スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロスト×ニクソン

Category : 徒然映画

フロスト×ニクソン


Comment:

ニクソン大統領の単独インタビューに挑むTV司会者。


その年のアカデミー賞作品賞にもノミネートされたロン・ハワード監督の作品です。


これは見応えありましたねぇ。劇中でニクソン大統領が例えたように、これはまさに「言葉のボクシング」でした。


アメリカ政治史上初となる大統領の任期中の辞職へと追い込んだ「ウォーターゲート事件」。しかし、辞職したニクソン大統領の真意は語られぬまま政治の表舞台から揉み消されようとしていました。


そこに目を付けたのは、ロンドンとオーストラリアを行き来しながらTV番組の司会者を務めるデビッド・フロスト。彼は持ち前の明るさと行動力で仲間を集め、ニクソン大統領との単独インタビューに挑むのですが・・・。


初めは政治色の強い作品なのかなぁと身構えて観ていましたが、そんなこともなくフロストとニクソンの対決がメインになっています。


とにかくインタビューのシーンが迫力満点です。4日間に分けて行われるインタビュー。


フロストはスクープをモノにするため。

ニクソンは政界への復帰の足がかりにするため。


それぞれの思惑がぶつかり合います。ニクソン大統領のディベートのスキルはハンパありません。アメリカ大統領ともなると、あれぐらいできて当然なのでしょうね。


ニクソン大統領役のフランク・ランジェラの名演が光ります。完全にインタビューの現場を掌握していましたね。アカデミー賞主演男優賞ノミネートも納得の演技です。


対するフロストは何も話せずじまい・・・。でも彼は初めから勝利を確信していたような気もしました。そう思っていないと大統領のインタビューなんてできないのかもしれませんね。あと彼の場合はニクソン大統領へのインタビューよりもスポンサー探しのほうが困難を極めていたのかも(^_^;


フロスト役にはマイケル・シーン。前半の軽そうな人柄から後半での不安を顕わにするシーンやインタビューでの攻撃に転じるシーンなど巧みに演じ分けています。


ニクソン大統領が例えたとおり「言葉のボクシング」にはスタッフと言う名のセコンドもいます。


ニクソン大統領のセコンドはジャック・ブレナン。ニクソン大統領の負の面を知りながら、正の面のみを引き出そうとします。ジャック役にはケヴィン・ベーコン。冷静さの中に激しい感情を隠している・・・そんな印象を持ちました。


フロストのセコンドで注目すべきはジェームズ・レストンですかね。最もニクソン大統領を憎んでいた男でしたが、いざニクソン大統領を間近にすると・・・。やっぱり、オーラが違うのかなぁ。ジェームズ役にはサム・ロックウェル。彼が知的な役を演じるのもめずらしいのでは?でも、やっぱりキレるわけですが・・・(^_^;


ラスト。


フロストは正義の味方になろうと思って、ニクソン大統領の単独インタビューを企画したわけではないんですよねぇ。


富と名声。

エリートから見下され、敗者と思っている自分に勝つために・・・。


それが真実かは判りませんが、分析力の秀でたニクソン大統領が言うのだから間違いはないのでしょう。このインタビューがテレビ用ではなく新聞または雑誌用であれば勝敗が変わっていたかも・・・。後から書き上げる原稿とは違う生の緊張感・・・人の感情をリアルに映し出すテレビって怖いなぁ。


派手な展開はなくとも、アクション映画並みの迫力と興奮を味わえました。



★★★★★★★★



Title:

FROST/NIXON


Country:

USA/UK/France (2008)


Cast:

(Richard Nixon)FRANK LANGELLA

(David Frost)MICHAEL SHEEN

(James Reston, Jr.)SAM ROCKWELL

(Jack Brennan)KEVIN BACON

(John Birt)MATTHEW MACFADYEN

(Bob Zelnick)OLIVER PLATT

(Caroline Cushing)REBECCA HALL

(Swifty Lazar)TOBY JONES


Director:

RON HOWARD



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

無題

これ観たいんですよね~
最近忙しくてブログ更新も映画鑑賞もできてないのですけど、これは公開時から気になってました。
なるほど「言葉のボクシング」ですかぁ。
やっぱり見応えありそうですね。
あはは、サム・ロックウェルも確認したいわ(笑)


>じゅりさんへ

この作品は見応え十分ですよ~。
「言葉のボクシング」と
キャストの演技対決が存分に味わえます。

サム・ロックウェル・・・チョイ役ですけどね(^_^;

コメントありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。