スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルジャーノンに花束を

Category : 徒然映画

アルジャーノンに花束を


Comment:

知的障害の男の悲劇。


原作者ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」の映画化作品です。十代の頃、原作を読もうと本屋へ買いに行ったのに、なぜか「24人のビリー・ミリガン」を買ってしまったという思い出があります。


あれから20年。未だに原作は読んでいなかったので、「じゃあ、映画で。」ということに・・・(^_^;


この作品の上映時の邦題は「まごころを君に」。


観終わった後に思ったことは、「「まごころを君に」のほうが、しっくりくるなぁ。」ってことでした。


アルジャーノンがあまり活躍しません。もちろん、主人公チャーリー・ゴードンの親友として描かれていますが、どちらかというと、チャーリーとチャーリーを支えた女性教師アリス・キニアンとのラブ・ストーリーがメインになっているようです。


アルジャーノンは作品の象徴のような存在でした。


知的障害者のチャーリーは、パン屋の掃除夫として働きながら、知的障害者のための夜間学校に通っていました。


パン屋ではからかわれてばかりいるチャーリー。でも、それがいじめだと気付きません。気付くことができないのです。


夜間学校と併設されている研究所では知能を向上する実験が行われていました。


動物実験で手術を施されたネズミ・・・その名は「アルジャーノン」。


アルジャーノンと迷路を解く競争をするチャーリーでしたが、勝つことができません。チャーリーのIQは70でした。


チャーリーは夜間学校の女性教師アリスに言います。


「利口になったら友達の話がわかるもの。」

「今はよくわからないんだ。」

「利口になってもっと仲良くなりたい。」


ニーマー教授とストラウス博士にチャーリーの手術を推薦するアリス。


そして、チャーリーに手術が施されるのですが・・・。


より多くのことを知る幸せ。

何も知らずに生きる幸せ。


どちらが本当の幸せなのか。チャーリーはどうだったのでしょう。IQは飛躍的に向上し、天才の域にまで達してしまいます。


しかし、それは知識の上でのこと。長い時間を積み重ねて得られる経験、精神面はどうやらIQのようにはいかないようです。


そして、チャーリーはアルジャーノンを通じて「ある事実」を知ってしまいます。


チャーリー役のクリフ・ロバートソンの演技に注目です。天才になったチャーリーと過去のチャーリーが対峙するシーンがあるのですが、表情がまるで別人です。ストーリーの流れのまま彼を見ているときは、そんなに変わっていないのではと思っていたので、ちょっとした驚きがありました。この作品で見事アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。


ラストシーンのチャーリーは幸せそうです。アリスはどう思っていたのでしょうか。これでよかったと思いながらチャーリーを見つめているのでしょうか。アリスはチャーリーを今後も支えていくのでしょうね。


チャーリーの笑顔はオープニングでの笑顔と同じように見えますが、彼の頭にはきっと知識を得る喜びとアリスとの思い出が詰まっている・・・オープニングとは違う幸せに満たされた笑顔のようにも見えました。


「まごころを君に」。


それは、チャーリーからアリスへの、そして、アリスからチャーリーへの感謝の言葉なのかもしれませんね。


やっぱり、原作も読んでみようかなぁ。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

CHARLY


Country:

USA (1968)


Cast:

(Charly Gordon)CLIFF ROBERTSON

(Alice Kinian)CLAIRE BLOOM

(Dr. Anna Straus)LILIA SKALA

(Dr. Richard Nemur)LEON JANNEY

(Mrs. Apple)RUTH WHITE


Director:

RALPH NELSON


Awards:

Academy Awards, USA 1969

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))CLIFF ROBERTSON


Golden Globes, USA 1969

(Golden Globe(Best Screenplay))STIRLING SILLIPHANT



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

観なきゃと思いつつ…

原作は読んでないのですけど、観なきゃ~と思いながらまだ観れてません(^-^;
記事読ませていただくと、「まごころを君に」というタイトルの方がぴったりなのだろうなぁという雰囲気が伝わってきます。
私も早く観なくちゃ~(笑)


原作

良かったですよ~!!!
実はもともとはテレビドラマでユースケサンタマリアがやってたのを見て、良いわ~このお話、と思ったのが最初なんですが、では原作も・・と読んでみたらこれが凄く良かった!
ダニエル・キイスの他の本もしばらく読みあさりました^^
で、この映画ですが、未見なんですよ~(^_^;)
当時は見ようと思ってたんですが、結局見なかったんですよね。
思い出させていただいたので、今度是非見てみようと思います♪


>じゅりさんへ

はい。「まごろこを君に」ほうがピッタリでしたね。
是非、ご覧頂いて確認してみてくださいね。

コメントありがとうございました。


>メルさんへ

おぉ~!やはり原作は素晴しいのですね。
これは是が非でも読まなくては!

映画のほうはアルジャーノンが活躍していないので、
もしかしたら原作の内容を大幅にカットしているのかもしれませんが・・・。

コメントありがとうございました。


無題


読者感想文の為に
アルジャーノンを読み終えました。

感動の余り、ケータイで
アルジャーノンに花束を
と検索し、それに関する情報やそれを読んだ方々の感想などを見回って貴方のブログにたどり着いたわけですが

是非とも原作読んじゃって~下さいッ(/_;)


>ちたさんへ

はじめまして。
原作を読まれたのですね。
感動されたことがコメントから伝わってきます。

これは是が非でも読まなければ!
素晴しい感想文が書けるといいですね。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。