スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画に愛をこめて アメリカの夜

Category : 徒然映画
映画に愛をこめて アメリカの夜

Comment:
映画撮影を舞台にした群像劇。

その年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したフランソワ・トリュフォー監督の作品です。トリュフォー監督作品がアカデミー賞・・・なんか合わない^^

地下鉄の出口から出てきた1人の青年。人が行き交う通りを歩き、道路を渡り1人の男性の前に立つといきなり平手打ちを・・・。

「カット!」

それは、映画の中のワンシーンでした。

ここはニース、ビクトリーヌ撮影所。フェラン監督の最新作「パメラを紹介します」の撮影でした。フェラン監督には問題が山積み。現在の問題は、ヒロインであるパメラ役ジュリー・ベイカーがハリウッドからまだ到着していないこと。

今はパメラの婚約者役のアルフォンスとアルフォンスの父役のアレキサンドルのシーンを撮影していました。

資金難のため撮影期間にも限りがあり悩みが絶えないフェラン監督。さらに、キャストとスタッフとの恋愛模様も絡んでしまい・・・。

はたして、無事にクランクアップするのか・・・。

ロバート・アルトマン監督が創りそうな舞台裏を描いた群像劇。今までのトリュフォー監督作品とは雰囲気がだいぶ異なります。何でも、あのヒッチコック監督からアドバイスを受け、この作品を製作したとか。トリュフォー監督もフェラン監督役として出演しています。

トリュフォー監督が役者に演技指導するシーンは、メイキングなのかと思ってしまいます。

特にセリフが覚えられない大女優セブリーヌとのやり取りは、観ている者がスタッフの1人としてその場にいるような錯覚を起こします。

また、撮影の舞台裏とは別に役者とスタッフとの恋のエピソードもストーリーに絡ませています。

アルフォンス役のジャン=ピエール・レオが・・・まぁ、みんなをかき回します。ドワネル君ばりのトラブル・メーカーです^^

ジュリー役のジャクリーン・ビセットが美しいこと。トリュフォー監督作品に出演するヒロインたちは皆美人ですね。

アルフォンスはジュリーに「普通そんなことするかっ!」と言うようなことをしでかします・・・最低な男だなぁ。

で、ジュリー・・・なぜに、バター?・・・よう、わからん^^

ラスト。

「アメリカの夜」とは、昼間でも夜のシーンを撮影するハリウッドから始まった撮影手法です。「夜を模した=映画撮影を模した」・・・この作品にピッタリなタイトルですね。

時折登場するラジョワの妻が言った「映画じゃない、異常よ。」が、この作品を象徴するセリフのようでした。


★★★★★★★☆☆☆


Title:
LA NUIT AMÉRICAINE

Country:
France/Italy (1973)

Cast:
(Julie)JACQUELINE BISSET
(Severine)VALENTINA CORTESE
(Liliane)DANI
(Stacey)ALEXANDRA STEWART
(Alexandre)JEAN-PIERRE AUMONT
(Bertrand)JEAN CHAMPION
(Alphonse)JEAN-PIERRE LÉAUD
(director Ferrand)FRANÇOIS TRUFFAUT
(Odile)NIKE ARRIGHI
(Doctor Nelson)DAVID MARKHAM
(Bernard the Prop Man)BERNARD MENEZ
(Lajoie)GASTON JOLY
(Madame Lajoie)ZÉNAÏDE ROSSI

Director:
FRANÇOIS TRUFFAUT

Awards:
Academy Awards, USA 1974
(Oscar(Best Foreign Language Film))

National Society of Film Critics Awards, USA 1974
(NSFC Award(Best Director))FRANÇOIS TRUFFAUT
(NSFC Award(Best Film))
(NSFC Award(Best Supporting Actress))VALENTINA CORTESE

New York Film Critics Circle Awards 1974
(NYFCC Award(Best Director))FRANÇOIS TRUFFAUT
(NYFCC Award(Best Film))
(NYFCC Award(Best Supporting Actress))VALENTINA CORTESE


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『映画に愛をこめて』 | 元祖"メタ映画"。トリュフォー版"監督はつらいよ"

今でこそ珍しくなくなったけれど、1973年当時、映画製作の舞台裏を見せるという行為は相当衝撃的だったと思われる。毎晩、夢にうなされるフェラン監督(フランソワ・トリュフォー)になぜか笑ってしまうのだけれど、次から次へと持ちあがるアクシデントに、思わず「がんばれ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。