スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨星ジーグフェルド

Category : 徒然映画

巨星ジーグフェルド


Comment:

ブロードウェーの大物興行師の生涯。


その年のアカデミー賞作品賞を含む3部門を受賞したロバート・Z・レオナード監督の作品です。


「巨星ジーグフェルド」


この邦題が迫力ありますよね。「北斗の拳」とかに出てきそうなフレーズです(^_^;


でも、ストーリーは世紀末でもアクションでもなく、ブロードウェーのショービジネスで一時代を築いた興行師フローレンツ・ジーグフェルドの生涯を描いています。


1893年、シカゴ。シカゴ万博で賑わうカイロ通りで「怪力男サンドウ」のショーに客を呼び込む支配人フローレンツがいました。元々、彼の家は音楽一家で、父は音楽専門学校の講師でもありました。しかし、フローレンツは音楽だけでは物足りず、ショービジネスの世界へ身を投じていました。


フローレンツの機転でショーは有名になるものの、サンドウをイカサマ呼ばわりする記事が掲載され、ショーは終了してしまいます。


しかし、フローレンツにとってはほんの小手調べ。彼の野望はニューヨークでビッグになること。彼は新たなパートナーを捜しにヨーロッパへ旅立つのですが・・・。


ポジティブ人間。そんな言葉が当てはまる男フローレンツ。彼には恐れなど微塵もないようです。何度も破産してもへこたれず、次のビジョンを掲げています。そういうところは見習うべきかもしれませんね。


でも、彼の場合には多額の資金と優秀な人材が必要でした。


そこへ登場するのが、ライバルであり、悪友でもあるジャック・ビリングス。彼も興行師でシカゴ万博の頃から常にフローレンツと競い合っていました。


本来はジャックのほうが優秀な人材を見つけ出し、資金も効率よく運用できる優秀な興行師であるはずなのに、なぜか、いつも良い所でフローレンツに人材を横取りされたり、資金を援助したりとやられ放題・・・(^_^;


そのやり取りが面白おかしく描かれているのですが、それがラストの感動への伏線だったとは・・・友情万歳。


フローレンツはロンドンでスカウトした(もちろん、ジャックから横取りして)フランスの美人女優アンナ・ヘルドとニューヨークへ渡り、ショーは見事に成功・・・2人は結婚します。


幸せの絶頂かに見えた2人でしたが、フローレンツにとって「結婚」が幸せではありませんでした。


「すべての女性を幸せにしたい。美しく魅せたい。」


それこそが彼の幸せだったようです。


彼は新たなショーとして自らの名前を掲げた「ジーグフェルド・フォリーズ」を開演します。


この演目がすごい!圧巻です!


この映画が白黒映画だったことが悔やまれますが、それでも華々しい衣装、そして、驚愕のステージに息の呑むことでしょう。


次々と女性たちの秘めた才能を見出しブロードウェーへと導くフローレンツ。しかし、アンナのコーラスだったオードリーがフォリーズの主役になった頃から、仕事と家庭に影が見え始め・・・。


後半はフローレンツの低迷期がメインとなります。彼を支えるのは赤毛の女性ビリー・バーグ。アンナと入れ替わるように彼女が登場するのですが、アンナの秘めた想いにフローレンツは気付かなかったのですかねぇ。女性を知り尽くしていたフローレンツなら判りそうなはずなのですが・・・。


アンナのラストシーンは痛々しかったですね。アンナ役のルイーゼ・ライナーは、この作品でアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。


ショーもことごとく不評に終わり、とうとう銀行からの融資も受けられない状態へと落ちてしまいます。


今まで見せたことがなかったフローレンツの落ち込む姿。


しかし、とある出来事をきっかけに彼は再起を誓います。またビリーの後押しも良かったですね。アンナとの違いがあの辺りにあったのかもしれません。


フローレンツ役にはウィリアム・パウエル。フローレンツは熱血漢というわけでなく、紳士的なイメージを強く感じたのですが、それは彼が演じたからなのでしょうか。女性を口説くシーンやジャックとのやり取りも相手がオーバーリアクション気味に演じているので、そのギャップが面白かったです。


ラスト。


途方もない挑戦に挑むフローレンツ。


成功と失敗。


ショービジネスに人生を捧げた男・・・栄光の記憶として残る偉大な人物の人生はショービジネスそのものでした。



★★★★★★★★☆☆



Title:

THE GREAT ZIEGFELD


Country:

USA (1936)


Cast:

(Florenz Ziegfeld Jr.)WILLIAM POWELL

(Billie Burke)MYRNA LOY

(Anna Held)LUISE RAINER

(Billings)FRANK MORGAN

(Fannie Brice)FANNY BRICE

(Audrey Dane)VIRGINIA BRUCE

(Sampston)REGINALD OWEN

(Ray Bolger)RAY BOLGER

(Sidney)ERNEST COSSART

(Dr. Ziegfeld)JOSEPH CAWTHORN

(Sandow)NAT PENDLETON


Director:

ROBERT Z. LEONARD


Awards:

Academy Awards, USA 1937

(Oscar(Best Actress in a Leading Role))LUISE RAINER

(Oscar(Best Dance Direction))Seymour Felix For "A Pretty Girl Is Like a Melody".

(Oscar(Best Picture))


New York Film Critics Circle Awards 1937

(Best Actress)LUISE RAINER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。