スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が道を往く

Category : 徒然映画
我が道を往く

Comment:
教会の再建に奮闘する神父たち。

その年のアカデミー賞作品賞を含む7部門を受賞したレオ・マッケリー監督の作品です。

「我が道を往く」というタイトルと製作年から、また重苦しい「戦意高揚映画」なんだろうなぁと思っていたら・・・。

アメリカ、ニューヨークにある寂れた教会。老神父フィッツギボンは、アイルランドにいる母をおいて、1人で46年間、この聖ドミニク教会を護ってきました。

しかし、融資の未払いが多くなり運営は悪化、教会は前代未聞の差し押さえの危機に陥ってしまいます。

そこへやって来たのは新任の若い神父チャールズ・オマリー。

オマリー神父は、教会の再建に奔走するのですが・・・。

「戦争」のエピソードが1つもないことに驚きました。原題は「Going my way」。英語の直訳を邦題にしているのに、英語の方が重苦しく感じないのはなぜなのでしょう?

オマリー神父は資金調達のために町の少年たちと聖歌隊を結成し、幼馴染みでオペラ歌手のジェニーとともに、自ら創作した曲で世間にアピールしようと試みます。

考えることより行動が先に出るオマリー神父。自分の信念を貫く彼の姿を見て、フィッツギボン神父の心境は複雑です。

自分にはできなかったこと。護ることのみに徹底していたフィッツギボン神父にとっては衝撃的であったことでしょうし、彼の行動によって変わっていく人たちを見て、行動力を失った自分に「老い」を感じていたのかも・・・。

この作品を観て、思い出すのが「天使にラブ・ソングを・・・」ですね。

1作目では寂れた教会を見事に復活し、2作目では少年少女たちを歌によって更生させる・・・この作品のストーリーそのままですね^^

オマリー神父はのデロリスほど、はっちゃけてはいませんけどね^^

この2つの作品で大きく異なるのは、「天使に・・・」はコメディ要素が満載なのに対し、この作品は感動の物語として仕上げているところです。

この作品の本当の主人公はオマリー神父ではなく、フィッツギボン神父なのでしょう。

今まで1人ですべてを抱え込んで生きてきたフィッツギボン神父は、オマリー神父との出会いによって、自分を見つめ直します。そして得たものは、

「頑張り過ぎないこと。」

なのではないでしょうか。「頑張らない。」だと、何もしないことにもなりかねないので、「頑張り過ぎない。」・・・心にゆとりを持って生きることが大切なのかもしれませんね。

そのことを自然と気付かせたオマリー神父役のビング・クロスビー。良い表情をしています。そして、フィッツギボン神父役のバリー・フィッツジェラルドも素晴らしい。それぞれアカデミー賞主演男優賞と助演男優賞を受賞しています。

ラスト。

まさかの登場!?「どうやって来たの?」と思うほどに驚きましたが・・・感動のクライマックスでした。

それはフィッツギボン神父へのプレゼント・・・サンタクロースのようなオマリー神父なのでした。


★★★★★★★☆☆


Title:
GOING MY WAY

Country:
USA (1944)

Cast:
(Father Chuck O'Malley)BING CROSBY
(Father Fitzgibbon)BARRY FITZGERALD
(Father Timothy O'Dowd)FRANK McHUGH
(Ted Haines Jr.)JAMES BROWN
(Ted Haines Sr.)GENE LOCKHART
(Carol James)JEAN HEATHER
(Genevieve Linden)RISË STEVENS
(Mrs. Hattie Quimp)ANITA SHARP-BOLSTER
(Tony Scaponi)STANLEY CLEMENTS
(Mrs. Molly Fitzgibbon)ADELINE DE WALT REYNOLDS

Director:
LEO McCAREY

Awards:
Academy Awards, USA 1945
(Oscar(Best Actor in a Leading Role))BING CROSBY
(Oscar(Best Actor in a Supporting Role))BARRY FITZGERALD
(Oscar(Best Director))LEO McCAREY
(Oscar(Best Music, Original Song))JIMMY VAN HEUSEN (music) For the song "Swinging on a Star".
(Oscar(Best Music, Original Song))JOHNNY BURKE (lyrics) For the song "Swinging on a Star".
(Oscar(Best Picture))
(Oscar(Best Writing, Original Story))LEO McCAREY
(Oscar(Best Writing, Screenplay))FRANK BUTLER
(Oscar(Best Writing, Screenplay))FRANK CAVETT

Golden Globes, USA 1945
(Golden Globe(Best Director))LEO McCAREY
(Golden Globe(Best Motion Picture - Drama))
(Golden Globe(Best Supporting Actor))BARRY FITZGERALD

New York Film Critics Circle Awards 1944
(NYFCC Award(Best Actor))BARRY FITZGERALD
(NYFCC Award(Best Director))LEO McCAREY
(NYFCC Award(Best Film))


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

私も『天使にラブソングを…』を思い出しました(笑)
こちらは人間味溢れるキャストの魅力で、とっても感動的でした^^
ラストはほんとに観ている側までクリスマスプレゼントをもらった気持ちになりました。
いい作品でした~^^
トラバさせてくださいね♪

>じゅりさんへ

> 私も『天使にラブソングを…』を思い出しました(笑)
あっ!やっぱり思い出しますよね。

ラストは、ちょっと急展開かなぁなんて思いましたが、それでも感動・・・。
観て良かったなぁと思える作品でした。

コメント&TBありがとうございました。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が道を往く

== 我が道を往く(1944) == [[attached(1,center)]] 【GOING MY WAY】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_22?1231438518)]] NY下町の教会を自ら築き、40年護ってきた老神父フィッツギボン(&#0...

『我が道を往く』(Going My Way)の意味するものは?

 もうずいぶん昔のこと、誰かが「君は『我が道を往く』だな」と云われているのを聞いたことがある。  当時、ビング・クロスビー主演の映画...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。