スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜ごとの夢/イタリア幻想譚

Category : 徒然映画
夜ごとの夢/イタリア幻想譚

Comment:
イタリアの作家トニーノ・グエッラの短編小説を映画にしたオムニバス作品。

イタリアのマレッキア谷を舞台にジュゼッペ・トルナトーレ 、ジュゼッペ・ベルトルッチ 、マルコ・トゥリオ・ジョルダーナの3人のイタリア人監督が、現実世界でありながら、幻想世界をそこはかとなく漂わせる4つの作品を描いています。

第一話「青い犬」はジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。靴の修理屋と散髪屋を兼業している中年男性アムレートと、彼につきまという額が青い犬の物語です。人間嫌いであるアムレートは犬も大嫌い。帰宅途中についてくる青い犬を何とかまこうと必死です。

しかし、家までついてきてしまい、深夜であるにも関わらず、外で吠えまくります。堪忍袋の緒が切れたアムレートはとうとう猟銃を手に持って2階の窓から青い犬に猟銃を向けるのですが・・・。

アムレート役にはフィリップ・ノワレ。犬との追いかけっこのシーンでは、彼のコミカルな演技が微笑ましいですね。本人はいたって真面目なのかもしれませんが^^

ラストはどういうことなのかなぁ。丘の上にいた男が幻想なのか、青い犬が幻想なのか。もしくはただの勘違い!?

アムレートの心の扉が少しだけ開いたかな。心が穏やかになる作品でした。

第二話「お気に入りの日曜日」はジュゼッペ・ベルトルッチ監督の作品です。ドイツに住むイタリア系ドイツ人の中年男ヴィットリオは、祖父の眼鏡屋があった実家を訪ねる途中、橋の下にいた1組の若い男女に出会います。

神経症を患う男性マルコと付添い介護する女性アンナ。

美しいアンナに見惚れたヴィットリオは車のドアを開けて誘いますが、ヴィットリオの真似するマルコ・・・。

マルコはアンナと結婚していると思っているらしく、ヴィットリオの邪魔をするのです。

奇妙な3人の旅・・・ヴィットリオの実家に到着し、ヴィットリオはアンナをさらに誘惑するのですが・・・。

アンナとマルコは、いったいどういう関係だったのでしょうね。姉弟でもなさそうですし、元恋人?婚約者?それとも夫婦?

アンナがマルコと離れられない理由は愛のため?それともマルコをあのようにした原因はアンナだったのでしょうか?

すべてが謎のまま、ヴィットリオはアンナとただ愛し合いたいがためにマルコと引き離そうとします。

何も知らない、知らせないことが幻想を生み出しているかのようでした。

ヴィットリオ役にはブルーノ・ガンツ。彼が女性を誘惑するキザな男を演じていたのが意外でしたね。でも、やっぱり存在感があります。

この話は第一話のアムレートも登場しています。ほとんどエキストラ的な登場でしたけどね。それでもフィリップ・ノワレとブルーノ・ガンツが同じ作品に出演している何とも贅沢な作品だなぁと思わずにはいられません。

ラストは思わぬ女性の登場でしたが、所詮、一夜限りの相手ということになるのかな。アンナの選択は間違っていなかったのかもしれません。

第三話「炎の雪」は、マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の作品です。

雪が積もる山村の教会。ミサを開いても礼拝に来たのは老いた女性カテリーナ1人だけ。カテリーナはミサが終わった後、神父に懺悔したいと申し出ます。

しかし、懺悔室は修復中・・・神父とカテリーナは背中合わせに座り、カテリーナは誰にも話せなかった「ある秘め事」を告白するのですが・・・。

「見てはいけないものほど見てみたい」という気持ちは人間、誰もが持っていると思いますが、理性で欲求を抑えているものです。しかし、カテリーナは理性が働きませんでした。彼女の孤独感がそのようにさせてしまったのでしょうか。

この作品の面白さは、見る側だけでなく、見られる側からも描いていることにあります。カテリーナと同じように「ある秘め事」を告白するカテリーナの息子の妻・・・。

カテリーナと息子の妻の奇妙な関係は、2人に「絆」のようなものを芽生えさせたのかもしれませんね。でも、カテリーナの息子はこの「ある秘め事」を知ったらどう思うのかなぁ。

ラストの月明かりと部屋に積もった雪、カテリーナの部屋に導かれた息子の妻・・・女性だけが知る侘しさを表現した心の情景なのかもしれません。

まったく異なるタイプの3作品。さらに、プロローグ、断章、エピローグには、バイクに乗った青年と鳥が好きな少年の抒情詩のような物語もジュゼッペ・ベルトルッチ監督によって描かれています。

長閑な町で暮らす人々の他愛もないできごと・・・その暮らしの断片を切り取ると、そこには幻想的な世界が広がっていた。

私たちはただその幻想的な世界に気付かずに暮らしているのかもしれませんね。


★★★★★★★★


Title:
LA DOMENICA SPECIALMENTE

Country:
Italy/France/Belgium (1991)

Cast:
(Motociclista (segment "Le chiese di legno"))JEAN-HUGUES ANGLADE
(Il banbini (segment "Le chiese di legno"))ARBERTO OTTAVIANNI
(Amleto (segment "Il cane blu"))PHILIPPE NOIRET
(Il Cane Blu (segment "Il cane blu"))VITO
(Vittorio (segment "La domenica specialmente"))BRUNO GANZ
(Anna (segment "La domenica specialmente"))ORNELLA MUTI
(Marco (segment "La domenica specialmente"))ANDREA PRODAN
(La Ragazza (segment "La domenica specialmente"))NICOLETTA BRASCHI
(Caterina (segment "La neve sul fuoco"))MARIA MADDALENA FELLINI
(Il Prete (segment "La neve sul fuoco"))IVANO MARESCOTTI
(Sposa (segment "La neve sul fuoco"))CHIARA CASELLI
(Sposo (segment "La neve sul fuoco"))BRUNO BENDONI

Directors:
Giuseppe Bertolucci(segment "Le chiese di legno")
Giuseppe Tornatore(segment "Il cane blu")
Giuseppe Bertolucci(segment "La domenica specialmente")
Marco Tullio Giordana(segment "La neve sul fuoco")


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

あら~これは知りませんでした(^-^;
なんとー、トルナトーレがあるではありませぬか(笑)
フィリップ・ノワレですか!ニューシネマコンビですね~^^
でもって、他のエピにも出演してるんですねぇ。
ほんと、ブルーノ・ガンツとなんて贅沢~~(^ー^)
ストーリー的には第3話が気になります~
これは観てみたいです^^

>じゅりさんへ

はい。トルナトーレです。ニューシネマコンビです(笑)
「世にも奇妙な物語」みたいで、どの話も面白いですよ。
第3話は特に切ないです。女性の人の感想を聞いてみたいものです。
非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。