スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vフォー・ヴェンデッタ

Category : 徒然映画

Vフォー・ヴェンデッタ


過去ログ:2006年4月24日(月)

監督:ジェイムズ・マクティーグ

キャスト:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング


第三次世界大戦後のイギリス。一見平和のように思える国民の暮らしは、常に盗聴、監視されるという政府による独裁主義国家と化していた。11月5日、美しい女性イヴィーは、夜間外出禁止令を破り、政府の手先に捕まりかけるが、そこに仮面を被った謎の男「V」が助けに入る。「V」はイヴィーを連れ、裁判所を爆破する。そして「V」は国民に「恐怖政治からの解放を望むのであれば、来年の11月5日、議事堂に集まるのだ!議事堂を爆破する!」と宣言する。イヴィーはこの日から「V」の協力者として政府に追われてしまう。


はたして、1年後に国民は集まるのか?イヴィーの運命は?そして「V」の正体は?


Comment:

いつも逃げてばかりのイヴィーの生活だったが、「V」と出会い、彼女の考え方も変化していく。彼女の中には反政府活動家の父と母の血が濃く受け継がれていたようだ。「V」の考え方は実に論理的でそして冷徹。しかし、イヴィーを立ち直られるためとはいえ、あの方法は酷すぎる・・・。彼の悲しみと比べたら取るに足らないことかもしれないが・・・。あと、政府のトップである議長の名前・・・少々、安直過ぎる気が・・・。


One More:

ナタリー・ポートマンが丸刈り&コスプレ姿と体当たり?演技を披露したこの作品。

彼女はもう「カワイイ」というより「キレイ」と言ったほうがいいかもしれません。

子役から着実に成長を遂げている数少ない女優さんですね。


「V」役のヒューゴ・ウィービングは、「マトリックス」でエージェント・スミス役を演じただけあって、アクションはさすがといったところ。しかし、一切、顔は拝めません。アクションができれば誰でも良かったかも・・・いや逆に、顔で表現できない分、難しい役立ったのかな?う~ん???


脚本と製作には「マトリックス」シリーズのアンディ&ラリー・ウォシャウスキー兄弟が担当しています。彼らならではのアクションとCG、世界観が随所に散りばめられています。なるほどって感じです。


ストーリーは「マトリックス」より複雑ではないですが、派手さはないかも。でも、「生きる勇気」を与えてくれる力強い作品に仕上がっています。PG-12映画だけあって、途中、悲惨なシーンがありますが・・・^_^;



追記:

製作:2005年、イギリス/ドイツ


この作品は、去年、久々に映画館へ行って観ました。

チケット売り場のお姉ちゃんに「Vフォー・ヴェンデッタを・・・」と、舌を噛みそうなタイトルを少し緊張して言っていたのを覚えています。



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

索引から検索して…

わたくしもこれ、劇場で観たんですよ。友達3人で、しかもかなりヒューゴに期待して。
そしたらあのいきなりのVのエプロン姿…なんか笑っちゃったなぁ~。
それにすごく切れモノという印象のVが最後はあっけなかったのがちょっと…。これはコメディか!?と思いました。
映画の日だったので1000円だったからまだ許せるけど、1800円だったらソンした気分だったかもしれません。


>ぬーさんへ

ヒューゴ・ウィービングは
結局、仮面を外しませんでしたからね。

強靭な肉体を持っていても心は人間。
戦いばかりの日々に疲れてしまったのではないでしょうか?

コミックが実写化された作品と同じような気分で
楽しめば良かったのかもしれませんね。

ちなみに、私は1,800円払いました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。