スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラの島の少女

Category : 徒然映画

クジラの島の少女


監督:ニキ・カーロ

キャスト:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、ラウィリ・パラテーン、ヴィッキー・ホートン、クリフ・カーティス

製作:2002年、ニュージーランド/ドイツ


ニュージーランドの先住民マオリ族。とある浜辺の小さな村では、クジラに乗ってきた勇者パイケアが村を繁栄させたという伝説を語り継ぎ、パイケアの血統を守り続けてきた。


パイケアの祖先であるポロランギは妻の出産に立ち会っていたが、妻は死に産まれた双子の弟も死産となってしまった。駆けつけた母フラワーズはポロランギと悲しむが父コロは助かったもう一人の孫を見て落胆する。その孫は女の子だったからだ。勇者パイケアの継承者は代々男性であることがしきたりなのである。そんな父を見たポロランギは反発し、産まれた娘に勇者の名「パイケア」と命名してしまう。


少女パイケアは12歳になった。父は島を出てしまい、パイケアは祖父と祖母に育てられていた。しかし、祖父は孫として可愛がるも決して伝承者としての教えを授けることはしなかった。しかし、パイケアは祖父の意に反して伝承者としての道を選ぼうとする・・・。


Comment:

村のしきたりに阻まれながらも懸命に生きる少女を描いた作品。

出演者のほとんどはマオリ族出身なので現地の雰囲気が伝わってきます。

主要キャストはプロの俳優達でハリウッド映画にも出演しています。マオリ族の人達って芸達者の人が多いのかなぁ。


はじめに画面いっぱいに出現するクジラの映像が圧巻です。これは映画館で観たかったですね。


頑なに伝統を守ろうとする祖父コロ。村の伝統から逃げたポロランギに説いた、「特権を持つ者には義務もある」という言葉が印象に残りました。その義務に縛られ続けたコロだからこそ孫娘パイケアの気持ちは理解できなかったのでしょうね。でも、ラストにようやく見せた笑顔からは、その呪縛から解放されたようにも見えます。


どんなにコロに罵れられても伝承者として認めてもらおうとする少女パイケア。私が女だからと自責の念に駆られながらも頑張る姿に応援したくなります。


少女パイケア役にはケイシャ・キャッスル=ヒューズ。この作品で若干13歳ながらアカデミー賞主演女優賞にノミネート。学芸会でのスピーチシーンは本当に演技なのかと疑うくらいに素晴しい感動を与えています。


後半のストーリーは、話は違えど「風の谷のナウシカ」を思い起こすような展開・・・パイケアがナウシカのように見えました。大人も観れる感動のファンタジー作品です。



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

無題

こんばんは。

Toy'sのブログに訪問して頂いて、
ありがとうございました。

この映画は自分も以前観ました。
とてもピュアな映画だったと思います。
マオリ族の伝統ってなんか日本と似ているなぁと
思いました。
女性が後を継げないところなど・・・

>パイケアがナウシカのように見えました。
言われてみればたしかにナウシカのようでしたね(^^

心が洗われるような純粋で素晴らしい作品だと思います。


>Toy'sさんへ

コメントありがとうございます。

ピュアという言葉が本当にピッタリな作品でした。
伝統を継承することの厳しさや責務などは、
どの国でも同じようなものなのかもしれませんね。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クジラの島の少女

タイトル: クジラ島の少女 主演ケイシャ・キャッスル=ヒューズ (アカデミー主演女優賞に最年少でノミネート) 【ストーリー】 ???預言者が鯨に乗ってやってきて、一族をひとつにまとめ、明るい未来を築いたという伝説を信じるマオリ族。その勇者の末
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。