スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NINE

Category : 徒然映画
NINE

Commnet:
映画監督の男の苦悩と妄想。

ロブ・マーシャル監督の作品です。

1965年、イタリアのローマ。チネチッタ映画製作所で1人の映画監督の男が悩んでいます。男の名はグイド・コンティーニ。10日後にクランクインする予定の新作「イタリア」を控えていましたが、思い付くのはタイトルのみ。ストーリーがまったく浮かんできません。

「ミューズ」クラウディア・ジェンセンを主演に迎え、衣装係のリリーも忙しくなるのかと思っていたところ、グイドの苦悩を知り・・・。

はたして、映画は完成するのか・・・。

・・・う~ん。ストーリーはもうどうでもいいかなって感じの作品でしたね^^

この作品は、グイドの前に登場する女性たちの艶やかさ、強さ、脆さをクローズアップしたほうがいいかもしれません。

まずは、グイドの不倫相手カルラ。結局、グイドにいいように遊ばれた感が・・・。カルラ役にはペネロペ・クルス。最近、彼女が演じる役は不倫ばかりしている気がする^^

「脚を開いて待ってるわ。」なんてセリフが似合うのはペネロペだけです^^

セクシーさはもちろんNo.1。彼女のステージは1人でも十分魅力的でした。

次に、グイドが少年時代に出会う娼婦サラギーナ。彼女がグイドに大人の女性を意識させたのかなぁ。大人の女性と少年という構図はトルナトーレ監督にもよくあるシチュエーション・・・イタリアならではってことでしょうか^^

サラギーナ役にはファーギーことステイシー・ファーガソン。彼女のステージが一番迫力がありましたね。

次に、グイドを見守る衣装係のリリー。彼女はグイドの仕事面での母親のような存在なのかなぁ。リリー役にはジュディ・デンチ。彼女はステージでも存在感があります。

次に、グイドを取材するヴォーグ誌の記者ステファニー。・・・とって付けたような役柄でしたが、グイドの苦悩に拍車をかける役だったのかなぁ。ステファニー役にはケイト・ハドソン。彼女のステージが一番派手でしたね。コメディ女優のイメージが強かったので斬新でした。

次に、グイドの妻ルイザ。彼女もカルラと同じようにグイドにとって都合のいい女だったのかなぁ。でも、カルラとはまた違う決断をするところはさすが元女優。転んでもタダでは起きないと言ったところでしょうか。

ルイザ役にはマリオン・コティヤール。彼女のステージは2回あったかな。2回目のステージは女優魂を感じさせます。

最後に、「ミューズ」クラウディア・ジェンセン。彼女は男としてのグイドを愛していたのか、それとも映画監督としてのグイドを愛していたのか・・・。実は、演じる自分を愛していたのかも^^

クラウディア役にはニコール・キッドマン。ほんの少ししか登場しませんでしたが、その存在感は抜群。「ミューズ」にピッタリです。ステージは暗い夜の噴水という一番地味なステージでしたが、彼女自身が派手なのでかえって彼女をより際立たせているかのようでした。

ステージで歌い踊る女性たち。

実に魅力的なのですが、そのステージのほとんどはグイドの「妄想」だということを忘れてはいけません。

まったく共感できないダメ男グイドの妄想を延々とみせられていると思うと、せっかくの彼女たちのステージも淀んでしまいます^^

グイド役にはダニエル・デイ=ルイス。見事なダメ男っぷりです^^

それにしても、なんと豪華なキャスティングでしょう。

さらには、グイドの母親役として大女優ソフィア・ローレンも・・・贅沢すぎます。

ラスト。

結局、グイドの独りよがりのような展開・・・非凡な才能を持つと、自然と周りから人が寄ってくるのでしょうか。ちょっと納得できませんでしたね。

美しい女優たちのプロモーションビデオような作品・・・と言っておきましょう^^


★★★★★★☆☆☆


Title:
NINE

Country:
USA/Italy (2009)

Cast:
(Guido Contini)DANIEL DAY-LEWIS
(Luisa Contini)MARION COTILLARD
(Carla)PENÉLOPE CRUZ
(Mamma)SOPHIA LOREN
(Stephanie)KATE HUDSON
(Lilli)JUDI DENCH
(Claudia)NICOLE KIDMAN
(Saraghina)STACY FERGUSON

Director:
ROB MARSHALL


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

こちらにも

ひでさん、こんにちは!

主人公が仕事のスランプに陥り、
女達に救いを求める妄想のミュージカルで、
ひでさんの仰るように、ストーリーはどうでもいいような
感じでしたね(^^;
あのダニエル・デイ=ルイスがダメ男とは、意外性がありました。

それでも出演者やステージのゴージャスさがすごかった☆

Re: こちらにも

キャスト陣の豪華さはすごかったですよね。

ちなみにダニエル・デイ=ルイスがダメ男ぶりは、
「眺めのいい部屋」という作品でも観れますよ^^
この作品とはまた違ったダメっぷりですけどね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NINE

ものすごくシンプルな構成で分かりやすいミュージカル♪ 大物女優がここまで一堂に会するのは、そうないのでは? ゴージャスかつ壮観★ 監督:ロブ・マーシャル 製作:2009年 アメリカ 出演:*ダ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。