スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルテンさんのはじめての冒険

Category : 徒然映画

ホルテンさんのはじめての冒険


Comment:

定年退職を迎えた鉄道員の人生観。


ノルウェーのベント・ハーメル監督の作品です。このまったり感がたまりませんねぇ。北欧だけあってアキ・カウリスマキ監督作品と雰囲気は似ていますが、ハーメル監督の場合はコミカルなシーンの「可愛らしいさ」が際立っていると思います。


邦題は「ホルテンさんのはじめての冒険」ですが、「冒険」と言ってもどこか遠くへ旅立つというわけではありません。


「冒険」とは「人生の冒険」でした。


定年退職を迎える鉄道員オッド・ホルテン。67歳。列車の音が鳴り響くオスロの駅の近くに住み、規則正しい生活を続けていました。


退職前夜、送別会が開かれ同僚たちの前で表彰されるオッド。会が終わり同僚の家で飲むことになりましたが、オッドはたばこを買いにみんなから少しの間離れることに・・・。


戻ってきたオッドでしたが、教えられたアパートの暗証番号を押してもドアが開きません。しかし、都合良くそのアパートは現在工事中で足場が作られていました。オッドはその足場を使って、最上階の同僚の部屋へ行こうとしますが、階下の部屋までしか辿りつけませんでした。


そこで、オッドはその部屋へ忍びこみ玄関から出ようとするのですが、住んでいる少年に声をかけられてしまいます。少年は鉄道員の制服を着たオッドに興味津津。オッドは少年を寝かしつけようとしますが、少年はオッドを引き留めようとします。


困ったオッドは、しばらく少年の部屋にいることに・・・しかし、オッドはそのまま眠り込んでしまいます。


翌朝、オッドの退職日。オッドは大遅刻をしてしまい、最後に運転する列車は出発してしまいました。


その後、オッドはどのような行動をとるのか・・・。


人生という長いレールをひたすら直進していたオッドに、思ってもいなかったイレギュラーが起きました。


それでも列車は出発してしまったことにオッドは何を思ったのでしょう。


仕事中に泊まる宿の女主人スヴェアには、最後の乗務を終えたらオスロまで飛行機で帰ると言っていましたが、その計画もできずじまい・・・。


オッドは同じような生活をするとともに、いつも一歩先を計画していたのではないでしょうか。


それが一夜にして崩れてしまったオッド。しかも、人生の節目となる大切な日に・・・。


その後のオッドの行動は、今までとは違い無計画な行動だったように思います。でも、それが面白い。飛行場のエピソードは、「もしや、そのまま海外へ行ってしまうのか?」と思ってしまいました(^_^;


ヨットの売却。

全裸でプール。

なぜかハイヒール(^_^;


おそらく、今までのオッドであれば絶対にしなかったであろう行動ばかりだったのではないでしょうか。


そして、道端で寝そべっている男に話しかけることなどもしなかったことでしょう。


その男トリグヴェ・シッセネールがオッドの人生観をさらに変える人物になるのですが・・・。


オッド役のボード・オーヴェの醸し出す雰囲気が作品全体に広がっています。寡黙な男なのですが、愛らしくもあります。


ラスト。


母との面会。

タバコ屋の女主人との思い出話。

トリグヴェとの語らいと危険なドライブ。


そして、スキージャンプ場での自分試し。


オッドは人生を顧みて、これからの人生をリスタートするつもりだったのでしょうね。


少年の頃に得られなかった「勇気」を得るために・・・。


私はまだまだオッドの歳にはほど遠いですが、人生のレールは真っ直ぐではなく、歳をとっても、少しの「勇気」で分岐点を自ら増やすこともできるということを伝えているようでした。


ちなみに、劇中に登場する犬モリーはパルム・ドッグ賞審査員特別賞を受賞しています。



★★★★★★★☆☆



Title:

O' HORTEN


Country:

Norway/Germany/France (2007)


Cast:

(Odd Horten)BAARD OWE

(Trygve Sissener)ESPEN SKJØNBERG

(Fru Thøgersen)GHITA NØRBY

(Svea)HENNY MOAN

(Flo)BJØRN FLOBERG

(Steiner Sissener)KAI REMLOW

(Lokfører)PER JANSEN

(Konduktør)BJARTE HJELMELAND

(Vera Horten)KARI LOLAND


Director:

BENT HAMER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

寒い国のあったかい話^^

ひでさん、こんにちは~。
この映画、私はとても気に入ってるんですが、家族に強く薦めて見てもらったら、途中で挫折されちゃいまして・・・。がっかりでした。
ひでさんも、この映画、とっても良かったみたいですね。

そうそう、幾つになっても、勇気を出して、新たな一歩を踏み出してみようって気持ちにもなる良いラストでしたよね♪


>latifaさんへ

あらら、挫折されてしまいましたか(^_^;
私はこのまったり感が大好きです♪

素敵なラストシーンでしたよねぇ。

ホルテンさんのように、
老いても新たな一歩を踏み出せる人生を歩みたいですね。

コメント&TBありがとうございました。


こんばんは~♪

ひでさん、こんばんは~☆^^

冒険といっても人生の冒険・・まさしくそうだったなぁって思います。
突然いつもと違う一日が始まっちゃった彼ですが、
人生の本当の冒険はあのラストの後に来るのかなぁって思いました。
これまでまともに女性と付き合ったこともないようでしたし(?)、人との関わりも最小限だったと思われ、あのあと、他人である彼女と関わって、きっとさらなる冒険をして人生を豊に生きてくれるんじゃないかなぁって思えました♪
ひでさんが書いてくださってるように、少しの勇気でいくつになっても冒険も選択肢も増やせるんだよなぁって思います。

笑えるところも多々あったし、ゆるゆるのところも
みんなひっくるめてとても好きな作品でした♪


>メルさんへ

本当の冒険。ホントそうですよね。
作品までは「はじまりのきっかけ」に過ぎないんですよね。

寡黙なホルテンさんでしたが、
元同僚たちのように
声高らかに笑える日がきっと来るのでしょうね。
素敵な女性とも一緒ですしね。

コメント&TBありがとうございました。


人生これから

歳をとることの切なさを感じるところもありましたが、最後にホルテンさんが人生を再スタートさせる前向きさが素敵でした。
ラストの柔らかな表情が、これまでの生真面目なそれと全然違っていてw役者さんも上手かったですよね。
ホルテンさん同様、とっても微笑ましい作品でした。


>PU-KOさんへ

人生を前向きに生きている人は素敵ですよね~
自分も素敵に歳を重ねていきたいなぁと思いました^^

ホルテンさん役の役者さん。イイ味出してましたよね。

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ホルテンさんのはじめての冒険」好きだな♪

開始早々、真っ暗な中小さく遠くに見えるトンネルを何度も通り抜ける映像が繰り返され、そこから「こりゃ?イイっ!」と期待は高まる。

「ホルテンさんのはじめての冒険」

ホルテンさんの本当の冒険はこのラストから始まるのかもしれない

ホルテンさんのはじめての冒険

 タイトルにだまされてはいけない。ホルテンさんはこどもではない。ノルウェーの首都

ホルテンさんのはじめての冒険

{{{ 2007年(ノルウェー) 監督:ベント・ハーメル 出演:ボード・オーヴェ/ギタ・ナービュ/ビョルン・フローバルグ/エスペン・ションバルグ }}} '''■感想''' 「{{{キッチン・ストーリー}}}」の'''ベント・ハーメル'&
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。