スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パットン大戦車軍団

Category : 徒然映画

パットン大戦車軍団


Comment:

猛将ジョージ・パットンの人物像を追う戦争映画。


その年のアカデミー賞作品賞を含む7部門を受賞したフランクリン・J・シャフナー監督の作品です。脚本にはフランシス・フォード・コッポラ監督も参加しています。


第二次世界大戦。アフリカ上陸作戦、ノルマンディー上陸作戦で名を馳せた猛将ジョージ・パットン。


オープニング・シーンの大きな星条旗の前でのスピーチは圧巻です。


このシーンだけでパットン将軍の人柄を決定付けていますね。


彼に精神論をぶつけても意味がありません。


動けない者は切り捨て、

動ける者は心が折れていようが出兵させる。


それが極端なんですよねぇ。


戦死した兵士には最大の賛美を捧げ、

精神が参っている無傷の兵士には厳しく叱責します。


「戦時下に何を弱気なことを言っている!」的な感じなのでしょうか?


「ナチスを倒すために!」

「お国のために!」


・・・というわけでは、どうやら無さそうで・・・彼は望みはただ1つ。


「戦争がやりたい。」


・・・のようでした。彼は戦争をやりたくてウズウズしているのです。


そんな彼ですから気性はもちろん激しく、暴言の繰り返し・・・マスコミのターゲットにされるのも当然の成り行きでした。


軍の上層部はパットン将軍を表舞台から引きずり落とそうとします。


はたして、パットン将軍は名誉を回復できるのか・・・。


パットン役にはジョージ・C・スコット。熱演ですね。この作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞していますが、受賞を拒否したことで話題になったとか。


映画としては、やはり広大なロケーションによる戦争シーンが見せ場になりますが、戦車が行列をなして渋滞になった時のパットン将軍の行動も意外な見せ場!?になっています。工事現場にいる交通整理のオジサンみたいです(^_^;


直属の部下であるコッドマン中佐とのやり取りはパットン将軍のことをよく知る人物としてナッツフォードでのエピソードをより面白く描いていましたが、戦友であるブラッドリー将軍との口論がやはりパットン将軍の人柄を象徴しているようでした。


まったく共感できないパットン将軍でしたが、部下たちからは尊敬されているようでした。でも、それを根拠付けるシーンがほとんどありませんでした。無茶な命令にも従う屈強な部下たちとの訓練シーンもまったく描かれていないので、パットン将軍と部下との絆については説得力に欠けていたような・・・。その辺りのエピソードも描いてくれれば、パットン将軍の印象も少しは変わったかも!?・・・変わらないか(^_^;


軍人の中の軍人。戦争の申し子。それがパットン将軍。良くも悪くも勝利国アメリカの作品でした。



★★★★★☆☆☆☆☆



Title:

PATTON


Country:

USA (1970)


Cast:

(Gen. George S. Patton Jr.)GEORGE C. SCOTT

(Gen. Omar N. Bradley)KARL MALDEN

(Field Marshal Erwin Rommel)KARL MICHAEL VOGLER

(Capt. Oskar Steiger)SIEGFRIED RAUCH

(Field Marshal Sir Bernard Law Montgomery)MICHAEL BATES

(Lt. Col. Charles R. Codman)PAUL STEVENS


Director:

FRANKLIN J. SCHAFFNER


Awards:

Academy Awards, USA 1971

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))GEORGE C. SCOTT

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))URIE McCLEARY

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))GIL PARRONDO

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))ANTONIO MATEOS

(Oscar(Best Art Direction-Set Decoration))PIERRE-LOUIS THEVENET

(Oscar(Best Director))FRANKLIN J. SCHAFFNER

(Oscar(Best Film Editing))HUGH S. FOWLER

(Oscar(Best Picture))FRANK McCARTHY

(Oscar(Best Sound))DOUGLAS O. WILLIAMS

(Oscar(Best Sound))DON J. BASSMAN

(Oscar(Best Writing, Story and Screenplay Based on Factual Material or Material Not Previously Published or Produced))FRANCIS FORD COPPOLA

(Oscar(Best Writing, Story and Screenplay Based on Factual Material or Material Not Previously Published or Produced))EDMUND H. NORTH


Golden Globes, USA 1971

(Golden Globe(Best Motion Picture Actor - Drama))GEORGE C. SCOTT


National Society of Film Critics Awards, USA 1971

(NSFC Award(Best Actor))GEORGE C. SCOTT


New York Film Critics Circle Awards 1970

(NYFCC Award(Best Actor))GEORGE C. SCOTT



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。