スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスラー

Category : 徒然映画
レスラー

Comment:
老練なプロレスラーの夢と現実。

その年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したダーレン・アロノフスキー監督の作品です。ミッキー・ロークの復活でも話題になった作品ですね。

1980年代。一世を風靡した人気プロレスラーのランディ「ザ・ラム」ロビンソン。特にアヤットラー戦との試合は今でも名勝負だったと語り草になるほどでした。

そして、20年後の現在。ランディは今も現役で活躍していました。過去の栄光があるからこそ続けることができたプロレス人生。そんな中、エージェントからアヤットラー戦の20周年を記念したメモリアル試合を持ちかけられます。しかし、ランディの身体は長年続けてきたドラッグによって悲鳴をあげていました。

傷だらけのランディは楽屋で倒れてしまいます・・・しかも、意識不明のまま心臓疾患と診断され、バイパス手術を受けることに・・・。

プロレス以外の人生を模索し始めたランディ。プロレスだけでは生活できないために働いていたスーパーマーケットのバイトを増やしたり、行きつけのクラブで働くストリップ嬢キャシディを心の支えにしたり・・・。

さらに、キャシディから「あなたに必要なのは家族よ。」と言われ、長年、絶縁状態だった娘ステファニーとの仲を修復しようと奮闘するのですが・・・。

プロレスラーの稼ぎって少ないものなのですねぇ。ランディは過去に人気があったからまだプロレスラーとして生計を立てられていたのかなぁ。アヤットラーのように、転職することが一般的なのでしょうか。

過去の栄光だけでおこぼれをもらっているかのようなランディ。でも、彼のすごいところは決してプロレスへの情熱を失わないこと。プロレスが心底好きだから、あの年齢になっても続けられるのでしょう。ランディを称える若手プロレスラーたちはランディの生きざまに共感しているのでしょうね。

それにしても、プロレスってやっぱりあのような「段取り」が事前に決められているのですね。ある意味、衝撃的なシーンでした。

ランディは夢の中で生きてきた男。

夢のためには家族とのコミュニケーションもおざなりにしてきたのでしょう。「家族=現実」として直視できていなかったのかなぁ。

ステファニーがランディに対して嫌悪感をあらわにするのもわかる気もします。でも、どんなに毛嫌いしていても、子が親を想う気持ち、また、親が子を想う気持ちがランディとステファニーとの会話から伝わってきました。

それなのにねぇ・・・ランディも何を今一番大事にすべきなかを見誤ってしまいましたね・・・後悔先に立たず。

キャシディとのエピソードにも「夢と現実」が描かれていたように思います。キャシディはストリップ嬢という仕事を仕事としてしっかりと区別していました。彼女には「息子のため」という目的がありましたからね。「現実に生きる女性」がキャシディの役割なのでしょう。

だから仕事で出会ったランディとはストリップ嬢と客という関係を壊したくないことにも説得力があります。仕事をプライベートという現実と混在させたくなかったのでしょうね。

でも、ダイナリーでビールを飲みながら80年代のロックを歌う2人は息もピッタリでお似合いのカップルのように見えましたけどね。

何をやっても思い通りにはいかず、八方ふさがりになってしまうランディの決断とは・・・。

ランディ役にはミッキー・ローク。ランディの人生とミッキー・ロークの人生が重なってみえるくるような・・・ハマり役です。

キャシディ役にはマリサ・トメイ。ストリップ嬢の役なので大胆なシーンもあるのですが、ランディにみせる笑顔がキュートです。

ラスト。

ランディは夢の中で生き続ける男。

彼とともに生きていける人は、彼の夢と生き方を理解し、支えることができる人だけなのでしょうね。

ラスト・シーンでみせる必殺技「ラム・ジャム」に込めたランディの想いは、すべてを捨てた現実への決別なのかもしれません。

エンドロールで流れるブルース・スプリングスティーンの曲からも、切ないメロディにも関わらず、ランディのような力強い男の生きざまが感じられました。


★★★★★★★★


Title:
THE WRESTLER

Country:
USA/France (2008)

Cast:
(Randy)MICKEY ROURKE
(Cassidy)MARISA TOMEI
(Stephanie)EVAN RACHEL WOOD

Director:
DARREN ARONOFSKY

Awards:
Golden Globes, USA 2009
(Golden Globe(Best Original Song - Motion Picture))Bruce Springsteen (music/lyrics) For the song "The Wrestler".
(Golden Globe(Best Performance by an Actor in a Motion Picture - Drama))MARISA TOMEI

Venice Film Festival 2008
(Golden Lion)DARREN ARONOFSKY


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

これも良かったです

「グラン・トリノ」も本作も男の生き様を描いた作品でしたね。

こちらのランディは、現実の世界のほうが痛く感じられ、
夢の世界で生き続ける事を選択するんだけど、
そんなに真剣に生きられる場所があるというのは幸せだと思います。
せつなさもあるけど、感動的でしたね。

>YANさんへ

「生涯現役」とは
ランディのような生き方をする人が
言える言葉なのでしょうね。
ホント、そうさせるほどに
情熱を傾けるモノを見つけたランディは
幸せなのかもしれないし、羨ましくも思えました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レスラー

オリンピックもたけなわなので、スポーツものを観ようと思ったら、 本作はスポーツ根性ものじゃなくて、 目頭が熱くなる人間ドラマでした。 ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。