スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ブロンゼ/日焼けした連中

Category : 徒然映画
レ・ブロンゼ/日焼けした連中

Comment:
バカンスを楽しむフランスの人々。

パトリス・ルコント監督の初期作品です。

アフリカ、コートジボワールにあるリゾート村「ガナスウィンダ」。今年も多くのフランス人たちがバカンスを楽しむためにやって来ます。

お互いの浮気を認め合う夫婦ベルナールとナタリー。
ベルナールの浮気相手だったジジ。
美容サロンの経営者クリスチャンヌ。
医者のジェローム。
何をやってもダメな男ジャン=クロード。

さらに、リゾート村で働く、

若手コメディアンのボボ。
スポーツ・インストラクターのポペイ。

彼らの出会いはどのような結末を迎えるのか・・・。

彼らの目的は新しい出会い・・・まぁ、セックスのことしか頭の中にはないのですけどね^^

この作品を観ていたら「ポリスアカデミー」を思い出しました。数々のエピソードがコミカルに描かれていく様子は「スラプスティック・コメディ」と言えるかもしれませんね。

コメディ要素を強くしているのはジャン=クロード。場をわきまえず、身の程も知らずとは彼のこと・・・でも、彼の粘り腰には感服・・・しないか^^

ジャン=クロード役があのミシェル・ブランだったとは・・・「髪結いの亭主」の頃とイメージがまったく違うので気付きませんでした。

ベルナールとナタリーは浮気と嘘が同義なようで・・・こんなにオープンな夫婦っているんかいっ!

ジジは恋愛運が良いのか悪いのか・・・ラストは最悪な結果になりましたが、すぐに新しい男を見つけそうな気がする・・・。

クリスチャンヌは根っから恋愛運が悪い女性でしたね・・・男だったら誰でもいいんかいっ!

ジェローム・・・あの極小ビキニはアリなのでしょうか^^

ボボ・・・唯一、まともそうに見えた人物でした。だからこそコメディアンに向いていないのかも。

ポペイ・・・別名「個室の恐怖男」は伊達ではありませんでしたね。自分の女癖を棚に上げて、随分と都合の良い男だなぁ。絶対、同情も共感もしてやんない^^

ラスト。

何だかんだで、それぞれに一応の結末が用意されています。モヤモヤ感は一切なく、いかにもコメディらしいラストは初期作品ながらさすがルコント監督といったところ。

バカンスの楽しさが伝わってくる陽気な作品でした。


★★★★★★★☆☆☆


Title:
LES BRONZÉS

Country:
France (1978)

Cast:
(Nathalie Morin)JOSIANE BALASKO
(Bernard Morin)GÉRARD JUGNOT
(Bobo)LUIS REGO
(Popeye)THIERRY LHERMITTE
(Gigi)MARIE-ANNE CHAZEL
(Christiane)DOMINIQUE LAVANANT
(Docteur Jerome Tarere)CHRISTIAN CLAVIER
(Jean-Claude Dusse)MICHEL BLANC
(Bourseault)MICHEL CRETON
(Marcus, chef du village)GUY LAPORTE

Director:
PATRICE LECONTE


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。