スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディバード・レディバード

Category : 徒然映画
レディバード・レディバード

Comment:
社会福祉政策の被害者となった夫婦の闘い。

ケン・ローチ監督の作品です。痛い。心が痛くなります。イギリスの社会問題を訴えるケン・ローチ監督作品。どの作品も考えさせられるのですが、これほど心が痛くなるのは「麦の穂を揺らす風」以来でしょうか。

とあるカラオケ・バー。1人の女性客がベット・ミドラーの「ローズ」を熱唱しています。その姿に見惚れる1人の男。彼は彼女が歌い終わり席に戻ろうとするのを遮り、一杯誘います。

男の名はジョージ。南米の小さな国パラグアイから世界中を旅してイギリスへ来ていました。ジョージは言います。

「君がすごく悲しいそうに見えた。」

女の名はマギー。確かに彼女には切実な悩みがありました。マギーは言います。

「4人の子供たちと一緒に暮らせない。社会福祉局のせいで・・・。」

マギーに一目惚れしたジョージは、マギーの力になろうとするのですが・・・。

・・・ジョージ。イイ奴だなぁ。一目惚れだけであそこまで協力できるとは・・・。私だったら、初めのうちに逃げ出してしまうかも・・・。

マギーは夫のサイモンから暴力を受けていました。マギーの4人の子供たちはすべてサイモンの子ではないことは明らかでした。それでも、サイモンはマギーと暮らしていたのですから、初めのうちは幸せな家族だったのでしょうね。原因はサイモンの仕事がなくなったことなのかなぁ。ストレスをすべてマギーにぶつけていたのかもしれません。

でも、マギーにしてみれば、それは恐怖以外の何物でもありませんでした。そのうち子供たちにも暴力がおよぶかも・・・。マギーは子供たちを連れて家を飛び出します。

しかし、それがマギーを更なる不幸へと落とし込んでしまいます。

子供たちのあの姿をみたら、社会福祉局の決断も間違いではないのかなぁと思ってしまいます。また、マギーの福祉局に対する猜疑心は尋常ではありません。非協力的な態度が仇になってしまったのかもしれませんね。

しかし、マギーの不幸はこれだけではありませんでした。

ジョージと同棲し、新しい命を授かったマギーでしたが、幸せもつかの間・・・福祉委員がマギーのもとへ再びあらわれます。

ジョージのビザの問題。そして、マギーの母親としての資質とでも呼べばいいのでしょうか・・・福祉局の独断と偏見が感じられます。確かに、マギーの好戦的な性格には問題がありますが、子供に対しては良き母であったことが伝わります。また、ジョージの不法労働だけで、性格まで疑われるのも納得できません。あの隣りの老夫婦のせいなのですが・・・。

これ以上、不幸なことはないだろうと思っていたら・・・まさか、そこまでやるとは・・・病室のシーンは観ているだけも辛くなりました。

マギーが子供を産むことが罪であるかのようで・・・。

マギー役のクリシー・ロックが迫真の演技で訴えています。相当な気持ちを入れないと、マギーを演じることはできなかったのではないでしょうか。

ジョージ役のウラジミール・ヴェガの演技が、好戦的で壊れてしまいそうなマギーを優しく包み込みます。

ラスト。

途方に暮れるマギーとジョージ。2人で幸せになることはできないのでしょうか。それには、やはり2人の間に新しい命が必要なのでしょうね。

実話に基づくこの作品。

すべての国民にとって良い政策をつくるのは難しいことなのかもしれませんが、マギーとジョージのような最悪なケースを作ってしまう政策は修正されるべきであり、間違った政策が施行されてしまわないように、私たちも政治に対して関心を持たなければならないのかもしれませんね。


★★★★★★★★☆☆


Title:
LADYBIRD LADYBIRD

Country:
UK (1994)

Cast:
(Maggie Conlan)CRISSY ROCK
(Jorge)VLADIMIR VEGA
(Simon)RAY WINSTONE

Director:
KEN LOACH

Awards:
Berlin International Film Festival 1994
(Prize of the Ecumenical Jury(Competition))KEN LOACH
(Silver Berlin Bear(Best Actress))CRISSY ROCK


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。