スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー・ウェディング

Category : 徒然映画
フォー・ウェディング

Comment:
結婚したい男女の結婚観。

マイク・ニューウェル監督の作品です。

タイトルの「フォー」は「For」ではなく「Four」だったのですね。結婚は連鎖していくものなのか。出席する若い男女は「今度は自分が主役だ」とばかりに相手を見つけます。

この作品はその連鎖が4つ続く中、イギリス人男性チャールズとアメリカ人女性キャリーの恋の行方と結婚観を描いています。

チャールズはいつも寝坊してしまいます。妹のスカーレットも寝坊し、2人は急いで支度、教会へと向かいます。この兄妹はどうやら朝、起きられない性格のようで、この後に続く結婚式でも見事に寝坊します。しかし、慣れというものは恐ろしい。最後では寝坊しても大丈夫だと余裕をかます一幕も・・・^^

1つ目の結婚式。チャールズとキャリーの出会いが描かれています。互いに気になる存在となり、出会った当日に一夜を共にします。翌朝、キャリーはチャールズへの「ある問い」を冗談だと言うのですが、あれは、まんざら冗談でもなさそうな雰囲気でしたね。

キャリーは純粋に結婚を望み、チャールズは今の生活から抜け出したいから結婚を望む・・・結婚に対する2人の価値観は別のところにあったようですね。チャールズは告白が苦手であり、恋愛にも消極的なのかと思えば、実は結構なプレイボーイ。ダメな部分を見せるところが母性本能をくすぐるのでしょうかねぇ。

3ヵ月後の2つ目の結婚式。キャリーとは前回の結婚式以来の再会。つまり、一夜限りの割り切った関係だったわけですね。その後、連絡とか取り合ったりしなかったのかなぁ。キャリーと再会して嬉しいチャールズでしたが、キャリーの隣りには歳の離れたフィアンセがいました。所謂、玉の輿ですね。さらに、チャールズの席の周りには昔の彼女たちが勢揃い。その中の1人ヘンリエッタは未だにチャールズのことが忘れられないようです。タジタジのチャールズ。ざまみろと言っておきましょう^^

2ヶ月後の3つ目の結婚式。もちろん花嫁はキャリー。チャールズの恋は終わりました。

そして、10ヵ月後の4つ目の結婚式。それはチャールズの結婚式でした。はたして相手は誰なのか・・・。

チャールズの仲間たちは実に愉快。

ゲイの年の差カップル、ガレスとマシュー。
未婚のセレブ姉弟、フィオナとトム。
チャールズの妹と弟、スカーレットとデイビッド。

陽気なゲイカップルやドジな男、ちょっと変わった女性などラブコメには必要不可欠なキャラクターたちですね。

ただ、葬儀のエピソードは必要だったのかなぁ。人生と結婚を考えるシーンへと繋げるためのエピソードだとは思うのですが、タイトルに「ウェディング」と付けているのに湿っぽくなってしまいましたね。

チャールズ役にはヒュー・グラント。イギリスのラブコメには欠かせない役者ですね。この作品でゴールデン・グローブ男優賞を受賞しています。

あと、見習い司祭役にローワン・アトキンソンも出演していましたね。そういえば、司祭が花婿と花嫁の名前を覚えられない、または、上手に言えないというのは、結婚式のコメディにおける定番なのでしょうか。ロバート・アルトマン監督の「ウエディング」やアン・リー監督の「ウエディング・バンケット」でも、同じようなシーンがありましたね。ただし、この作品の場合はローワン・アトキンソンですから尋常ではない間違い方をしますけど・・・^^

ラスト。

やや強引な展開にもみえますが、結局、チャールズとキャリーが会ったのは、4つの結婚式と2つ目と3つ目の間での偶然の再会、そして、葬儀の計6回だけなんですよね。

たった、6回会っただけで、お互いをあんなにわかり合えるものなんですかねぇ。

あと、やっぱりチャールズはダメダメな男だなぁ。彼を見ていると、無理して結婚することもないなぁと思ってしまいます。チャールズの場合は無理と言うより妥協なのかな?

何だかチャールズとキャリーはすぐに別れてしまいそうな・・・そして、また仲間たちからまた慰められる・・・そんな光景が浮かんでしまいます^^

チャールズとキャリーの関係より、チャールズの仲間たちの友情のほうが羨ましく思える作品でした。


★★★★★★★☆☆☆


Title:
FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL

Country:
UK (1994)

Cast:
(Charles)HUGH GRANT
(Carrie)ANDIE MacDOWELL
(Fiona)KRISTIN SCOTT THOMAS
(Tom)JAMES FLEET
(Gareth)SIMON CALLOW
(Matthew)JOHN HANNAH
(Scarlett)CHARLOTTE COLEMAN
(David)DAVID BOWER
(Serena - Wedding One)ROBIN McCAFFREY
(Father Gerald - Wedding Two)ROWAN ATKINSON
(Henrietta - Wedding Two)ANNA CHANCELLOR
(Hamish the Groom - Wedding Three)CORIN REDGRAVE

Director:
MIKE NEWELL

Awards:
Golden Globes, USA 1995
(Golden Globe(Best Performance by an Actor in a Motion Picture - Comedy/Musical))HUGH GRANT


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。