スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デストラップ・死の罠

Category : 徒然映画

デストラップ・死の罠


過去ログ:2006年5月1日(月)

監督:シドニー・ルメット

キャスト:マイケル・ケイン、クリストファー・リーブ


スリラー作家のシドニーは、スランプで最近の作品は駄作ばかり。それでも大金持ちの妻マイラのおかげで何とか暮らしていた。ある日、作家を志す若者クリフォードからアドバイスしてほしいと、まだ誰にも見せていない原稿が届く。それは、非の打ち所がない完璧な作品だった。過去の栄光はすでに落ち目になりつつあるシドニーは、この原稿を自分の作品「デストラップ」として発表しようと、クリフォードを殺害する計画を立てるのだが・・・。


Comment:

大どんでん返しの連続に目が回る!!まず、シドニー、クリフォード、マイラの3人の駆け引きが絶妙。それぞれの思惑によって、騙し騙されることになるが、観ている私まで騙されてしまう。そこに近所に住む霊媒師のヘルガも加わり、思わぬ方向へ。最後までどうなるのかわからない展開に引き込まれてしまう。


One More:

ストーリーの中盤からはじまる大どんでん返しにビックリ!!

これだけ多くの大どんでん返しがある作品もめずらしいですね。脚本の勝利!!


監督は「十二人の恐れる男」のシドニー・ルメット。なるほど。面白いわけだ。


シドニー役には、マイケル・ケイン。「デンジャラス・ビューティー」ではサンドラ・ブロックにミスコンの手ほどきをするゲイのコンサルタント、「バッドマン・ビギンズ」では理解のある執事と、「品があるけど茶目っ気のある」役柄が多いですね。この作品では、「デストラップ=死の罠」という題材なのでコメディではないのですが、彼の動きになぜかクスッと笑ってしまいます。


クリフォード役は、クリストファー・リーブ。この映画は1982年の作品なので、彼もまだ若くて元気です。「スーパーマン」と同様、好青年役なのですが、それもはじめのうちだけ。彼のちょっとダークな演技を観ることができます。それにしても、ブーツを履いているとはいえ、足が長いなぁ。


大どんでん返しのストーリーですが、それほど難しくはなく楽しんで観れました。元々はブロードウェイの舞台劇を映画化したものなので、セリフの言い回しが舞台調でしたけどね。



追記:

製作:1982年、アメリカ



★★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。