スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエディング・バンケット

Category : 徒然映画
ウエディング・バンケット

Comment:
ゲイのカップルと女性との偽装結婚。

その年のベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したアン・リー監督の作品です。アン・リー監督、そして、同性愛というと「ブロークバック・マウンテン」を思い出しますが、この作品は「ブロークバック~」より12年前に製作されています。

時代によって社会からの視線は異なるようで、「ブロークバック~」の1960年代は断じて認められず、この作品の1990年代では社会的には認められているものの、近所の人からは疑いの眼差しで見られていたようです。この30年の間に「ハーヴェイ・ミルク」のような人物の活躍があったのでしょう。

しかし、どの年代でも同性愛者にとって思い悩むことがありました・・・それは、家族への告白。

アメリカ、ニューヨーク。不動産業を起業し仕事も波に乗っている青年ウェイトンはアメリカ国籍を取得した台湾人。白人青年サイモンと同居し幸せに暮らしていますが、1つだけ悩みがありました。

それは、両親からの結婚のススメ。

台湾に住む両親は孫の顔を早く見たいとせがみ、母親は勝手に結婚相談所に登録してしまいます。

ウェイトンが結婚しないのには理由がありました。彼はゲイであり、サイモンとは恋人同士だったのです。

そこで、サイモンは名案を閃きます。ウェイトンが所有するアパートに住む中国人女性ウェイウェイと結婚したと嘘を付くこと。所謂、偽装結婚を企てるのです。

ウェイウェイは「グリーンカード」ほしさに籍を入れることを承諾します。2人の睦まじい姿を写真に撮り、ウェイトンは手紙と一緒に郵送します。

これで一件落着と思いきや、なんと両親が嬉しさのあまり、会いに行くと言うではありませんか。絶対に来ないと思っていたウェイトンには予想外の展開。仕方なく、サイモンを家主にしてウェイウェイと新婚生活を始めることに・・・はたして両親が滞在する2週間を乗り切ることができるのか・・・。

コメディのような展開ですが、当人たちにとっては切実な問題。

両親は新婚夫婦と家主の幸せそうな暮らしを見て満足。
ウェイトンは両親からの小言に悩まされずに済む。
サイモンはウェイトンの手助けができて幸せ。
ウェイウェイはグリーンカードを取得し帰国から免れる。

両親、ウェイトン、サイモン、ウェイウェイの5人にとって、真実を知る知らないに関わらず、見事に利害が一致しています。この絶妙なバランスが面白いですね。

しかし、このバランスは脆くも崩れていくのです・・・。

役所で行われる簡易的な結婚式。両親にとってはやはり寂しいものなのですかね。ウェイトンの両親は古きを重んじる気質のようだったので、結婚式はド派手にしたかったのでしょうね。

ウェイトンの両親が落ち込むのをみて、サイモンは中華料理店に招待します。そこで、さらに予想外の展開が起きるのです。その中華料理店の支配人は、ウェイトンの父が戦時中に師団長だった頃の部下だったのです。支配人は落ち込むウェイトンの父のために店を結婚式場として貸し出すことを提案するのです。

ウェイトンは断られずに、豪華な結婚式を催すことになるのですが・・・。

・・・台湾の結婚式はゲームのオンパレードなのでしょうか^^

見ていても疲れそうな結婚式ですね。出席していたアメリカ人が「中国人は物静かだと思っていた。」というセリフに対し、傍にいた台湾人が「5000年の性的抑圧の反動さ。」と返すシーンにも納得してしまうほどの騒ぎようです。この台湾人はアン・リー監督本人かな。

しかし、その夜にも予想外の展開が・・・5人のバランスがさらに変化していきます。

ウェイトン役のウィンストン・チャオ。
サイモン役のミッチェル・リヒテンシュタイン。
ウェイウェイ役のメイ・チン。
ウェイトンの父役のロン・ション。
ウェイトンの母役のグア・アーレイ。

5人ともまったく知らない役者でしたが、実に自然な演技でしたね。食卓を囲むシーンなどは1人1人の個性が際立っていました。

ラスト。

知らせたほうが幸せ。
知らせないほうが幸せ。

知ったほうが幸せ。
知らないほうが幸せ。

知っていても知らないふりをする幸せ。

ウェイトンは素晴らしい両親と仲間を持ちましたね。

子供の幸せのために自分の願いを押しつけるのが親であり、子供の幸せのためなら自分の想いをこらえるのも親なのでしょう。

すべては子供のために・・・そして、自分に愛情を注いでくれた親への感謝と幸せな自分をみてもらう場が結婚式なのでしょうね。

ちなみに私は、・・・一生、親不孝者なのかもしれない。


★★★★★★★★☆☆


Title:
THE WEDDING BANQUET

Country:
Taiwan/USA (1993)

Cast:
(Wai-Tung Gao)WINSTON CHAO
(Simon)MITCHELL LICHTENSTEIN
(Wei-Wei)MAY CHIN
(Mr. Gao)SIHUNG LUNG
(Mrs. Gao)YA-LEI KUEI

Director:
ANG LEE

Awards:
Berlin International Film Festival 1993
(Golden Berlin Bear)ANG LEE


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。