スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリミナル・ラヴァーズ

Category : 徒然映画
クリミナル・ラヴァーズ

Comment:
同級生を殺した男女を襲う恐怖と快楽。

フランソワ・オゾン監督の作品です。長編作品としては初期に入るこの作品。今まで観てきたオゾン監督作品の洗練さより、荒々しさが勝っています。ちょっと意外でした。

学生のアリスとリュックは恋人同士。しかし、アリスの性癖は異常でした。スリルがないと快楽が得られないのです。そんなアリスとは反対にリュックは何をしても快楽を得られないでいました。

そんなある日、アリスはリュックにあるお願いをするのです。

「サイードを殺して。」

アリスと同じクラスのサイードは、度々アリスに言い寄っていたのです。リュックはアリスの願いを受け入れ、2人でサイードを殺そうとするのですが・・・。

オープニングからいきなり異常な性癖をみせるアリスとサイードを殺害するリュック。衝撃的なシーンの連続です。しかし、これはまだまだ序の口。これから2人に襲いかかる恐怖は2人の予想をはるかに超えていました。

サイードを殺害した2人は車でサイードの遺体を山奥に埋めようとします。

その道中、ウサギを誤ってひき殺してしまうリュック。アリスはウサギの死に悲しみ発狂します。このシーンは異様でしたね。サイードを殺すときは、何のためらいもなく逆に楽しんでいたかのようなアリスだったのに・・・。

アリスの心を理解するのは難しいようです。

2人はサイードを森の中に埋め、戻ろうとしますが自分たちの足跡がなく、代わりに何者かの足跡が残っていることに気がつきます。

彼らは迷子になっただけでなく、サイードを埋める様子を誰かに見られていたのです。

どうすることもできず、ただ森の中をさまよう2人。

すると、リュックが小屋を見つけます。その小屋には男が1人住んでいました。2人は森の男が家を出た後、食料を盗もうとするのですが、森の男がすぐに帰ってきてしまい、2人は小屋の床下に閉じ込められてしまいます。

はたして、2人の運命は・・・。

ここから、話がガラッと変わります。森の男がアリスの日記を読み、2人の犯行を知ります。その動機と殺害当日までを分割してメインストーリーに埋め込んでいく演出で、アリスの狂気とリュックの苦悩がジワジワと伝わります。

さらに、森の男はリュックだけを床下から解放し、食料を与えます。

「女はカサカサのほうがいい。」
「男は丸々太ったほうがいい。」

・・・森の男は2人を食べようとしていたのです。コワッ(^_^;

森の男がリュックに与えた肉はサイードの・・・想像したくない(T_T)

さらに、衝撃的な展開が・・・アリスとリュックの立場が逆なら普通の作品になるのですが、そこはオゾン監督ならではの展開ですね。リュックは初めて「愛される」ことの意味を知ったのかなぁ。何も言わず目だけで会話する2人が何だか切ない・・・。

アリス役にはナターシャ・レニエ。掴みどころのないアリスを巧みに演じています。

リュック役にはジェレミー・レニエ。ダルデンヌ監督作品の「ある子供」の青年役だった彼ですね。

森の男役にはミキ・マノイロヴィッチ。クストリッツァ監督作品でおなじみの役者さんですね。でも、イメージがぜんぜん違います。

ラスト。

ラストの展開はちょっと急だったかなぁ。今のオゾン監督なら、もっとジワジワと攻めると思います。

最後に凝視するリュックの視線・・・今までにない力強さが感じられます。愛を知ったから強くなれた・・・でも、あの後どうなったのでしょうね。

すべてのストーリーを完結させないところは、観ている者に解決策を導いてもらう・・・この演出は今のオゾン監督作品でも健在ですね。


★★★★★★★☆☆☆


Title:
LES AMANTS CRIMINELS

Country:
France (1999)

Cast:
(Alice)NATACHA RÉGNIER
(Luc)JÉRÉMIE RENIER
(L'homme de forêt)MIKI MANOJLOVIC
(Saïd)SALIM KECHIOUCHE
(Karim)YASMINE BELMADI

Director:
FRANÇOIS OZON


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。