スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンバセーション …盗聴…

Category : 徒然映画

カンバセーション …盗聴…


Comment:

盗聴屋の男の苦悩を描いたサスペンス。


その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したフランシス・フォード・コッポラ監督の作品です。同じくパルム・ドールを受賞した監督作品「地獄の黙示録」よりも前に製作されています。


「地獄の黙示録」では前半が戦争映画、後半がアドベンチャー&主要キャストの心理・精神世界を描いていましたが、この作品では前半がサスペンス、後半が主人公の心理・精神世界を描いています。


この2段構えのテーマ、特に後半に心理・精神的なテーマを取り上げるのが監督作品の特徴なのでしょうか。


サンフランシスコ。ユニオン広場。多くの人々が行き交う公園に1組のカップルがいました。


そのカップルを尾行する男たち。彼らは民間の盗聴屋でした。


盗聴・監視の業界において、その名を知らない者はいないと言われているハリー・コールが彼らのリーダーでした。相棒のスタンやポールのサポートでそのカップルの会話を記録します。


事務所に戻り、記録したテープの雑音を消し、彼らの会話を鮮明にしていきます。


しかし、ハリーはその腕とは反対に心は既に疲弊しきっていました。


盗聴することに良心の呵責を感じ始めていたのです。


今まで、ターゲットのプライベートなど全く気にすることがなかったハリー。ただ、会話を記録し、依頼人に資料を直接渡す。徹底して守り続けた心の壁が次第に崩れ始めていました。


そして、カップルの会話から彼の心は大きく揺らぎ始めます。


「我々を殺す気だ。」


ここまでの導入部は「第三の男」と同じように、これからの展開を期待してしまうストーリーですね。前半はサスペンスをメインにしているものの、後半への布石も散りばめられています。


ハリーの人物像を前半から細かく描いています。


極端に施錠している玄関のドア。

愛する人であろうと決して部屋にはいれない。

電話をかけるときは公衆電話から。


と徹底した秘密主義。盗聴屋だからこそ、逆に盗聴・監視される危険を知っているのでしょうね。しかし、今回の依頼を機に彼の周りにもさまざまな変化が起き始めます。


下の階に住むミセス・エバンゲリスタ。

愛するエミー。

相棒のスタン。

ライバルのラモン。

ハリーを誘うメレディス。

ターゲットのカップル、マークとアン。

依頼人と依頼人の秘書マーチン。


彼らがハリーの心に揺さぶりをかけます。はたしてハリーは盗聴屋として仕事を全うするのか、それとも・・・。


ハリー役にはジーン・ハックマン。「フレンチ・コネクション」で魅せた攻撃的な男のイメージが強いですが、この作品では攻撃的ではあるもののどこか心に傷を負っている・・・人知れず苦悩する男を熱演しています。1人でサックスを吹くシーンがカッコ良いですね。


依頼人の秘書マーチン役にハリソン・フォードも出演していますが、この作品はジーン・ハックマンの存在感で他のキャストを圧倒しています。


ラスト。


サスペンスでのクライマックスとなるジャック・ター・ホテルでのシーン。あれは現実なのかそれとも幻覚なのか・・・。


しかし、正直、そのシーンはその後のハリーの心理・精神世界のクライマックスでどうでもよくなってしまいます。


左右にカメラがパーンするラストシーン。


虚無。

現実逃避。


ハリーの心が具現化した世界を表現しているかのようでした。



★★★★★★★★☆☆



Title:

THE CONVERSATION


Country:

USA (1974)


Cast:

(Harry Caul)GENE HACKMAN

(Stan)JOHN CAZALE

(William P. 'Bernie' Moran)ALLEN GARFIELD

(Mark)FREDERIC FORREST

(Ann)CINDY WILLIAMS

(Paul)MICHAEL HIGGINS

(Meredith)ELIZABETH MacRAE

(Amy Fredericks)TERI GARR

(Martin Stett)HARRISON FORD


Director:

FRANCIS FORD COPPOLA


Awards:

Cannes Film Festival 1974

(Golden Palm)FRANCIS FORD COPPOLA

(Prize of the Ecumenical Jury - Special Mention)FRANCIS FORD COPPOLA



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

今月には…

ずっと見逃しつづけていたのですけど、今月放送があるみたいなので、レンタルリストから録画予約に切り替えました(笑)
やっばり面白そうですね~^^
観るのが益々楽しみになってきました♪


孤独な虚無感

ジーン・ハックマン渋かったですね。
盗聴という仕事を生業としてきたために、彼は誰も信じることが出来ず、ひたすら孤独な世界に埋没するしかなかったのか。
サックスの音色が彼の寂しさと呼応し切なかったです。
TBさせてくださいね。


>じゅりさんへ

サスペンスというより、
主人公の心の変化を注目すると面白いと思います。

レビュー楽しみにしています(^-^)

コメントありがとうございました。


>PU-KOさんへ

「フレンチ・コネクション」でも思ったのですが、
ジーン・ハックマンってこんなにカッコ良かったのですね。
サックスを吹くシーンが渋すぎます。

サスペンスよりハリーの心の世界のほうが、衝撃がありました。

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カンバセーション…盗聴…

{{{ 1973年(米) 監督・脚本:フランシス・フォード・コッポラ 出演:ジーン・ハックマン/ジョン・カザール/アレン・ガーフィールド/ハリソン・フォード/テリー・ガー ロバート・デュヴァル/フレデリック・フォレスト/シンディ・ウィリアムズ 【ストーリー
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。