スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗い日曜日

Category : 徒然映画

暗い日曜日


Comment:

呪われた曲にまつわる美しい女性と3人の男性とのラブ・ストーリー。


ロルフ・シューベル監督の作品です。舞台はハンガリーですがドイツ映画なのかな?


これは秀作でしたねぇ。ハンガリー、ブダペストにあるレストランで繰り広げられる、愛と嫉妬、野心、憎悪が美しく描かれています。


レストラン「サボー」は、ユダヤ人オーナーである初代支配人ラズロ・サボーが経営していた老舗高級レストラン。そこに十数年振りに来店した老齢のドイツ大使ハンス。


そして、店内に流れる思い出の曲「暗い日曜日」・・・。


この物語は過去へと遡り、ラズロがレストランを開店するところからメイン・ストーリーが始まります。ラズロは私生活でもパートナーである魅力的な女性イロナとともに開店準備を始めます。


レストランの中央には1台のグランド・ピアノ。2人はピアニストを募集します。


最後にあらわれたのは青年アンドラーシュ・アラディ。彼の演奏に惹かれたイロナはラズロにお願いして彼を雇います。


レストランは料理だけでなく、イロナの美貌、そして、アンドラーシュのピアノによって成功します。


イロナの誕生日。皆が祝福する中、アンドラーシュはイロナのために自作の曲を演奏します。


美しい旋律。誰もがその曲に惹きつけられました。


しかし、その曲「暗い日曜日」は呪われた曲と噂されるようになるのですが・・・。


「暗い日曜日」にまつわる事件は実際にあったそうで・・・時代背景にも要因があったのかなぁ。


前半はラズロ、イロナ、アンドラーシュの三角関係が描かれています。


これはどうなのでしょうね(^_^;


大人だなぁ・・・と思いつつ、イロナの奔放さにラズロとアンドラーシュが手がつけられないといったところでしょうか。ラズロは大人の対応をしつつも実は嫉妬を隠しているような印象を受けましたね。


ラズロがイロナをもっとしっかり掴まえておけば良かったのかなぁ。でも、それだとイロナの魅力が半減してしまうような・・・。やっぱり、あの3人には、あの関係が一番だったのかもしれませんね。


そんな絶妙なバランスを保った3人の関係を揺れ動かす男があらわれます。


ドイツ人の客ハンス。この男が、まぁ余計な真似をしでかします(^_^;


イロナへの過剰なまでの愛情が彼をつき動かしたのでしょうけど・・・ハンスのエピソードも時代背景を無視できませんね。


ナチスがハンガリーへ侵攻する時代。外の様子も前半から後半にかけて賑わいを見せなくなっていきます。


将校になったハンスの、独裁的、かつ、私利私欲に固まった姿は観ていて気持ちの良いものではありません。でも、彼の本来の性格からなのか、やさしさや正義心も少なからず見せるのです。彼がすべての元凶ではないと思わせているところが、この作品の面白さかもしれませんね。


でも、ラズロは無念だったろうなぁ。駅でのシーンはどうしてもハンスを許せなくなってしまいましたね。


意味深なオープニングがラストで明らかになります。


そういえば、あの支配人は誰の子なのでしょう・・・ラズロ?アンドラーシュ?それとも・・・戦慄が走るラストでした。



★★★★★★★★



Title:

GLOOMY SUNDAY - EIN LIED VON LIEBE UND TOD


Country:

Germany/Hungary (1999)


Cast:

(Ilona)ERIKA MAROZSÁN

(László)JOACHIM KRÓL

(Hans Wieck)BEN BECKER

(András)STEFANO DIONISI


Director:

ROLF SCHÜBEL



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

ナチや

戦争絡みのハリウッド映画にはうんざりしていたのですが、「暗い日曜日」は悲しいメロディーと魅力的な出演者たちも相まって、しんみりと余韻が残るいい作品でしたね。ラズロの報われない想いが涙を誘いました。ヨアヒム・クロルってなかなか味のあるいい役者さんだな・・と。


たしかに秀作です

ひでさん、こんにちは!
私もこれ、すごく好きなんですよ~
全体に流れる妖艶なムードがいいですね。
暗い日曜日のメロディーもイロナも魅力的。
戦争が落とす暗い影を上手く取り入れてました。

ほんと、あの子供は誰の子か?父親は3人のうちの一人?
ラストでサスペンスタッチになって面白かったです。


>sarahoctavianさんへ

この作品の雰囲気はハリウッド作品では出せませんよね~

ラズロはイイ奴だなぁ・・・彼には何の罪もないのに・・・。

ヨアヒム・クロル。イイ役者さんですね。
今度からチェックしてみようかな・・・と(^-^)

コメントありがとうございました。


>YANさんへ

そうそう、妖艶なムードがGoodですね♪

イロナは魅力的でしたねぇ。
演じていた女優さんが巧いこと魅力を引き出していましたね~

ラスト子供はいったい誰の子でしょうね?
敢えて結論付けていないところがこれまたGoodでした。

コメントありがとうございました。


哀しいだけのナチものでない魅力

こんな関係って成り立つんだろうかと思いながら見てましたが、ヒロインの奔放さや母性に似た公平さみたいなものも、彼女の魅力の一つだったのかもしれません。
今回ナチスによるユダヤ人迫害の作品の一つとして選んだ作品でしたが、とても面白く観ました。
ほんと、あれは誰の子?って私も気になりました。

>PU-KOさんへ

私もナチ系の作品としてはめずらしく悲しさだけではないミステリーの要素があって面白く観れました。
あの三角関係はイロナの美しさあってこそだと思いました^^

コメントありがとうございました。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暗い日曜日

また以前に気に入った作品を再鑑賞。 この作品をご覧になった方はいないかなあ。 あまり知られていないようなので、 隠れた名作だと思って...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。