スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴里のアメリカ人

Category : 徒然映画
巴里のアメリカ人

Comment:
パリに住む売れないアメリカ人画家の恋の行方。

その年のアカデミー賞作品賞を含む6部門を受賞したヴィンセント・ミネリ監督の作品です。1958年に監督した「恋の手ほどき」でも作品賞を受賞し、自らも監督賞を受賞しています。

2つの作品に共通していることは、もちろん「ミュージカル作品であること」です。

1945年に退役したアメリカ人ジェリー・モリガンは、パリに移住し、画家として暮らしていました。もちろん、まだまだ駆け出しの身。同じアパートに暮らす花咲かぬ天才ピアニスト、アダムとともに貧乏な暮らしをしながらもジェリーは明るく振る舞います。

そんなある日のこと。通りに描いた絵を飾ると、声をかけてくる女性が・・・。ミロ・ロバーツは、ジェリーのような才能のある画家のスポンサーになり、世に羽ばたかせることを趣味としている資産家でした。

貧乏なジェリーは、自分の力で世に出たい気持ちとミロから受けるさまざまな支援に揺れ動きますが・・・。

一方、アダムのもとへ唯一の友人アンリ・ボレルがやって来ます。アンリはフランス音楽界のトップスターで、近々、年の離れた若い恋人と結婚することに・・・。

ジェリーはミロともにカフェで今後の相談をしますが、そこにいた若く美しい女性客に心を奪われてしまいます。

その女性リズが、あのアンリの婚約者とも知らずに・・・。

画家として成功していく物語かと思いきや、メイン・ストーリーは恋の三角関係でした^^

ストーリーに派手な展開や広がりはないものの、やはり特筆すべきは歌とダンスシーンですね。

特にジェリー役のジーン・ケリーのダンスには素人が見てもキレがあることがわかります。

アンリ役のジョルジュ・ゲタリの歌とともに踊るジーン・ケーリーが前半の見せ場ですかね。

あと、ジェリーの登場シーンも面白いですね。朝、目覚めてからの朝食の準備をするシーンは「何度も練習しないと成功しないのでは?」と思うくらいリズミカル♪です。

後半になると、ジェリーとリズの恋の苦悩が描かれていきます。

結局、リズは二股をかけていたってことになるのかな?・・・ちょっとズルイですね^^

でも、リズ役を演じたレスリー・キャロンの可愛らしさが、リズを嫌みのない女性にしています。彼女のダンスも素敵でしたね。先に話した「恋の手ほどき」でも、主人公ジジ役を好演しています。

後半での見せ場は、ジェリーの精神世界!?とでもいいましょうか、そこで繰り広げられる歌とダンスですね。十数分間、一切セリフがないものの、大勢のダンサーが登場し、セットを変えながらの流れるような展開に息を呑み、時間をあっという間に過ぎてしまいます。

ラスト。

アンリはどこかしらに自分がリズの父親であるような意識を持っていたのかなぁ。育ての親のようなものですからね。・・・それでも、あの選択は大人ですね。その後、マスコミの餌食になってはいないのでしょうか^^

あと、ミロとアダムのその後は、どうなったのでしょうね?、彼らを十分に活かしきれていなかったことが残念だったかなぁ。面白いキャラクターだっただけに、もっとストーリーを膨らませることもできたかも・・・。

ジェリーも、画家として成功したのかどうか気になります。

後半はラブ・ストーリーのみでしたね。

とにかく歌とダンスを楽しむことをおススメします♪


★★★★★★★☆☆


Title:
AN AMERICAN IN PARIS

Country:
USA (1951)

Cast:
(Jerry Mulligan)GENE KELLY
(Lise Bouvier)LESLIE CARON
(Adam Cook)OSCAR LEVANT
(Henri Baurel)GEORGES GUÉTARY
(Milo Roberts)NINA FOCH

Director:
VINCENTE MINNELLI

Awards:
Academy Awards, USA 1952
(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration, Color))CEDRIC GIBBONS
(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration, Color))E. PRESTON AMES
(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration, Color))EDWIN B. WILLIS
(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration, Color))F. KEOGH GLEASON
(Oscar(Best Cinematography, Color))ALFRED GILKS
(Oscar(Best Cinematography, Color))JOHN ALTON
(Oscar(Best Costume Design, Color))ORRY-KELLY
(Oscar(Best Costume Design, Color))WALTER PLUNKETT
(Oscar(Best Costume Design, Color))IRENE SHARAFF
(Oscar(Best Music, Scoring of a Musical Picture))JOHNNY GREEN
(Oscar(Best Music, Scoring of a Musical Picture))SAUL CHAPLIN
(Oscar(Best Picture))ARTHUR FREED
(Oscar(Best Writing, Story and Screenplay))ALAN JAY LERNER

Golden Globes, USA 1952
(Golden Globe(Best Motion Picture - Musical/Comedy))


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。