スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニヴァー夫人

Category : 徒然映画
ミニヴァー夫人


Comment:
戦争に翻弄された中産階級の家族の物語。

その年のアカデミー賞作品賞を含む6部門を受賞したウィリアム・ワイラー監督の作品です。約10年前に作品賞を受賞したフランク・ロイド監督の「カヴァルケード」では上級階級の家族でしたが、この作品は、舞台をちょっと田舎に移して、中産階級の家族の姿を描いています。

この作品は「戦意高揚映画」としても知られていますが、それほど「敵国を憎む」ようなニュアンスは含まれていないように思います。どちらかというと、「戦時中であっても、強く意思を持ち続けよう」と訴えているのではないでしょうか。

主人公の「ミニヴァー夫人」ことスターリング・ミニヴァーは、買い物好きな浪費家。でも、美しい容姿と性格の良さから、ベルハム駅の駅長ジェームズ・バラードからは、自身が育てた美しいバラに「ミニヴァー夫人」と名付けたいと言われるほどでした。

現在は、建築家の夫マナリング・ミニヴァーと幼い息子トビーと娘ジュディの4人暮らし。しかし、明日は大学生の長男ヴィンが帰郷し、久しぶりに家族全員が集うことに・・・。

この町には、古い封建制度が根強く残っていました。ヴィンは封建制度による差別をなくすためもっと勉強に励みたいと血気盛んです。

ある日、幼馴染みのキャロル・ベルドンが来訪します。ベルドン家は古くからの名家で封建制度が残る家でもありました。キャロルはミニヴァー夫人に、今度開かれるバラのコンクールに祖母を勝たせたいので、ジェームズが出場を辞退するように頼んで欲しいと言うのです。

もちろん、その場に居合わせたヴィンは猛反対するのですが・・・。

と、ここまでは、まったく「戦争」なんてフレーズは出てこないのですが、ドイツがポーランドに侵攻したニュースが流れ始めた頃から、次第に、ストーリーから楽しい雰囲気が消え失せていきます。

ドイツ軍は英国本土にまで攻撃していたのですね。まったく知りませんでした。

教会に町民が集まり、ミサで神父が「我々は決して屈しない。」と説くシーンが、正しいのか間違っているのか・・・神父が戦う道を選ぶことにちょっと疑問も感じますが・・・どうなのでしょう?

夫を含めた町民の男たちは、軍からの命令で舟とともに出かけたきり数日間戻らなくなります。さらに、ヴィンは空軍のパイロットになり、ミニヴァー夫人はトビーとジュディを1人で守ることになります。

そこへ現れたのは負傷した1人のドイツ兵・・・。はたして、ミニヴァー夫人のとった行動とは・・・。

悲しいエピソードも待っているのですが、ヴィンとキャロル、ミニヴァー夫人とベルドン夫人との関係やバラの展示会のシーンなど、戦争以外のエピソードも繊細に描かれていて、ときに微笑ましくもあります。

幼い息子トビーの意外なキューピッド役が可愛かったですね。

ラスト。

戦争が始まったときと同じようにミサのシーンに・・・。

「戦争は兵士だけもものではない。」
「すべての人々を巻き込むのです。」

神父のこの言葉に、

「すべての人を巻き込む戦争とは愚かなもの。」

とも

「兵士だけが傷つくわけでない。みんなを守るために戦うのだ!」

ともとれる微妙なニュアンスが感じられました。

これが、戦意高揚映画・・・1942年の作品なのかもしれませんね。


★★★★★★★☆☆☆


Title:
MRS. MINIVER

Country:
USA (1942)

Cast:
(Mrs. Miniver)GREER GARSON
(Clem Miniver)WALTER PIDGEON
(Carol Beldon)TERESA WRIGHT
(Lady Beldon)DAME MAY WHITTY
(Foley)REGINALD OWEN
(Mr. Ballard)HENRY TRAVERS
(Vin Miniver)RICHARD NEY
(Vicar)HENRY WILCOXON
(Toby Miniver)CHRISTOPHER SEVERN
(Gladys - Housemaid)BRENDA FORBES
(Judy Miniver)CLARE SANDARS
(Ada)MARIE DE BECKER
(German Flyer)HELMUT DANTINE
(Horace)RHYS WILLIAMS

Director:
WILLIAM WYLER

Awards:
Academy Awards, USA 1942
(Oscar(Best Actress in a Leading Role))GREER GARSON
(Oscar(Best Actress in a Supporting Role))TERESA WRIGHT
(Oscar(Best Cinematography, Black-and-White))JOSEPH RUTTENBERG
(Oscar(Best Director))WILLIAM WYLER
(Oscar(Best Picture))
(Oscar(Best Writing, Screenplay))GEORGE FROESCHEL
(Oscar(Best Writing, Screenplay))JAMES HILTON
(Oscar(Best Writing, Screenplay))CLAUDINE WEST
(Oscar(Best Writing, Screenplay))ARTHUR WIMPERIS


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。