スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのエリ 200歳の少女

Category : 徒然映画
ぼくのエリ 200歳の少女

Comment:
謎の少女に恋をするいじめられっ子の少年。

スウェーデンのトーマス・アルフレッドソン監督の作品です。同じくスウェーデンのヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの原作「モールス」を映画化。この作品では原作者自ら脚色も担当しています。

スウェーデン、ストックホルム郊外。集合団地に住む12歳の少年オスカーは母親と2人暮らし。父親とは別居。学校ではその中性的な容姿からなのか三人組の男の子たちからいじめを受けていました。

いじめられても何もできないオスカー・・・しかし、彼の心には「殺意」が渦巻いていました。

そんな彼の隣の家に引っ越してきた父親と娘の2人家族。娘の名は「エリ」。

エリはオスカーの「殺意」を見抜き、話しかけます。どこか謎めいている少女エリ。

屋外は極寒であるにも関わらず薄着、食べ物を口にしても吐き出してしまいます。

しかし、エリの交流を深めていくうちに、いままでなかった「勇気」を持てるようになったオスカー。

そして、オスカーはエリに恋をするのですが・・・。

一方、町では首を切り、血を盗むという残虐な連続猟奇殺人事件が話題に・・・オスカーが見る真実とは・・・。

ファンタジーな世界をイメージしていたのですが、さすが「スウェーデンのスティーブン・キング」と異名をとる原作者。おどろおどろしいシーンの数々・・・PG-12も納得です。

この作品を観ていて思い出したのが、ジュード・ロウ主演の「クロコダイルの涙」でした。

「クロコダイルの涙」は血を吸う魅力的な男性を愛する女性。
「ぼくのエリ」は血を吸う少女に恋する少年。

どちらも血を欲するために猟奇的な殺人を繰り返します。

・・・設定がほとんど同じですね^^

所謂、ヴァンパイア映画に分類されるのでしょうか。数あるヴァンパイア映画の中で、この作品が世界から高く評価されたのは、主人公を純粋な少年にしたからだと思います。

オスカーの家庭環境も微妙でしたね。父親はオスカーに優しそうなのですが、夫婦間に問題があったのでしょうか。父親はゲイなのかもととれるシーンもあるのですが・・・。オスカーの居心地の悪さといったらなかったですね。

さらに、オスカーは純粋すぎるが故に「狂気」もすんなりと受け入れてしまうのでしょうか。

木をいじめっ子に見立ててナイフで何度も突き刺すシーン・・・でも、はたして本当に木をいじめっ子に見立てていたのでしょうか。木に対して吐く暴言は、普段オスカーがいじめっ子たちから言われている言葉・・・オスカーは自分を刺していたのかも・・・そう考えると、いじめを苦に自ら命を絶ってしまう子供たちに共通するのかもと心を痛めます。

そんなオスカーの前にあらわれるエリ。

彼女もどこか中性的なイメージがあります。彼女の秘密は具体的には明かされないのですが、彼女は自分の身体を受け入れて、生きていくしかなかったのでしょうね。

オスカー役のカーレ・ヘーデブラントとエリ役のリーナ・レアンデションの純粋さ透明さが印象に残ります。

ところで、邦題の副題である「200歳の少女」ですが、200歳という年齢は一言も語られなかったような気がするのですが・・・。原作での設定なのでしょうか?

あと、エリの父親とされる男。あの男も謎でしたね。本当に父親なのか。それとも、オスカーのようにエリに恋した男の末路なのか。

ラスト。

やっぱり、いじめられてしまうオスカー・・・しかし・・・コ、コワッ^^

ラストシーンは2人で町から出て行ったということなのでしょうか。

やっぱり、オスカーはエリの父親と同じ末路を辿るような気が・・・。

1人では決して生きてはいけないエリ。オスカーのような「殺意」を持てる人間がそばに必要なのかもしれない・・・。

純愛ラブ・ストーリー、サイコ・サスペンス、ヴァンパイア映画・・・どのジャンルにも当てはまる作品でした。


★★★★★★★☆☆


Title:
LÅT DEN RÄTTE KOMMA IN

Country:
Sweden (2008)

Cast:
(Oskar)KÅRE HEDEBRANT
(Eli)LINA LEANDERSSON

Director:
TOMAS ALFREDSON


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

私もこれ遠征して劇場行ってきました~
公開を待ちに待っていて、期待が膨らんだ状態での鑑賞でしたけど、素晴らしい作品でした。
そうそう、私もオスカーは父とされる男性と同じ運命をたどると思います。
切なげな音楽も本当に素晴らしかったです。
トラバさせてくださいね♪

週末更新がやっとで久しぶりにお邪魔させていただきました(^-^;

>じゅりさんへ

> そうそう、私もオスカーは父とされる男性と同じ運命をたどると思います。
やっぱりそうですよねぇ。でもなんだか悲しいような気も・・・。

> 切なげな音楽も本当に素晴らしかったです。
音楽も良かったですね。
また、その逆にオープニングの静寂も
何もない雪の町をイメージしているかのようでした。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女 (2008) 【LAT DEN RATTE KOMMA IN】 【LET THE RIGHT ONE IN】 ストックホルム郊外の小さな町。 集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー( カーレ・ヘーデブラント )。 同級生のイジメに苦しみながらも、誰に?...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。