スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許されざる者

Category : 徒然映画
許されざる者

Comment:
悪名を轟かせた元ガンマンが再び賞金首を狙う西部劇。

その年のアカデミー賞作品賞を含む4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督の作品です。同賞の監督賞も受賞しています。

1880年、ワイオミング州。酒場の2階にある娼婦館で若い娼婦デライアがカーボーイのマイクにナイフで顔を切られる事件が起きます。酒場のマスターであるスキニーが止め、町の保安官リトル・ビル・ダゲットを呼びますが、彼は「馬を春までに持って来い。」とだけマイクと相棒のデイヴィーに命じるだけでした。

それでは気がおさまらないのは娼婦たち。娼婦のリーダーであるアリスは、みんなから金を集めてカーボーイたちに賞金をかけるのです。

その頃、寂れた牧場に住む男と幼い息子と娘が細々と暮らしていました。男の妻は病死し、2年が経っていました。

男の名はウィリアム・マニー。酒浸りで残忍な札付きの悪党であった彼は妻と出会い改心し、銃を捨てていました。そんな彼のもとへあらわれた1人の若者スコフィールド・キッドが、賞金首になったカーボーイたちの殺すための相棒として話を持ちかけてきたのです。

貧しい暮らしをさせている子供たちのため、一度は捨てた銃を再び握り、旅立つのですが・・・。

西部劇というと正義と悪がはっきりと区別され、早打ちのガンマンが悪を倒すというイメージが勝手ながらあるのですが、この作品に登場するほぼすべての人物は皆「悪」なのです。

故に「許されざる者」なのでしょうね。

主人公ウィリアムは誰もが恐れた札付きの「悪」。
ウィリアムの相棒だった黒人のネッドも今は銃を捨ていますがやはり「悪」。
娼婦を切り刻んだカーボーイももちろん「悪」。
そして、街を牛耳る保安官リトル・ビルも「悪」なのです。

ここで言う「悪」とは「人を殺す」こと。

しかし、ウィリアムとネッドは人との接触を断ち、辺境の地で暮らすことで「許し」を神から得ようとしていたのでしょうか。いや、むしろ自分は「許されざる者」としての自覚があり、その報いとして辺境の地で暮らしていたのかもしれませんね。

ウィリアムの旅の決意は、自分のためではなく罪のない子供たちのためでした。

この作品では、当然のように人が殺されます。それが、「人の命の重み」を逆に強く訴えているようでした。それが、よく伝わるシーンはネッドがカーボーイを狙撃するシーンですね。彼の罪が未だ許されていないことをネッド自身が強く感じられます。

スコフィールドは「悪」に憧れる若者のようでしたね。彼は今回の経験で「許されざる者」の宿命を背負い続けられるのでしょうか。

そして、ウィリアム。彼は人を殺しながらも「命の重み」を理解していました。だから、自分の命の危機に恐怖したのでしょうね。

ウィリアムを死の恐怖へと追い詰めた保安官リトル・ビル。彼の言動はまさしく「悪」なのですが、町を守るという意味では間違ってはいないんですよねぇ。「正義」も度が過ぎると「悪」に見えてしまうのでしょうか。

ウィリアム役にはクリント・イーストウッド。この役は彼しかイメージできませんね。アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたのも納得の演技でした。

ネッド役にはモーガン・フリーマン。熱演でしたね。どっしりと構えながら存在感のある演技で脇を固める役が多い彼ですが、この役では感情を表に出す演技もあり、今までの作品とは違う一面を魅せています。

リトル・ビル役にはジーン・ハックマン。もうこれはさすがとしか言いようがありませんね。こんなにも「悪」が似合う役者はいないのでは?クリント・イーストウッドやモーガン・フリーマンと対等、いやそれ以上の存在感を放っていました。もちろんアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

ラスト。

ウィリアムは子供のためだった旅を友のための復讐に変えリトル・ビルに立ち向かいます。

何かが吹っ切れたような感じすらあるウィリアム。それが良かったのかどうかはわかりませんが、これで「許されざる者」の烙印は決して消えることはないのでしょうね。

哀愁が漂う音楽と風景に、決してハッピー・エンドではないと感じるラスト・シーンでした。


★★★★★★★★☆☆


Title:
UNFORGIVEN

Country:
USA (1992)

Cast:
(William 'Bill' Munny)CLINT EASTWOOD
(Little Bill Daggett)GENE HACKMAN
(Ned Logan)MORGAN FREEMAN
(English Bob)RICHARD HARRIS
(The Schofield Kid)JAIMZ WOOLVETT
(W.W. Beauchamp)SAUL RUBINEK
(Strawberry Alice)FRANCES FISHER
(Delilah Fitzgerald)ANNA LEVINE
(Quick Mike)DAVID MUCCI
(Davey Bunting)ROB CAMPBELL
(Skinny Dubois)ANTHONY JAMES

Director:
CLINT EASTWOOD

Awards:
Academy Awards, USA 1993
(Oscar(Best Actor in a Supporting Role))GENE HACKMAN
(Oscar(Best Director))CLINT EASTWOOD
(Oscar(Best Film Editing))JOEL COX
(Oscar(Best Picture))CLINT EASTWOOD

Golden Globes, USA 1993
(Golden Globe(Best Director - Motion Picture))CLINT EASTWOOD
(Golden Globe(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture))GENE HACKMAN

Los Angeles Film Critics Association Awards 1992
(LAFCA Award(Best Actor))CLINT EASTWOOD
(LAFCA Award(Best Director))CLINT EASTWOOD
(LAFCA Award(Best Picture))
(LAFCA Award(Best Screenplay))DAVID WEBB PEOPLES
(LAFCA Award(Best Screenplay))ROGER AVARY
(LAFCA Award(Best Supporting Actor))GENE HACKMAN

National Society of Film Critics Awards, USA 1993
(NSFC Award(Best Director))CLINT EASTWOOD
(NSFC Award(Best Film))
(NSFC Award(Best Screenplay))DAVID WEBB PEOPLES
(NSFC Award(Best Supporting Actor))GENE HACKMAN

New York Film Critics Circle Awards 1992
(NYFCC Award(Best Supporting Actor))GENE HACKMAN


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

味わい深い

ひでさん、こんにちは!
偶然にも、これは最近 再鑑賞した作品です。

善と一緒に悪が誰にでもあって、
どの人も許されざる者でしたね。
イーストウッドの作品としては、
ここが転換期で、人の命の重みを強く訴える・・・
つまり暴力を否定する方向へ
だんだん向いて行ったように思えました。

>YANさんへ

> イーストウッドの作品としては、
> ここが転換期で、人の命の重みを強く訴える・・・
そうなのですね。
実はイーストウッドの作品はあまり観ていません^^
この作品が観た中では最も古い作品かもしれません。
どの作品も命の重みを感じますよね。

コメント&TBありがとうございました。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

許されざる者

「インビクタス/負けざる者たち」の公開に合わせて、 レンタル店の目に付く場所に本作がディスプレイされていました。 これも、イーストウッ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。