スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・アフター・リーディング

Category : 徒然映画
バーン・アフター・リーディング

Comment:
勘違いが連鎖する不条理ブラックコメディ。

イーサン・コーエン&ジョエル・コーエン監督の作品です。

CIAの情報分析部の男オズボーン・コックスは、突然解任させられてしまい、腹を立てたオズボーンはそのまま退職。家にこもりながら会社を起業し、自らの半生を綴った自伝を本にしようと決意します。

オズボーンの妻ケイティは、夫への愛など冷めきっていて、現在は連邦保安官事務所で働くハリーと不倫関係に・・・。突然辞めたと切り出されたケイティはついに離婚を決意し、弁護士の勧めで離婚に有利になるだろう情報をオズボーンのパソコンから入手しようとします。

ハリーはケイティとの関係を続けたいものの、有名絵本作家でもある妻サンディとの暮らしも捨てがたく・・・と言った優柔不断な男。さらに、出会い系サイトで知り合ったリンダとも情事に溺れ・・・。

リンダはフィットネスジムで働く決して若くはない女性・・・。本人もそのことを自覚して、出会い系サイトで男探しをしながら全身整形を夢見ています。しかし、それには多額の料金が・・・。

そんなある日のこと。同じフィットネスジムで働く陽気な男チャドは、客が忘れたCDのデータを見てしまいます。

そのデータはなんと!CIAの極秘データ。

実は、そのCDはケイティが弁護士事務所に渡したCDで弁護士事務所の秘書がジムに置き忘れたものだったのですが・・・。

そこから始まる勘違いが勘違いを呼び、CIAを動かすことにもなる大事件へと発展するのですが・・・。

話の持って行き方が面白いですよねぇ。繋がらなさそうで実は繋がっている数々の相関関係を考えるのも楽しいかも・・・観る人によりますけどね。

個人的は群像劇が大好きなので存分に楽しめました^^

オズボーン役にはジョン・マルコヴィッチ。久々に個性的な役を演じる彼を観たかも。これぞマルコヴィッチと言うようなキレた演技でしたね。

ケイティ役にはティルダ・スウィントン。コメディと言っても彼女の役は冷徹な女性なので、彼女の知的な持ち味が十分活かされるいるのですが、女医であるケイティが子供を診察するシーンは冷徹な女性だからこそ笑えるシーンでしたね。

ハリー役にはジョージ・クルーニー。ソダーバーグ監督作品ではカッコ良いイメージがあるのですが、コーエン監督作品ではちょっと三枚目も入っているところが面白いですね。床を転がって銃を構えるシーンなんて、本当はもっと機敏にできたと思うのに何だかゴロンとでんぐり返ししただけのような・・・(^_^;

リンダ役にはフランシス・マクドーマンド。我が道を往くリンダを好演しています。私が思うに、おそらくこの作品の主役は彼女でしょう。

このリンダによって、最も不幸な道を辿ることになる男たち。リンダのすべての言動が皆を事件に巻き込んでいったような・・・。

最も不幸な結末を辿るフィットネスジムのオーナーとテッドとインストラクターのチャド。

チャド役にはブラッド・ピット。今までのコーエン監督ならブシェミあたりをキャスティングすると思うのですが・・・この役をブラピが演じるところが面白いですね。でもカッコ良いブラピを期待した人には残酷な作品なのかな。な~んにも考えていないチャド。彼、最後まで楽しい人生だったと思います・・・きっと^^

テッド役にはリチャード・ジェンキンス。恋するオジサン。もっとはっきり告白すればあんなことにならなかったのかも・・・。恋は盲目とはよく言ったものです。リチャード・ジェンキンスがまた巧く演じています。初めて観たのは「シックス・フィート・アンダー」だったかな。ちょっとしか登場しなくても印象に残る演技ができる役者ですね。

ラスト。

「バーン・アフター・リーディング」・・・燃やされるのは情報ではなく、実は人間だったりして!?

・・・情報化社会、怖い世の中です^^


★★★★★★★☆☆


Title:
BURN AFTER READING

Country:
USA/UK/France (2008)

Cast:
(Harry Pfarrer)GEORGE CLOONEY
(Linda Litzke)FRANCES McDORMAND
(Chad Feldheimer)BRAD PITT
(Osbourne Cox)JOHN MALKOVICH
(Katie Cox)TILDA SWINTON
(Ted Treffon)RICHARD JENKINS
(Sandy Pfarrer)ELIZABETH MARVEL
(Palmer DeBakey Smith, CIA Officer)DAVID RASCHE
(CIA Superior)J.K. SIMMONS
(Krapotkin)OLEK KRUPA

Directors:
ETHAN COEN
JOEL COEN


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト

Comment

あぁ、勘違い(^^ゞ

ひでさん、こんにちは☆^^

早速こちらからTBしていただいて、感謝感謝です♪
嬉しかったです~(*^^)

この映画、ほんと、みなさん勘違いなさって
その勘違いがまた別の勘違いを生んで・・・と
デフレスパイラルならぬ、勘違いスパイラルが出来ちゃってましたよね~(^_^;)

そうそう、リチャード・ジェンキンス、この映画でも見て、最近「扉をたたく人」では主演で見て、今とても私の中で大きく存在してる俳優さんになっています。
この映画でも、恋する初老の(?)男性を巧く演じてましたよね~。

情報化社会・・確かに怖いですね。

>メルさんへ

勘違いスパイラル!面白いですよね~
こういうストーリー大好きです^^
コーエン兄弟お見事っ!って感じでした。

リチャード・ジェンキンスが演じた男は悲惨でしたねぇ。
「扉をたたく人」はまだ未見なのですが、
絶対に今年中には観たいと思っています。
楽しみ~♪

コメント&TBありがとうございました。

o(≧∇≦o)

んもぅ、マイダーリン、おバカキャラですいません(爆)
でも可愛かったわ♪(←あほ?)
いやいや、コーエン兄弟テイストのブラックコメディでしたね~^^
劇場で笑い堪えるの大変でした(^-^;
記事ラストの言葉、何気に怖いわ(笑)
トラバさせてくださいね♪

>じゅりさんへ

じゅりさんは当然のごとく劇場でご覧になったのですね^^
いやぁ、ブラピよかったですよ~
カッコイイ人がカッコイイ役を演じるより、ちょっと変わった!?役を演じるとまた面白いですよね。

じゅりさんのほうからはトラバできるのですね。
私は何度チャレンジしてもできませんでした(T_T)
調べてみると、FC2とYahooさんとの相性!?が悪いらしいとのこと・・・もっと早く気付くべきでした。
でもアメブロも実は相性が悪く、1回トラバすると、時間を空けないと次のトラバができなかったんですよねぇ。

・・・Yahooでもブログしてみる!?ってことですかね^^
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「バーン・アフター・リーディング」

コーエン兄弟らしさが出てました^^

バーン・アフター・リーディング

== バーン・アフター・リーディング(2008) == [[attached(1,center)]] 【BURN AFTER READING】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_22?1231438518)]] アル中が原因でCIAを辞めさせられたオズボ?...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。