スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・コーヴ

Category : 徒然映画
ザ・コーヴ

Comment:
イルカ漁の真実を伝える男の姿を追うドキュメンタリー。

その年のアカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を受賞したルイ・シホユス監督の作品です。オスカーを獲得したことで、日本のメディアでも大きく取り上げられたこの作品。

受賞した最大の要因は、おそらくクライマックスとなるあの光景なのでしょう。

日本、和歌山県太地町。「くじらの町」として知られるこの町では「イルカ追い込み漁」が盛んであり、捕獲されたイルカは水族館やテーマパークへ売られたり、食用として売られたりしています。

イルカ解放運動の活動家リック・オバリーは、60年代の人気テレビ番組「わんぱくフリッパー」でイルカの調教師兼俳優として活躍していました。しかし、番組が終了すると、いつも一緒だったイルカたちが道具のように水族館へと連れて行かれる光景を目の当たりにし、さらに、番組の人気によってイルカショーが盛んになり、多くのイルカたちが道具として使われていることを知るのです。それから彼は、30年以上イルカを救う活動に人生を捧げてきました。

そして、辿りついた場所は太地町・・・。

リック・オバリーは、ルイ・シホヨス監督をはじめとするイルカ保護に賛同する人々の協力を得て、太地町の「隠された真実」を撮影しようと試みます・・・。

はたして彼らが観た光景とは・・・。

はじめに、イルカ漁について。

私は、日本でクジラ漁をしていること、クジラ肉を食用として食べていることを知っていました。

私は、クジラとイルカが名前と大きさが違うだけで生物分類上は差がないことを知りませんでした。

私は、日本でイルカ漁をしていること、イルカ肉を食用として食べていることを知りませんでした。

やはりイルカというと、テーマパークで華麗な芸を披露したり、大海原で優雅に泳いだりしている光景が浮かんできます。でも、それは、テレビなどのメディア、マスコミからの情報でしか知りません。

また、報道番組で伝えられる捕鯨問題に関しても、クジラのイメージが非常に強く、そこにイルカも含まれているとは、まったく考えることはありませんでした。

そのような意味では、私にとってはイルカの現状を知る上で意味のある作品になりました。

では、イルカ漁に反対かというとそうでもない・・・イルカ肉を食べることに反対かというとそうでもない。食べる食べないは消費者の判断ですからね。

ただ、あの漁法については問題があると思います。「立ち入り禁止」と看板を立てたって、見たい人は見てしまうだろうし、船やヘリコプターを使えば「あの光景」は誰でも撮影できてしまいますよね。もしかしたら、インターネットの地図検索機能で見れてしまうかも!?

漁と屠殺を同じ場所で行なうのではなく、専用の施設で屠殺するべきなのだと思います。紺碧の海が深紅に染まる光景は、やはり胸を痛めます。漁師の人々は何も感じないのでしょうか。また、イルカたちの苦痛にも配慮してほしいですね。

と、ここまで書いた後、Wikipediaで調べてみると、何とあの「追い込み漁」の映像は過去の映像であり、この作品で彼らが隠し撮りした映像ですらないという捏造疑惑があるそうで・・・困った。何を信じて書けば良いのやら。

次に、リック・オバリーについて。

残念ながら彼にはまったく共感しませんでしたね。彼の言動からは、失ったわが子を救えなかった悲しみの反動から、怪しげなカルト集団にのめり込んでしまった親・・・のように見えてしまいます。

彼は太地町の人々を理解しようとしたのでしょうか。意見が真っ向から異なる者と理解し合うことは難しいことですが、その努力をしようとしたのでしょうか。彼の言動からは真摯な態度がまったく伝わってきません。

しかし、それは彼だけではなく、残念ながら町の人々の対応からも伝わってきました。怒気を含んだ態度で追い出そうとする町の関係者たち。声を荒げたところだけを編集したのかもしれませんが・・・。既に両者の関係は末期的だったのでしょうか。

それでもリック・オバリーには同情すら感じません。国際捕鯨委員会(IWC)の会議の場に乗り込み、イルカ追い込み漁(過去の漁法)を見せ付けるパフォーマンスは、自分の主張を伝える強硬手段であり、決して賛同できるものでありません。

しかし、その行為を神聖化しようとする映画音楽・・・。あの会場で彼に浴びせられたのが称賛なのか罵声なのか・・・知ることはできません。

さらに、会議に出席している日本代表の表情をナレーションと音楽に合わせて故意に編集している節もあり・・・この作品は本当にドキュメンタリー映画なのでしょうか。

最後に、映画として。

私が思うドキュメンタリー映画とは、真実のみを映し出し、結論は観ている者に委ねている作品なのですが、この作品は偏った主張でのみ描かれていると言ってよいでしょう。

さらに、延々と流れる音楽は、観ている者の感情を動かすには十分すぎる効果を発揮しています。

あと、食文化と主張することについてですが、イルカ肉が日本の食文化と言われてもどうにもしっくりきません。もし、「イルカは日本の食文化ですか?」と質問されたら、はたして何人の日本人が「はい」と答えるのでしょう。

そもそも、イルカ肉の消費量の割合はどのくらいなのでしょうか。日本の食文化と言えるくらいに消費されているのでしょうか。地域差もあると思います。そのような統計も出さずに築地市場に大量に並べれた冷凍のマグロを映し出す・・・「イルカが大量に卸されている」と誤解を招く恐れがあります。

イルカ追い込み漁を隠し撮りする作戦は、さながらエンターテインメント映画です。彼らも自ら「「オーシャンズ11」のようだ。」と語っています。その作戦は、竜安寺の石庭と訪れる観光客を観てひらめいたそうですが、その表現が何とも稚拙です。やはり、彼らは異文化を理解せず、自分たちの主張のみを貫き通す集団なのかと感じずにはいられませんでした。

誤解を招く創り込んだ編集。そして、捏造疑惑・・・このような作品がなぜアカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を受賞したのか・・・。

それは、あの光景が例え過去の漁法であっても、まぎれもない事実だからなのでしょう。それほどの衝撃があの映像にはあると思います。

あの光景が過去の漁法の映像であることをアカデミー会員たちが知っているのかは疑問ですが・・・。

では、現在の漁法は?

Wikipediaによると、現在、銛を突き刺す漁法は行なわれていないそうですが、この作品では現在の漁法と屠殺の様子を観ることはできません。

でも、Wikipediaも真実を掲載しているのか・・・私には何もわかりません。

現在、あの入り江で行なわれている本当の真実が知りたいです。


★★★★★☆☆☆☆☆


Title:
THE COVE

Country:
USA (2009)

Cast:
(Himself)RICHARD O'BARRY
(Himself)LOUIE PSIHOYOS

Awards:
Academy Awards, USA 2010
(Oscar(Best Documentary, Features))LOUIE PSIHOYOS
(Oscar(Best Documentary, Features))FISHER STEVENS

Los Angeles Film Critics Association Awards 2009
(LAFCA Award(Best Documentary/Non-Fiction Film))


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。