スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(500)日のサマー

Category : 徒然映画
(500)日のサマー

Comment:
運命の人と出会った青年の500日の記録。

マーク・ウェブ監督の長編映画初作品です。ミュージック・ビデオ監督出身だそうです。ストーリーもさることながら構成、編集、音楽にさまざまな趣向を取り入れた面白い作品に仕上げています。

カードライターとして働くごく普通の青年トム・ハンセン。少年の頃に映画「卒業」を観てから、「運命の女性に出会うまで幸せになれない」と思っています。

そんな彼の前に現れたのは社長の新人アシスタントのサマー・フィン。彼女を一目見たときから気になり、エレベーターで初めて会話したとき「この女性だ!」と確信するのです。

しかし、このサマーという女性・・・カワイイだけの女性ではありませんでした。

彼女の恋愛哲学・・・それは、

「誰かの所有物になるのは嫌。」
「恋愛関係は面倒。」
「傷つくのも嫌。」
「恋は長続きしない。」
「愛は絵空事よ。」

とトムとは真逆の「運命」を信じない女性だったのです。それでもベタ惚れのトムはサマーの意見を尊重して「友達」として付き合うことに・・・しかし、そんな関係は長続きせず・・・はたして、トムはサマーの考えを変えることができるのか・・・?

トムとサマーの500日を描いているのですが、時系列通りではなく、日にちごとにエピソードを断片化してランダムに展開していきます。これが面白い効果を生み出していましたね。

幸せ絶頂だったトムとどん底のトムの対比がくっきりしています。

どうやらトムは、自分が幸せのときは「あるハリウッドスター」に見えるらしい^^

トム役のジョセフ・ゴードン=レヴィットが爽やかに演じています。彼イイですね。線は細いですが、どことなくヒース・レジャーに似ている気もする・・・目元とかね。

もし、運命の人にめぐり会って、サマーのように言われたら・・・やっぱり、友達として付き合うのかなぁ。そもそも「運命の人だ」と思う瞬間ってどんな感じなのでしょうね^^

それにしてもサマーの小悪魔ぶりはいかがなものでしょう。私は、

「こんな話をしたのは初めて。」

というセリフにヤラれました^^

これは、完全に殺し文句でしょう。トムでなくても「自分は彼女の特別な男になった。」と思うはず。でも、サマーはあくまで「友達」としてトムと付き合うわけで・・・そりゃあ、トムが怒るのも納得です。

そんな小悪魔ぶりをいかんなく発揮するサマー役にはゾーイ・デシャネル。今、「ちょっと変わった女の子」を演じたらピカイチではないでしょうか^^

「イエスマン」での彼女が好きな人ならこの作品でも彼女にハマるでしょうね。また、歌っているし^^

ジョセフ・ゴードン=レヴィットも負けじと歌って踊って・・・あれ?いつの間にミュージカルになってる^^

トムの「期待」と「現実」を左右に分けて同時進行してみたり、ウェブ監督は遊びまくっていますね。

さて、ストーリーに戻ると、やはり彼らのターニングポイントは映画「卒業」を観た日からなのでしょう。サマーの今までの「愛と運命」の考え方がガラリと変わったのではないでしょうか。

「卒業」を観た後のサマーと出会っていたなら・・・トムは同じ価値観を持つサマーとハッピーエンドになっていたのかも。

トムは精神的に大人になったような気がします。自らの意志で行動し始めましたからね。ラストシーンの新たな出会いも洒落ていて良かったです。

あと、トムの恋愛相談を受ける歳の離れた妹のレイチェル・・・彼女はいったい何者?一番、考え方がしっかりしている大人なのかもしれない^^

出会いは運命ではなく偶然・・・タイミングが重要ってことですかね。


★★★★★★★★☆☆


Title:
(500) DAYS OF SUMMER

Country:
USA (2009)

Cast:
(Tom Hansen)JOSEPH GORDON-LEVITT
(Summer Finn)ZOOEY DESCHANEL
(McKenzie)GEOFFREY AREND
(Rachel Hansen)CHLOE MORETZ
(Paul)MATTHEW GRAY GUBLER
(Vance)CLARK GREGG

Director:
MARC WEBB


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

トムは気の毒だったけど・・・

ひでさん、こんにちは!
あれはハン・ソロでしたっけ?(^_^)

これ、恋愛時のいろんな感情を表現していて面白かったですね。
特にトムのコロコロ変わる表情が良かったです。
私も彼はヒース・レジャーに似てると思いました~少し線を細くした感じ。

サマーの哲学は運命の人に出会ってないからだと思いました。
トムは「この人だ!」と思える相手じゃなかったんでしょうね。
「卒業」を観たのは、すでに運命の他の人に出会った後だったのでは?
他の人とトムの事を考え、あれだけ泣けたように思います。

>YANさんへ

> あれはハン・ソロでしたっけ?(^_^)
そうですよね。インディではないはず^^

> 私も彼はヒース・レジャーに似てると思いました~少し線を細くした感じ。
同じように思っていてくれた人がいて少し安心しました。
ヒースのファンに怒られるかもヒヤヒヤしていました^^

> 「卒業」を観たのは、すでに運命の他の人に出会った後だったのでは?
あっ、そうでしたか。確認せずにレビューに書いてしまいました^^
映画はサマーの結婚報告パーティーの後に観たのかな。
だとしたら、サマーはトムの誘いを断るべきだし(友達として付き合ったのかな?)、
トムもあきらめが悪いかなぁ。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(500)日のサマー

こういう経験は誰にでもあるんじゃないかなあ。 きっと誰もが胸にグサッときて、誰もが微笑む。 特に男性なら「あるある」って言うと思います。 トムの一喜一憂する姿が可愛くて、すっごく好きになっちゃっ...

【(500)日のサマー (2009)】 メロメロ

■(500)日のサマー 予告編(Youtube) 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観てボクは彼女に恋に落ちた。最近は『テラビシアにかける橋』『ジェシー・ジェームズの暗殺』『ハプニング』などに出演。徐々に知名度は上がってきていながらも、まだ日本ではメジャー?...

DVD:(500)日のサマー

 クロエ・グレース・モレッツが出ているので見たいと思っていたのですが、それ以前にこの作品は名作だと言われ、TSUTAYAでDVDをレンタルしてようやく見ました。と言うわけで今回は新作ではなくレンタルDVDでの鑑賞ですが、(500)日のサマーを見ました。
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。