スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルセポリス

Category : 徒然映画
ペルセポリス

Comment:
イラン革命とイラン・イラク戦争を体験したイラン人女性の半生。

その年のカンヌ国際映画祭審査員賞をはじめ、世界的に高評価を得たマルジャン・サトラピ監督の長編アニメーション作品です。フランスの漫画家であるマルジャン・サトラピ監督が、自身の半生を綴った漫画をアニメ化しています。

1978年、イランの首都テヘラン。「マルジ」と家族から慕われるマルジャンはイラン生まれのイラン人の少女。王家の血筋を受け継ぐマルジの一家。学校では「シャー(王)は神によって選ばれた」と教えられ、マルジは血を誇りに思っています。

しかし、父エビは独裁政権であるシャーの真実を語ります・・・王子だった祖父は共産主義者だったために処刑されていたことを知るマルジ。

その後、イラン革命が起こりイラン共和国が誕生。しかし、治安は悪化するばかり・・・民衆たちは亡命し始めます。

そして、国自体が弱体化し始めるのを待っていたかのように侵攻し始めたフセイン率いる隣国イラク。イランは敵国を迎え撃つと同時に自国いるシャー政権の反対分子たちも皆殺しにしていきます。

1982年。イランの新政権は、宗教に基づいたより抑圧的な法律を制定します。女性は黒いヴェールで頭を覆うことを強制させられます。

物資不足。絶えない空襲。抑圧された暮らし。大好きだった伯父アヌーシュも一度は解放されたもののまた捕らわれ・・・。マルジはイランに何を見るのか・・・。

少女時代のマルジはオモシロ少女ですね。ブルース・リーの大ファン。夢は未来の預言者になること。「ゴジラ」を観れば興奮し、部屋ではヘヴィメタルバンド「アイアン・メイデン」をガンガンに流しながら頭をタテ振り・・・。

イスラム圏の女性はヒシャブを身に付け、神を信じ神に従い、貞淑な生涯をおくるものだと思っていました。しかし、それは勝手な先入観であって、マルジのように異文化に触れ、楽しみを共有していたのですね。

そして、もう1つ。ヒシャブの歴史はさほど古くないということに驚かされました。イラク革命後に制定されたのだから、私・・・とっくに生まれてました^^

もちろんマルジのような女性もいれば、厳格に教えを守る女性もいるのでしょう。ケン・ローチ監督の「やさしくキスをして」などはイスラム教の教えに基づいて厳格な両親のもとに育てられた女性がキリスト教徒の男性と恋に落ちる苦悩を描いていましたね。

マルジの場合は、優しい父エビ。恐いけど誰よりもマルジを心配する母タージ。自分の知らない世界を教えてくれる伯父アヌーシュ。人生の道を説いてくれる愛すべき祖母。温かい家庭がマルジを支えていましたね。

しかし、マルジの言動は当時のイラクにしてみれば反対分子そのものでした。両親は最終手段としてマルジを国外へ逃がすことにするのです。

母タージの友人がいるオーストリアのフランス語学校へ留学することになったマルジでしたが・・・イラン政府の脅威から逃れたものの、オーストリアで待っていたのは疎外感と罪悪感でした・・・。

イラン人であるということがマルジに重くのしかかります。それでも、恋をし失恋し、また恋をし・・・波乱万丈な青春時代です。よく生きていられたものだなぁ。

オーストリアの暮らしに耐えきれなくなったマルジはイランへ帰国するのですが、街は革命防衛隊に管理され、女性たちの暮らしは抑圧され続けていました。はたして、マルジにどのような人生が待っているのか・・・。

マルジの声にはキアラ・マストロヤンニ。母タージの声にはカトリーヌ・ドヌーヴ。母娘の共演です。

ラスト。

この作品はイランの惨状だけでなく、女性の自立を描いた女性賛歌の作品でもあります。衝撃的なシーン、悲惨なシーンもありますが、可愛らしいアニメーションが和らげているので、戦争映画が苦手な人にもオススメできます。

「恨みや復讐ほど最悪なものはない。自分に公明正大でいるんだよ。」と言った祖母。
「自立して欲しかった。自由に生きて欲しかった。」と言った母。

マルジに託した想いが伝わってくるこの言葉が印象に残りました。そして、ラスト・シーンでのマルジの言葉「イラン人よ。」という一言が2人の想いを確かに受けった証なのだと思いました。


★★★★★★★★☆☆


Title:
PERSEPOLIS

Country:
France/USA (2007)

Cast:
(Marjane 'Marji' Satrapi, as a teenager and a woman (voice))CHIARA MASTROIANNI
(Mrs. Satrapi - Marjane's mother (voice))CATHERINE DENEUVE
(Marjane's grandmother (voice))DANIELLE DARRIEUX
(Mr. Satrapi - Marjane's father (voice))SIMON ABKARIAN
(Marjane as a child (voice))GABRIELLE LOPES BENITES
(Uncle Anouche (voice))FRANÇOIS JEROSME

Directors:
VINCENT PARONNAUD
MARJANE SATRAPI

Awards:
Cannes Film Festival 2007
(Jury Prize)VINCENT PARONNAUD
(Jury Prize)MARJANE SATRAPI

Los Angeles Film Critics Association Awards 2007
(LAFCA Award(Best Animation))VINCENT PARONNAUD
(LAFCA Award(Best Animation))MARJANE SATRAPI

New York Film Critics Circle Awards 2007
(NYFCC Award(Best Animated Film))


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

そうですね、これは戦争映画が苦手な方にも、すんなり受け入れられる作品だと思います。
生活者レベルから描かれていて、とっても興味深く見れました。
トラバさせてくださいね♪

>じゅりさんへ

今まで知らなかったことが、わかりやすく描かれていましたよね。
学校では教えてくれないことを知ることができる興味深い作品だと私も思いました。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルセポリス

== ペルセポリス(2007) == [[attached(1,center)]] 【PERSEPOLIS】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_22?1231438518)]] 1978年のイラン。 9歳の少女マルジはブルース・リーが大好きな元気?...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。