観るとヘコんでしまいます(^_^;

でも、また観てしまう・・・怖いですねぇ。

「ファニーゲーム」はVHSで観たと思います。
DVDでレンタルされているのかなぁ。

セルフオリジナルも気になりますね。

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ピアニスト」

痛く、切なく・・。イザベル・ユペールの演技にも魅せられました

ピアニスト

2001 フランス オーストリア 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:怖い 出演:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル、アニー・ジラルド 「4ヶ月、3週と2日」を観た以来の不快感を感じた作品。もう全くついていけない世界。小さい頃から母親に厳しく育てら
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。