スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦バウンティ号の叛乱

Category : 徒然映画
戦艦バウンティ号の叛乱


Comment:
戦艦内で起きた船乗りたちの叛乱。

その年のアカデミー賞作品賞を受賞したフランク・ロイド監督の作品です。

1787年、英国を出港する戦艦バウンティ号。「戦艦」と言っても1780年代後半ではまだ帆船なのですね。

バウンティ号の任務は、奴隷の食料用にパンの木を入手し、西インド諸島に輸送すること。

上官のクリスチャンは町の男たちを船乗りとして徴兵します。

そして、船長のブライは彼らを船乗りとしてではなく「奴隷」として扱うのです。彼らを恐怖で支配するブライに嫌悪感を抱くクリスチャン・・・。

タヒチ島に着くまでに、2人の対立は表面化していました。

そして、パンの木を船に積み、西インド諸島へ出航した時、事件が起きるのですが・・・。

人種差別にも似たブライの言動に、クリスチャンと同様、嫌悪してしまいます。なぜ、ブライはあそこまで人を痛めつけることができたのでしょうね。自分も若い頃に同じように痛めつけられたのでしょうか。

ブライをあのような人間にしてしまったきっかけのようなシーンがあると、より説得力が生まれたのかもしれませんね。

誰からも好かれそうもないブライですが、海兵たちからは絶大なる支持を受けています。そこが不思議で仕方無かったのですが、その理由が、事件後に判ったような気がします。

どんな人間であれ、ブライは「海の男」だったのです。

あんな小さなボートでタヒチから英国まで帰還した手腕は、他のクルーからしてみればまさに奇跡!過酷な航海での彼の勇敢な姿は、尊敬されて当然なのでしょうね。

あの英雄ような立ち居振る舞いを海兵以外の船乗りたちにも見せれば、あんな事件は起きなかったのかも・・・。

片や、クリスチャンは正義の人。「奴隷」として扱われていた船乗りたちを影ながら味方します。しかし、ブライへの押さえていた怒りがついに爆発し、船乗りたちを巻き込んで叛乱を起こします。

ブライたちをボートに乗せて漂流させ、クリスチャンたちはタヒチへと引き返します。

そして、クリスチャンは・・・。

・・・ちょっと、クリスチャンの独りよがりなところも見え隠れしていたような^^

クリスチャンにしてみれば、英国に戻ったら死刑は免れないでしょうから、確固たる決意があったと思うのですが、若い船乗りのトミーや名門バイアム家の子息ロジャーなどは、ちょっと憐れでしたね。でも、ブライの執拗なまでの執念おかげで、逆に救われたのかな?

クリスチャン役にはクラーク・ゲイブル。「或る夜の出来事」のピーターを演じていたとは思えないほど凛々しいですね。髭があるのとないのとでこんなにも違うのでしょうか。

ブライ役にはチャールズ・ロートン。狂気の男を怪演しています。さらに、ロジャー役のフランチョット・トーンを含めた3人は、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされています。

1作品に3人が主演男優賞としてノミネートされるとは・・・すごいというより、他の作品の役者はノミネートできないほど良くなかったのでしょうか^^

巨匠フランク・ロイド監督の作品であったことが、3人もノミネートされた理由の1つだったのかなぁ。

それよりも、一番驚いたのは、この話が実話を基にしているということ。

クリスチャンは幸せだったのでしょうか・・・事件のその後をインターネットで調べてみると、決して幸せだったとは思えないのですが・・・。


★★★★★★★☆☆


Title:
MUTINY ON THE BOUNTY

Country:
USA (1935)

Cast:
(Bligh)CHARLES LAUGHTON
(Christian)CLARK GABLE
(Byam)FRANCHOT TONE
(Smith)HERBERT MUNDIN
(Ellison)EDDIE QUILLAN
(Bacchus)DUDLEY DIGGES
(Burkitt)DONALD CRISP
(Stewart)DOUGLAS WALTON
(Hayward)VERNON DOWNING
(Maggs)IAN WOLFE
(Fryer)DeWITT JENNINGS
(Tehani)MOVITA
(Maimiti)MAMO CLARK
(Hitihiti)BILL BAMBRIDGE

Director:
FRANK LLOYD

Awards:
Academy Awards, USA 1936
(Oscar(Best Picture))

New York Film Critics Circle Awards 1936
(NYFCC Award(Best Actor))CHARLES LAUGHTON


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。