スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チミノ夫人のピアノ

Category : 徒然映画

チミノ夫人のピアノ


Commnet:

認知症を患った老女の再起。


ジョージ・シェーファー監督のテレビ映画です。日本ではもちろん未公開です。


閑静な住宅街。喚きながら救急車に乗る老女エスター・チミノ。彼女は認知症を患ってしまいました。


息子のジョージとハロルドが見舞いに来てもぼんやりしてしまいます・・・。


後見人がいないエスターの介護をめぐりジョージとハロルドは話し合います。さらに、エスターの財産を管理していた銀行のリーチも加わり、エスターの財産をすべてジョージとハロルドに譲渡しようと審理会が開かれてしまいます。


見かねた孫娘カレンは、エスターを手厚く介護してくれる施設を探し出し、エスターは病院から移されるのですが、審理会はエスターに財産の管理能力はないと断定し、ジョージとハロルドはエスターの家を売りに出してしまいます。


帰る場所がなくなったエスターの運命は・・・。


介護をめぐる問題は難しいですよねぇ。家にいることが一番だと思うのですが、介護する側の負担も大きくなったりしますものね。でも、ジョージとハロルド・・・家を売るのが早くないかい?と思ってしまいます。リーチの提案なのでしょうけどね。


しかし、何と!エスターの認知症は一時的なものだったのです。施設に入りすぐに正気を取り戻すエスターでしたが、家に帰ろうとするエスターを施設の係員たちが押え込みます。鎮静剤を打たされてしまうシーンは痛々しかったです。


・・・時は既に遅く家は売られてしまいました。


老人たちとともに過ごすことになるエスターでしたが、心を開くこともなく寂しい日々・・・。


しかし、そんなエスターを変えるできごとが起きます。


それは、ピアノでした。


パーティーの後、1人でピアノを弾くエスター。その流れるような演奏に老人たちが集まります。エスターは元ピアニストだったのです。


エスターは元気を取り戻し第2の人生を歩もうと決意するのですが・・・。


エスター役にはオスカー女優ベティ・デイヴィス。老いても大女優。貫禄の演技です。


後半になると、エスターの第2の人生が描かれるのですが、騙されたり、思ってもみなかった旧友バーニーとの再会、そして、新たな恋の予感!?も・・・。


老いへの現実、1人の人間の尊厳を切実に伝えていますが、ラストシーンのバーニーとのセッションは、老いても未来を感じさせくれる素敵なシーンでした。



★★★★★★☆☆☆



Title:

A PIANO FOR MRS. CIMINO


Country:

USA (1982)


Cast:

(Esther McDonald Cimino)BETTE DAVIS

(Karen Cimino)ALEXA KENIN

(Mrs. Polanski)PENNY FULLER

(Philip Ryan)CHRISTOPHER GUEST

(George Cimino)GEORGE HEARN

(Harold Cimino)LeROY SCHULZ

(Leach)GRAHAM JARVIS

(Barney Fellman)KEENAN WYNN


Director:

GEORGE SCHAEFER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。