スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華氏911

Category : 徒然映画

華氏911


Comment:

アメリカ同時多発テロ前後の政府の動き、ブッシュ家の真実を追うドキュメント。


その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したマイケル・ムーア監督の作品です。


この作品を観た人は、ブッシュ元大統領のダメっぷりにただただ呆れるばかりでしょうね。


大統領選での不正疑惑。

「9.11」発生時に何をしていたのか。

その後の対応。


この手の作品は「編集の妙」も手伝って、マイナスイメージを強調してしまいがちですが、それでも彼の言動は正しいとは言えないですね。


それは、彼が大統領を退任するまでの結果(支持率が歴代ワースト1位)が証明していると思います。


でも、任期まで務めあげただけでも褒めるべきですかね。日本の首相たちはことあるごとに辞めていきますからね。


「責任をとって辞める」も度重なると「無責任」に見えてしまいます。


話がそれましたね(^_^;


驚くべきことはは、ブッシュ家とビンラディン家でしょうか。ブッシュ家の私利私欲が見え隠れしています。


政治と金はどの国でも切っても切れないものなのでしょうか。


アメリカを攻撃したことのない国。

攻撃すると脅してもいない国。


そのイラクへ武力侵攻する米軍。


大量破壊兵器はどこに?


アメリカ、イラク、すべての国民がブッシュ家の被害者であるかのようでした。


怒りだけが心に残りそうなテーマなのですが、そこはマイケル・ムーア監督の手腕なのでしょうか?怒りより失望を感じさせる編集に仕上げているようでした。


「華氏911」


このタイトルは、フランソワ・トリュフォー監督の「華氏451」をリスペクトして付けられたそうですが、トリュフォー監督はどう思うのでしょうかねぇ。


「君の作品と一緒にされてはたまらん!」・・・などと怒られそうな気がしますが(^_^;


「華氏451」は本が自然発火する温度。


それでは「華氏911」は・・・?


日本でのキャッチフレーズでは「自由が燃える温度」と付けられたそうですが、私は「人の感情が発火する温度」だと思いました。


テロの実行犯。

被害者。

被害者の遺族。

政府に対する不満。


戦争。


落ち葉に発火した炎が山火事となるように、すべては「9.11」で発火してから、世界に怒りと悲しみが広がってしまいました。


「華氏451」では、焼かれてしまう本を忘れないために、人が本となり後世に伝えていきます。


「華氏911」で本当に伝えたいことは、「政府批判」ではなく「この事件を忘れずに後世に伝えて欲しい。」というメッセージなのかもしれませんね。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

FAHRENHEIT 9/11


Country:

USA (2004)


Cast:

(Himself - Narrator)MICHAEL MOORE

(Himself (archive footage))GEORGE W. BUSH


Director:

MICHAEL MOORE


Awards:

Cannes Film Festival 2004

(FIPRESCI Prize(Competition))MICHAEL MOORE

(Golden Palm)MICHAEL MOORE


New York Film Critics Circle Awards 2004

(NYFCC Award(Best Non-Fiction Film))



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

これか~

9.11特集。4本は予想してみたのですが、あと1本はなんだろう?と思っていました。これですね。

ブッシュをこき下ろしてるそうですね。気持ちはわかる。
私はお馬鹿さんなブッシュが当選したとき、アメリカ国民を疑いました。討論とか見てても、お馬鹿さん丸出しなのに!!
そのポイントはマイケル・ムーアとは気が合いそうなのですが(笑)、全般的に彼とは相性が良くないようで・・・(v_v;)どうも好きになれないんです。で、これも観てない・・・。克服できる日は来るのだろうか!?←どっちでもいいって?(笑)。

ところで、ちょっと前に、おそらくこの映画とは真逆の、ブッシュ家の映画が公開されましたね。まだDVDは出てないかな?
そちらは興味があり、そのうち観てみようかな~と思っています。

特集の最後の1本、私の予想は当たるかなー((o(^-^)o))
「ほ」で始まる予想です☆


>saryaさんへ

はい。コレでした~♪
この映画を観てブッシュさんが好きになる人っているのかなぁ・・・(^_^;

私もマイケル・ムーア監督作品は今まで未見でしたが、
そんなに彼が画面に出しゃばってこなかったので、
ストレスなく観れましたよ。
でも、こういう作品は個人の主張を押し付けてしまう場合もあるので
あまり鵜呑みにしないほうがいいのかも知れませんね(^_^;

saryaさんが興味ある作品は、
オリバー・ストーン監督の「ブッシュ」でしょうか?
どんな作品なのか楽しみですね。

あと、最後の1本は「再会の街」でした。
「ほ」で始まる作品って何だろう・・・気になります。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。