スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハート・ロッカー

Category : 徒然映画
ハート・ロッカー

Comment:
爆弾処理班の生と死の戦い。

元夫ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」をおさえ、アカデミー賞作品賞を含む6部門を受賞したキャスリン・ビグロー監督の作品です。また、初の女性監督による監督賞の受賞でもあります。

「アバター」が想像の世界を描けば、「ハート・ロッカー」は現実の世界を描く。
「アバター」が自然破壊を訴えれば、「ハート・ロッカー」は心の破壊を訴える。

あらゆる点で比較しやすい両作品だったのではないでしょうか。

2004年、イラク。バグダッドの米軍基地。爆弾処理班のブラボー中隊の39日間の激闘を描いています。

緊張の糸が張り詰めるシーンの数々。

その大半が爆弾処理にあたるシーンであり、いつ爆破してもおかしくない状態、また周りにいるイラク人たちの中に敵がまぎれこんでいないのか判らない状態が続きます。

爆弾処理班という特殊な隊での話ですが、現代の戦争の在り方を見せていたようにも感じました。

戦争には終わりがない・・・報復が新たな報復を生み出しています。

ブラボー中隊はわずか3人・・・それでも周りに味方も誰もいない危険な区域に行ってしまうものなのかと、その行動に少し疑問を感じてしまいます。

案の定、敵に何度も襲撃されてしまうのですが・・・。

爆弾処理班の隊長は、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹。彼の無鉄砲さは、理由がわかりません。正義のヒーローになりたいのか?・・・また、DVDを売るイラク人の少年と唯一仲良くなる、大人が子供になったような屈託のない性格・・・。しかし、彼の行動がラスト・シーンになってようやくわかったような気がします。

ジェームズの部下J・T・サンポーン軍曹は、実直な兵士。彼を通して「心の強い兵士」を描いているようでした。しかし、ウィリアムと出会うことで彼の心も次第変わっていきます。彼もジェームズのようになってしまうのでしょうか。

もう1人の部下はオーウェン・エルドリッジ技術兵。彼を通して「心の弱い兵士」を描いているようでした。でも、彼がおそらく「普通の人」なのだと思います。あの状況下で正気を保っているほうが難しいのではないでしょうか。

キャスティングも驚きです。

ブラザー中隊隊長役のマット・トンプソン軍曹役のガイ・ピアース。
傭兵のリーダー役のレイフ・ファインズ。

主役級の役者を脇役として惜しげもなくキャスティングしています。リード大佐役のデヴィッド・モースも脇を固めています。

ジェームズは死にたがっていたのでしょうか。
それとも本当にただ助けたいがために大胆な行動に出るのでしょうか。

どちらであっても、彼の行動・命令によって部下を負傷させることは、隊長としてあってはならないことだと思います。そのことを知っていても考えるより行動に走ってしまうジェームズ・・・シャワー室のシーンは彼の後悔のあらわれ?それとも自らの恐怖をおさえるため?

サンポーンもエルドリッジも感じたように、ジェームズも戦争に「恐怖」を感じていたのではないでしょうか。

ジェームズの心は彼らと会った時から、既に壊れていたのでしょうね。彼の心は、ブリキのオモチャと遊ぶ彼の子供と同じように、楽しかった思い出を、日常をすべて忘れてしまったのでしょうか。

彼の体験した恐怖は「麻薬」と同じ・・・止めようと思っても止められないのでしょう。

人間爆弾、自爆テロ・・・ニュースでしか聞かないこの言葉を視覚的に伝えることで、イラクの惨状と戦うことへの恐怖、心の崩壊、そして、どれも何一つ解決していないことを訴えているかのようでした・・・心の悲鳴が爆発し破片となって突き刺さります。


★★★★★★★★★


Title:
THE HURT LOCKER

Country:
USA (2008)

Cast:
(SSG William James)JEREMY RENNER
(Sgt. JT Sanborn)ANTHONY MACKIE
(Spc. Owen Eldridge)BRIAN GERAGHTY
(SSG Matt Thompson)GUY PEARCE
(Contractor Team Leader)RALPH FIENNES
(Colonel Reed)DAVID MORSE
(Connie James)EVANGELINE LILLY
(Lt. Col. John Cambridge)CHRISTIAN CAMARGO

Director:
KATHRYN BIGELOW

Awards:
Academy Awards, USA 2010
(Oscar(Best Achievement in Directing))KATHRYN BIGELOW
(Oscar(Best Achievement in Editing))BOB MURAWSKI
(Oscar(Best Achievement in Editing))CHRIS INNIS
(Oscar(Best Achievement in Sound))PAUL N.J. OTTOSSON
(Oscar(Best Achievement in Sound))RAY BECKETT
(Oscar(Best Achievement in Sound Editing))PAUL N.J. OTTOSSON
(Oscar(Best Motion Picture of the Year))KATHRYN BIGELOW
(Oscar(Best Motion Picture of the Year))MARK BOAL
(Oscar(Best Motion Picture of the Year))NICOLAS CHARTIER
(Oscar(Best Motion Picture of the Year))GREG SHAPIRO
(Oscar(Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen))MARK BOAL

Los Angeles Film Critics Association Awards 2009
(LAFCA Award(Best Director))KATHRYN BIGELOW
(LAFCA Award(Best Picture))

National Society of Film Critics Awards, USA 2010
(NSFC Award(Best Actor))JEREMY RENNER
(NSFC Award(Best Director))KATHRYN BIGELOW
(NSFC Award(Best Film))

New York Film Critics Circle Awards 2009
(NYFCC Award(Best Director))KATHRYN BIGELOW
(NYFCC Award(Best Picture))

Venice Film Festival 2009
(Gucci Prize)MARK BOAL


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

あ~いいなぁ~ご覧になったんですね~
私も早く観たいです。
今回のアカデミー賞で対決した2作品。なるほど、比較しやすい。
こちらはほんとに心に訴えかけてきそうですね。
早く観たい~~!

>じゅりさんへ

受賞後に映画館へ直行してしまいました^^
でも「アバター」ほど混んでなかったような気がします。
これから混みだすのかな?

録音?音響?の賞も受賞していましたよね。
爆破シーンが評価されたのかなぁ。
機会があればぜひ映画館で観てくださいね。

観てきました~~
いやぁ、女性監督が撮ったとは思えないほどの仕上がりでしたね~凄い~
うんうん、音響関係の受賞も納得でしたよ。
爆破シーンでは実際に爆破の振動さえも伝わってくるようだったし、登場人物の息遣いまで感じられるようでした。
「戦争は麻薬」の言葉が作品そのものでしたね。
トラバさせてくださいね♪

>じゅりさんへ

音響凄かったですよね。
キャスリン・ビグロー監督の次回作にも期待したいですね。

> 「戦争は麻薬」の言葉が作品そのものでしたね。
はい。オープニングの言葉がこの作品のすべてを物語っていましたね。
兵士を英雄視しただけの作品ではないことに評価したいですね。

復帰しましたね

ひでさん、こんにちは!
またブログを再スタートできて良かったです☆

この作品は劇場鑑賞だったんですね。
生々しさがより強烈に伝わった事だと思います。

戦争で心が壊れてしまう話はこれまでにもありましたが、
このように極限状態での高揚感に魅せられているという
麻薬に溺れるような精神崩壊は初めて知りました。
戦争では何があっても不思議ではないけど。

>YANさんへ

はい。これは劇場で観ました。
アカデミー賞作品賞が決まった日に^^

戦争を舞台にした「心の病」の物語。
骨太な作品でしたね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画”

[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦?...

ハート・ロッカー

== ハート・ロッカー (2008) == [[attached(1,center)]] 【THE HURT LOCKER】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_61?1262338253)]] 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。 アメリカ陸軍ブラボ?...

ハート・ロッカー

アカデミー賞発表前の公開初日、完売で見れなかった本作見てきました。 流石に、アカデミー賞6冠獲得!     興行成績を塗り替えた「アバター」を抑えての受賞!     初の女性監督、監督賞獲得!     元夫(キャメロン){/v/}元妻対決で妻の勝利! な~んて、...

北野武とハリウッド。

映画の楽しみ方を大別すると二通りになると思う。 娯楽性と芸術性。この両方を兼ね備えている作品が所謂「名作」と呼ぶかは別としても、見る側の感受性によって受け取り方は異なって来る。 先日、ロサンゼルスで行われた「第82回アカデミー賞授賞式」で、6部門を制

ハート・ロッカー

処理できないものは人間の心。  

【ハート・ロッカー】大人のオモチャ

ハート・ロッカー~THE HURT LOCKER ~ 監督: キャスリン・ビグロー    出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...

「ハート・ロッカー」感想

 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...

ハート・ロッカー

第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...

【映画】ハート・ロッカー

▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ?...

ハート・ロッカー

ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース...

■映画『ハート・ロッカー』

2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...

映画:ハート・ロッカー

 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。

ハート・ロッカー

作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...

「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER)

イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...

ハート・ロッカー

これまでとは違う戦場、これまでとは違う精神崩壊。 でも、戦争が不毛なのは同じ。 監督:キャスリン・ビグロー 製作:2008年 アメ...

【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。

昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました ?...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。