スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンジー

Category : 徒然映画

ガンジー


Comment:

マハトマ・ガンジーの生涯。


その年のアカデミー賞主要4部門を含む8部門を受賞したリチャード・アッテンボロー監督の作品です。


「インド独立の父」マハトマ・ガンジーの青年時代からの生涯を描いた歴史大作です。


私の「ガンジー事前情報」としましては、「インド独立の父」と「非暴力運動」程度・・・(^_^;


ガンジーのその人となりをこの作品で知ることができます。


まずは青年時代。彼は弁護士だったのですね。英国で勉学に励み、1893年、南アフリカにて弁護士として従事するのですが・・・。


ここでの出来事がガンジーの人生を大きく変えるきっかけになります。また、妻カストゥルバにとっても大きな決断になったことでしょうね。


ガンジーは若い頃から志の高い人物だったことが判ります。


ちなみに、南アフリカのエピソードで登場するガンジーを挑発する青年コリン役にはあのダニエル・デイ=ルイスが・・・気付かなかった(^_^;


舞台は変わり、1915年、ボンベイ。帰国したガンジーは南アフリカでの事件をきっかけに国民的英雄になっていました。そこでアンドリューズ牧師から紹介されたゴーカリー教授から、インドの未来を託されます。


あまり強調してはいませんでしたが、彼との出会いがガンジーの人生をさらに変えるきっかけになっていたようにも思えました。


ガンジーはインド中を旅します。国を変えたいと思う人が机上だけで論じていても説得力はありませんからね。


でも、ガンジーは政治家ではないんですよねぇ・・・おそらく(^_^;


立場としては指導者なのでしょうか。ヒンズー教のネールや回教のジンナなど、政治的に国を動かそうとする者がガンジーに周りに集まります。


宗教の違いはあれど、皆の気持ちは英国からの独立でした。


でも、ジンナは初めからガンジーを利用しようとしていただけのように見えましたけどね。


それにしても、いったいガンジーは何度逮捕されたのでしょう。でも彼は一切抵抗しません。でもその行動が「非暴力」に通じているのでしょうね。敢えて英国側の法律に従うことで、インドの人々にパフォーマンスしているかのように・・・今の社会は間違っていると訴えているようにみえます。


無抵抗ではなく、非暴力の抵抗。


この思想が世界中に広がれば、戦争など起こらないのかもしれませんね。でも悲しいかな、人は決して同じ考えを持たないもの・・・ガンジーを崇拝する者でさえ、暴力によって抵抗してしまう者もいます。


そして、インドを支配していた英国の中には、人間とは思えない狂気を持つ軍人もいました。


前半のラストシーンには衝撃的なシーンが待っています。


後半に入ると、俄然、インドの人々は一丸となり、独立に向けて動き出します。


ガンジーを迎えた大規模な集会のシーンは圧巻です。いったい何万人のエキストラがいるのでしょう。


他にも「葬儀」や「塩の行進」のシーンでも、多勢のエキストラによって国を変えようとする力が感じられます。


しかし、人数が多ければ多いほど、やはりその中に対立が芽生えてしまいます。ヒンズー教と回教との紛争が絶え間なく続いてしまうのです。


はたして、ガンジーは紛争と止めることができるのか・・・。


ガンジー役にはベン・キングズレー。圧巻の一言に尽きますね。完全なる模倣。生き写しのようです。青年時代から晩年までを演じていますが、姿勢、歩き方ひとつとっても、時代によって変えているのはもちろん、変わりゆく体つきにも驚かされます。


他にもマーティン・シーンなどが出演していますが、ベン・キングズレーの存在感が強過ぎて印象に残らないほどです。


ラスト。


インドが英国の支配から解放されます。しかし、ヒンズー教のネールがインドを、回教のジンナがパキスタンをそれぞれ建国・・・そして、1947年8月、インド=パキスタン国境での人民大移動の際にも紛争が起きてしまいます。


何だか悲しくなってしまいますね。独立という同じ志を持っていながら対立しあうだなんて・・・。


そして、ガンジーの暗殺。


突然の死の直前にあの言葉を言える人物がいったい何人いるのでしょうか。オープニングのシーンと同じシーンが繰り返されるのですが、ラストのシーンのほうが深く心に突き刺さって来ました。


ガンジーの絶大なカリスマ性はどこから来るものなのでしょうか。


志の高さだけでなく、立てた誓いは絶対に曲げずにやり遂げる有言実行の精神にあったのだと、この作品観て思いました。



★★★★★★★★



Title:

GANDHI


Country:

UK/India (1982)


Cast:

(Mohandas K. Gandhi)BEN KINGSLEY

(Mrs. Kasturba M. Gandhi)ROHINI HATTANGADI

(Rev. Charlie Andrews)IAN CHARLESON

(Vince Walker)MARTIN SHEEN

(Gen. Jan Christiaan Smuts)ATHOL FUGARD

(Pandit Jawaharlal Nehru)ROSHAN SETH

(Mohammed Ali Jinnah)ALYQUE PADAMSEE

(Sardar Valabhhai Patel)SAEED JAFFREY

(Lord Irwin)JOHN GIELGUD

(Lord Chelmsford)JOHN MILLS

(Gen. Reginald Dyer)EDWARD FOX

(Judge Broomfield)TREVOR HOWARD

(Mirabehn)GERALDINE JAMES

(Margaret Bourke-White)CANDICE BERGEN


Director:

RICHARD ATTENBOROUGH


Awards:

Academy Awards, USA 1983

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))BEN KINGSLEY

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))STUART CRAIG

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))ROBERT W. LAING

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))MICHAEL SEIRTON

(Oscar(Best Cinematography))BILLY WILLIAMS

(Oscar(Best Cinematography))RONNIE TAYLOR

(Oscar(Best Costume Design))JOHN MOLLO

(Oscar(Best Costume Design))BHANU ATHAIYA

(Oscar(Best Director))RICHARD ATTENBOROUGH

(Oscar(Best Film Editing))JOHN BLOOM

(Oscar(Best Picture))RICHARD ATTENBOROUGH

(Oscar(Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen))JOHN BRILEY


Golden Globes, USA 1983

(Golden Globe(Best Actor in a Motion Picture - Drama))BEN KINGSLEY

(Golden Globe(Best Director - Motion Picture))RICHARD ATTENBOROUGH

(Golden Globe(Best Foreign Film))

(Golden Globe(Best Screenplay - Motion Picture))JOHN BRILEY

(Golden Globe(New Star of the Year in a Motion Picture - Male))BEN KINGSLEY


Los Angeles Film Critics Association Awards 1982

(LAFCA Award(Best Actor))BEN KINGSLEY


New York Film Critics Circle Awards 1982

(NYFCC Award(Best Actor))BEN KINGSLEY

(NYFCC Award(Best Film))



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。