スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリバー・ツイスト

Category : 徒然映画

オリバー・ツイスト


Comment:

孤児オリバー・ツイストの数奇な運命を描いたドラマ。


チャールズ・ディケンズ原作の作品で、数多く映画化されていますが、今回は「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督の作品を観ることに・・・ちなみに、原作は読んでいません。


舞台は19世紀のイギリス。1834年に成立した新救貧法によって貧困層たちは迫害を受け続けていました。何のための法律なのでしょう・・・。


貧しくても法に頼らず(頼れない?)暮らしている人々にとっては、法を受ける貧困層を忌み嫌うのも仕方ないことなのでしょうか・・・。


少年オリバーは孤児でした。養育院で育てられ9歳になり救貧院へやって来ましたが、そこで虐待を受け、問題児扱いされてしまいます。外へ働きに出してもそこでも理不尽な虐待を受け、オリバーはたまらず家を飛び出し、ロンドンへと向かうのですが・・・。


オリバーは何も悪いことをしていないのですが、なぜか人から信用されません。オリバーは葬儀屋に働きに出されるのですが、そこのサワベリー夫人の口が悪いこと。なぜノア少年に肩を持つのかがまったく理解できません。


主人であるサワベリーも尻に敷かれて反論できません。やさしそうな人なんですけどね。


オリバーはなぜ110キロもあるロンドンへ向かったのでしょう・・・原作を読むと判るのでしょうか?


ロンドンへ着いたオリバーはボロボロの状態でした。靴は擦り切れ、空腹のあまり立てずにいます。そんなオリバーに目をとめる1人の少年ジャック・ドーキンズ。「早業ドジャー」と呼ばれる彼はスリの名人でした。


市場から食べ物を盗み、オリバーに与えると彼のアジトであるフェイギンの家へと招くのですが・・・。


法によってすべての孤児を救えるはずもなく(1人も救っていない気もしますが・・・)、ドジャーのような子供たちも大勢いたのでしょうね。でも、救貧院にいる子供たちより活き活きと見えたのは気のせいでしょうか。


フェイギンはドジャーを含めた大勢の子供たちに盗むを働かせている老人です。基本、悪者なのですが、妙に憎めなかったりします。それは、子供たちに愛情も注いでいるからなのでしょう。オリバーにもやさしく接します。


オリバーは汚れを知らない誠実な少年でした。


初めてやさしくしてくれたフェイギンやドジャーたちに恩を感じ、自ら盗みを教えてもらい、恩を返そうとするのですが・・・。


オリバーのあの丁寧な言葉遣いは、誰に教えてもらったのでしょうね。救貧院にいた子供たちやフェイギンの家にいた子供たちとも明らかに異なる立ち居振る舞い。大人たちにもオリバーのように人を敬ったり、礼を重んじる人はいませんでしたね。


オリバーを見て「人から教えを受けたことへの感謝や礼儀」を忘れてはいけないことを教えられます。


悪に手を染めようとしてしまうオリバーでしたが、そこでようやくオリバーにも救いの神があらわれます。


ブラウンローとの出会いによって、オリバーにようやく平穏な暮らしが訪れるのですが・・・。


・・・フェイギンと組む極悪人ビルとトビーがオリバーを再び闇で覆ってしまいます。


はたして、オリバーの運命は・・・。


オリバー役にはバーニー・クラーク。愁いを帯びた表情がオリバーの置かれている境遇を見事に表現しています。


フェイギン役にはベン・キングズレー。彼だとはまったく判らないほどのメイクと演技です。ラストシーンの熱演が印象に残ります。


ラスト。


ドジャーを含め、少年たちの心は荒んではいませんでした。

仲間や家族の絆を大切にする想いは失っていませんでした。


でも、ドジャーたちを育てたのはフェイギンなんですよねぇ・・・フェイギンは悪人?善人?


オリバーはフェイギンの真の姿を感じていたのでしょうか・・・やっぱりフェイギンは善人だったのかもしれませんね。ドジャーたちはフェイギンをどう思っていたのでしょう?


ラストシーンのオリバーが聖人のように見えました。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

OLIVER TWIST


Country:

UK/Czech Republic/France/Italy (2005)


Cast:

(Oliver Twist)BARNEY CLARK

(Mr. Bumble)JEREMY SWIFT

(Mr. Limbkins)IAN McNEICE

(Mr. Sowerberry)MICHAEL HEATH

(Mrs. Sowerberry)GILLIAN HANNA

(Charlotte)TERESA CHURCHER

(Noah Claypole)CHRIS OVERTON

(Fagin)BEN KINGSLEY

(Artful Dodger)HARRY EDEN

(Charley Bates)LEWIS CHASE

(Nancy)LEANNE ROWE

(Bill Sykes)JAMIE FOREMAN

(Toby Crackit)MARK STRONG

(Barney)JAKE CURRAN

(Mr. Brownlow)EDWARD HARDWICKE

(Mrs. Bedwin)FRANCES CUKA


Director:

ROMAN POLANSKI



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

考えてみると

こんばんは
今になって考えてみると、なぜポランスキがこの映画を撮ったんだろう??というのが一番の謎だったりして^^;

フェイギンの二面性は一番面白いところかもしれませんね。惹かれます。原作でもそうなのでしょうか?(ワタシも未読です・・・)


>manimaniさんへ

「監督が自分の子供に見せたいから」という理由が
どこかに掲載されていたかと思います。

オープニングとラストがどことなく童話っぽく見えたのは
そのせいでしょうか・・・?

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「オリバー・ツイスト」ロマン・ポランスキ

オリバー・ツイスト プレミアム・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る かねてから産業革命期のイギリスには住みたくないなあと思っていたりするわけですけど、ディキンズ原作のこの作品は産業革命もほぼ進行し尽くしたころのお話。極端な貧富の差で底辺で
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。