スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークン・フラワーズ

Category : 徒然映画

ブロークン・フラワーズ


監督:ジム・ジャームッシュ

キャスト:

ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト

シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン

製作:2005年、アメリカ


コンピュータ業界で一財産を築き、今は隠遁生活の無気力な男ドン・ジョンストン。昔から女には不自由せず、浮名を流していたが、あまりに身勝手なドンに現在のパートナーであるシェリーも愛想を尽かして出て行ってしまった。


その翌日、シェリーが出て行ったときに届いていた差出人不明のピンク色の手紙を読むと、それは昔付き合っていた女性からのものだった。


 ・・・あれから20年たった今伝えておきたいの・・・

 ・・・あなたと別れてから私は妊娠に気づいた・・・

 ・・・息子はもう19歳です・・・


しかし、その女性に心当たりがない・・・というよりあり過ぎるドン。話を聞いた隣家の友人ウィンストンはドンに20年前に付き合っていた女性たちに会いに行くことを進言し、ドンは仕方なく手紙の主とその息子を探す旅に出る・・・。


Comment:

ビル・マーレイの何とも言えない間のある演技が光るロードムービー。

この作品はビル・マーレイをキャストにしたことで成功したといえるでしょう。


ダメダメ男のドン。なぜにジャージ?家でも外でもジャージ。動かない。手紙を読んでも動じない。そんな無気力なドンをビル・マーレイが見事に演じています。目の動きだけで表現する仕草にも注目ですね。


でもやっぱり私の中のビル・マーレイのイメージは「ゴースト・バスターズ」かなぁ。


20年前に付き合っていた女性の1人目であるローラ役にはシャロン・ストーン。

自由奔放な女性であるローラにピッタリな配役です。でもそれより娘のロリータの大胆さにただただ唖然です・・・。


2人目のドーラ役にはフランセス・コンロイ。

「シックス・フィート・アンダー」のルース・フィッシャー役の彼女より若く見えます。


3人目のカルメン役にはジェシカ・ラング。

名前は何となく聞き覚えがあったのですが、この作品で初めて観ました。大女優さんだそうで・・・。


4人目のペニー役にはティルダ・スウィントン。

キアヌ・リーヴスの「コンスタンティン」で演じた大天使役の彼女とは思えないほど印象が違います。


どの女性にも差出人の手懸りとなる「ピンク色」のアイテムがありますが、シェリーにも、そしてウィンストンにも差出人としての疑惑があります。


個人的には、もし本当に息子がいて、4人の女性の中に差出人がいるのならペニーだと思うのですが・・・。他の3人ならドンが会いに来たのになぜ息子のことを隠すのかが疑問に残りますしね。


4人の女性でなければシェリーとウィンストンの共犯が有力かなぁ。


ということで、差出人の正体は謎のままですが、ラストでは息子を想う父親の気持ちに芽生えたドンが行動に表します。ドンに活力が戻れば良いのですが・・・。


ちなみに音楽がとてもユニーク。私には昭和歌謡やちんどん屋の音楽に聞こえてきました。



第58回カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ



★★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。