スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスの恋

Category : 徒然映画

アリスの恋


Commnet:

夫を亡くした妻が息子と自立していく姿を描いたドラマ。


マーティン・スコセッシ監督の初期作品です。女性の自立を描いた作品で、ヒロインのアリスを演じるエレン・バースティンが製作会社と企画から参加していた作品です。エレン・バースティンは監督を決める際、フランシス・フォード・コッポラ監督に相談、監督から「「ミーン・ストリート」を観てごらん。」と言われたそうです・・・未見なので観なければ(^_^;


今だと女性の自立を描いた作品は溢れるぐらいにありますが、1970年代前半では少なかったのでしょうね。強く生きようと決意するアリスを演じたエレン・バースティンは、アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。


少女の頃から歌手になることを夢見ていたアリス。


しかし、現在のアリスは35歳。夫ドナルドと11歳の息子トミーに振り回されながらニューメキシコ州ソコーロで専業主婦をしています。


何かにつけて怒鳴るドナルド。アリスへの愛も冷めているのでしょうか。


イタズラ好きなトミーに手を焼くアリス。ドナルドとトミーの喧嘩も絶えません。


懸命に家族の輪を取り戻そうとするアリスでしたが、ドナルドの突然過ぎる事故死によって事態は急変します。


2000ドルの貯金はドナルドの葬儀で使い果たし、残りは1ドル59セント。


トミーを養うには働かなくてはなりません。


実はアリス、19歳の頃に夢を実現していたのです。モンテレーで歌手として活躍していたアリスは、ドナルドに歌手を続けることを反対され、結婚を機に引退していたのです。


縛られるものは何もなくなったアリスは、若かりし頃の夢を再び叶えようと、トミーを連れてモンテレーへと旅立つのですが・・・。


アリスは負けん気の強い、ガッツのある女性ですね。歌手になれる保障なんてどこにもないのに、あの自信はどこから来るのでしょうね。


気持ち的に若いのかなぁ。トミーとのコミュニケーションが面白かったですね。途中、お金が無くなり歌手として仕事を探すため、衣装を新調してヘアスタイルも変えた姿をトミーに披露したシーン。トミーがドアを閉める絶妙なタイミングにウケました。


喪に服するという言葉はアリスの辞書にありません(^_^;


仕事を探すだけでなく、男とも付き合うように・・・。


1人目は年下のベン。笑顔を振りまく陽気なベンを拒みつつ次第に惹かれていくアリスでしたが・・・。


ベン役にハーヴェイ・カイテルですからね。あの展開は当然の成り行きかも・・・(^_^;


にしても、怖すぎます。本当に殺されそうです(T_T)


2人目はデービッド。トゥーソンまでやって来たアリスとトミー。また金が無くなり、アリスはとうとう歌手を諦めウエートレスとして働き始めます。


「メルとルビーの店」は、繁盛している食堂です。ルビーは過労のため亡くなり、メルが店長兼コックとして切り盛りしています。先輩のウエートレスには、


下ネタ全開、汚い言葉しか吐かないフロー。

要領が悪くオドオドしたベラ。


がいました。アリスは生理的にフローを毛嫌いするのですが・・・。


フロー役のダイアン・ラッドのセリフが強烈です(^_^;


娘のローラ・ダーンがノンクレジットで出演していたそうですが・・・まったく判りませんでした。


デービッドはメルの店に通う若い牧場主。妻と子供に逃げられ、現在は1人で暮らしています。トミーは馬に乗れて大はしゃぎ。しかし、アリスは悩みます。


恋をとるのか、歌手をとるのか・・・。


デービッド役のクリス・クリストファーソンが実直な牧場主を好演しています。


トミーもギター教室に通い、そこでオードリーと親しくなりますが・・・。


私、最後で初めて判ったのですが、オードリーは女の子だったのですね。しかも、オードリーを演じていたのがジョディ・フォスターだったとは・・・。「タクシードライバー」への布石をしっかりと打っていたのですね。


ラスト。


トミーを叱ったデービッドを責めるアリス。個人的には叱って当然、逆に、よその子を叱れるしっかりした男だと褒めたいくらいでしたが、アリスにとっては、ドナルドやベンのような攻撃的な男にしか見えなかったのでしょうね。


ラストの展開は映画だから言えるような、そこまで愛せるのかと、私がデービッドと同じ立場ならちょっと真似できませんが、「女性の自立」を掲げたこの作品としては、理想的な収束点なのかもしれませんね。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

ALICE DOESN'T LIVE HERE ANYMORE


Country:

USA (1974)


Cast:

(Alice Hyatt)ELLEN BURSTYN

(Tommy)ALFRED LUTTER III

(Donald)BILLY GREEN BUSH

(Bea)LELIA GOLDONI

(Ben)HARVEY KEITEL

(Flo)DIANE LADD

(Mel)VIC TAYBACK

(Vera)VALERIE CURTIN

(David)KRIS KRISTOFFERSON

(Audrey)JODIE FOSTER

(Alice, Age 8)MIA BENDIXSEN


Director:

MARTIN SCORSESE


Awards:

Academy Awards, USA 1974

(Oscar(Best Actress in a Leading Role))ELLEN BURSTYN



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。