スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックスと嘘とビデオテープ

Category : 徒然映画
セックスと嘘とビデオテープ

Comment:
セックスレスの夫婦とその妻の妹、夫の友人の秘密。

その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したスティーヴン・ソダーバーグ監督の作品です。タイトルにインパクトがありますよね。長編デビュー作ということにも驚かされます。

アン・ミラニーはカウンセリングを受けています。精神科医とはゴミの話などの社会問題について話していたのに、いつの間にか夫婦とのセックスの話へ・・・。

「幸せってそんなにいい?」

「ジョンに触られたくない。」
「セックスに熱中したことがない。」

「ジョンの方から触らなくなった。」

赤裸々に語り出すアン・・・。アンの夫ジョンは弁護士。個室も与えられ、大きな案件も任されるようになり脂が乗っている年代です。ジョンは浮気をしていました。相手はなんとアンの妹であるシンシア。

真面目なアンと自由奔放なシンシア・・・正反対な2人の性格はお互いを嫌悪するようになっていました。

そんな、ある日。ジョンの旧友であるグレアム・ダルトンがやって来ます。ジョンとは数年ぶりの再会。アンは何の相談もなく家に招待したジャンをさらに嫌うようになってしまいます。

しかし、訪れたグレアムはジャンが知っていた「似た者同士」とも思える性格からは程遠く、大人しい性格へと変わっていました。

謎の男グレアムの登場で、アン、ジャン、そして、シンシアの心とお互いの関係が大きく揺らぎ始めるのですが・・・。

初めのカウンセリングのシーンを除けば、ジャンとアンの家、ジャンのオフィス、シンシアの家、シンシアがバーテンとして働いているバー、グレアムの家のみで4人の関係が描かれていきます。舞台劇のような感覚ですね。

アンの情緒不安定さは、ジャンとのセックスレスの関係や浮気より、シンシアとの確執のほうが大きいような・・・。シンシアを不潔にさえ思っていたのではないでしょうか。

ジャンとシンシアはお互いに割り切った身体だけの関係・・・性格は似ているような気がします。そんなジャンと結婚するアンにもちょっと疑問ですね。もしかして、アンはシンシアの自由奔放さに憧れていたのかなぁ。

シンシアにグレアムを会わせたくないアンでしたが、シンシアにグレアムのことを教えているのもアン・・・彼女の矛盾した言動は、シンシアをグレアムに会わせた時に起きる期待と不安が入り混じっているかのようにもみえます。

心に鍵をかけて冷静さを装っているようなアン。その鍵を開ける役目を担ったのがグレアムでしたが、彼も心に傷を負っていました。

そんな彼を癒すのはビデオテープ・・・その内容は、自らインタビューした女性たちの赤裸々な性の体験談を録画したものでした。

グレアムの家に訪れて、ビデオテープの秘密を知るアンとシンシア・・・彼女たちがとった行動とは・・・。

ビデオテープに心を依存しているグレアム役にはジェームズ・スペイダー。多くを語らない影のある男を巧みに演じています。

自分の心の置き場所がわからないアン役にはアンディ・マクダウェル。苦悩する演技が秀逸です。

欲の塊りであるジョン役にはピーター・ギャラガー。ギラギラしてます。植木鉢をそんなところに乗っけるんじゃないっ^^

好奇心旺盛なシンシア役にはローラ・サン・ジャコモ。彼女にはたくさんの魅せ場があります。特にグレアムとのインタビューのシーンではフェティシズムとエロティシズムがありましたね。

それぞれ役にピッタリなキャスティングでした。

ラスト。

「セックスと嘘とビデオテープ」というタイトルは、関係を保ったり、精神を安定させたりする拠り所を表現しているのかなぁ。ジャンとシンシアは「セックス」、グレアムは「ビデオテープ」、そして「嘘」は4人すべてに・・・。

ジャンとシンシアは浮気、グレアムは性的不能、そして、アンは自分の心に鍵をかけて眠らせた性的欲求を人に知られないように「嘘」を付いていたのかも・・・その嘘を知られないようにするために、他人との間に壁を作ってしまう。

アンは心の鍵を開けたことで壁も壊したのでしょうね。グレアムに逆にインタビューする彼女には迷いがないようでしたね。彼女が言う「他人との壁を作っても、接触した人には何らかの影響を与える。」には説得力がありました。壁を作ることは、誰にも入って来てほしくないと思う反面、そこに何かがあると相手に教えているようなものですからね。

ラストの後の4人の関係はどうなっているのでしょう・・・奇妙な関係でもうまくいっていそうな気もするのですが・・・。


★★★★★★★☆☆


Title:
SEX, LIES, AND VIDEOTAPE

Country:
USA (1989)

Cast:
(Graham Dalton)JAMES SPADER
(Ann Bishop Mullany)ANDIE MacDOWELL
(John Mullany)PETER GALLAGHER
(Cynthia Patrice Bishop)LAURA SAN GIACOMO

Director:
STEVEN SODERBERGH

Awards:
Cannes Film Festival 1989
(Best Actor)JAMES SPADER
(FIPRESCI Prize)STEVEN SODERBERGH
(Golden Palm)STEVEN SODERBERGH

Los Angeles Film Critics Association Awards 1989
(LAFCA Award(Best Actress))ANDIE MacDOWELL


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

観た気になってて、すっかり観るのを忘れておりました(^-^;
確かにインパクトありますよね、タイトル(笑)
それぞればっちり役にハマってるのですね~

>じゅりさんへ

見事なキャスティングでしたよ~

それにしてもソダーバーグ監督は
いろんなジャンルの作品を撮る人ですよね^^
非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。