スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のめぐりあい

Category : 徒然映画
愛のめぐりあい

Comment:
旅をする映画監督が出会う人々。

ミケランジェロ・アントニオーニ監督とヴィム・ヴェンダース監督の共作です。脳卒中で倒れたアントニオーニ監督の13年ぶりの作品は、4つのオムニバスをアントニオーニ監督が手掛け、プロローグ、幕間、エピローグをヴェンダース監督が担当しています。

ストーリーテラーは、撮り終えたばかりの映画監督の男。彼が旅先で出会う人々の愛の物語を詩的に描いています。

第1話はイタリアのフェラーラ。町から逃げてきた青年シルヴァーノと町から逃げられない女性教師カルメンとの出会いと別れを描いています。

偶然に出会った女性カルメンを愛し続けるシルヴァーノ。育む愛ではなく感覚的な愛情なのでしょうか。フィーリング?・・・そんな言葉がよぎります。

シルヴァーノ役にはキム・ロッシ=スチュアート。カルメン役にはイネス・サストーレ。美男美女のカップルです。

ちなみに、フェラーラはアントニオーニ監督の故郷でもあります。映画監督の男はアントニオーニ監督自身なのかもしれませんね。

第2話はイタリアのポルトフィーノ。港に面する通りのブティックで働く美しい女性に映画監督の男は見惚れてしまいます。店に入っても一言も話せない映画監督の男。

翌日、再び出会う2人・・・。しかし、その女性には驚くべき過去が・・・。

何とも不思議な話でしたね。起承転までしか描いていないというか・・・。「結」がないことで、一夜限りの出会いを物語っているのかも。

女性の役にはソフィー・マルソー。何とも大胆。美しいかぎりです。
映画監督の男役にはジョン・マルコヴィッチ。羨ましいかぎりです^^

第3話はフランスのパリ。アメリカ人男性ロベルトと妻パトリツィア、ロベルトの愛人であるイタリア人女性との愛の選択を描いています。

自暴自棄になりながらも夫を愛するパトリツィアが痛々しい・・・「別れる」なんて言葉は、愛していればいるほど簡単に言えるものではないのですかねぇ。

さらに、パトリツィアが出会う男性カルロ。彼はパトリツィアと同じ境遇にいたのでしょうね。

ロベルト役にはピーター・ウェラー。
パトリツィア役にはファニー・アルダン。
愛人役にはキアラ・カゼッリ。
カルロ役にはジャン・レノ。

ファニー・アルダンの熱演とキアラ・ガゼッリの小悪魔な演技が見どころですね。

あれ?映画監督の男が出てこないなぁと思っていたら・・・最後の最後に出てきました。映画監督の男は目の前にいる美しい女性クレアがどんなことを思っているのか知る由もないのでしょうねぇ。

第3話と第4話との幕間には短いエピソードがあります。風景画を描く老いた男に会いに来た老いた女。マルチェロ・マストロヤンニとジャンヌ・モローの豪華共演です。

第4話はフランスのエクス・アン・プロヴァンス。老いた女性が戻ったホテルに泊まる映画監督の男。そのホテルから出てきた青年は、向かいの建物から出てきた女性に一目惚れ。一方的に彼女に話しかけながらついて行くと、そこは教会・・・彼女はミサへ。教会で待ちくたびれて寝てしまった男性は目覚めると急いで彼女を追いかけて話かけます。

男性は「死ぬのが怖い。」と言うと、女性は「生きることが怖い。」と言います。

謎めいた女性にさらに心を奪われてしまう男性・・・彼の恋の行方は・・・。

他の作品と比べると、少し可愛らしさもあるこの作品。でも、最後に重みがありました。彼がもう少しはやく彼女と出会っていれば、彼女の決意も変わったのかなぁ・・・変わらないか^^

男性役にはヴァンサン・ペレーズ。女性役にはイレーヌ・ジャコブ。軟派な男性と恥じらう女性のミスマッチを2人が爽やかに演じています。

4つのオムニバスに共通していえるのは、愛は突然やって来るものということでしょうか。でも、そのめぐりあい方はさまざま・・・。

秋の夜長にゆったりとくつろぎながら観る・・・趣のある大人の作品でした。


★★★★★★★★☆☆


Title:
AL DI LÀ DELLE NUVOLE

Country:
France/Germany/Italy (1995)

Cast:
(The Director)JOHN MALKOVICH
(Silvano)KIM ROSSI STUART
(Carmen)INÉS SASTRE
(The Girl)SOPHIE MARCEAU
(Mistress)CHIARA CASELLI
(Husband)PETER WELLER
(Patricia)FANNY ARDANT
(Carlo)JEAN RENO
(Boutique Manager)ENRICA ANTONIONI
(The Man of All Vices)MARCELLO MASTROIANNI
(Friend)JEANNE MOREAU
(Niccolo)VINCENT PEREZ
(The Girl)IRÈNE JACOB

Directors:
MICHELANGELO ANTONIONI
WIM WENDERS

Awards:
Venice Film Festival 1995
(FIPRESCI Prize)MICHELANGELO ANTONIONI
(FIPRESCI Prize)WIM WENDERS


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。