スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カサンドラ・クロス

Category : 徒然映画

カサンドラ・クロス


Comment:

伝染病に感染した乗客を乗せた列車内で繰り広げられるノンストップ・パニック・ムービー。


欧州映画ですが、ハリウッドさながらのアクション・パニック・ムービーに仕上がっています。


ジュネーヴにある国際保健機構本部に、救急隊員に装ったスウェーデン人のテロリストたちが奇襲をかけます。ガードマンたちも応戦しますが、その場所がアメリカ政府が不法に新種の細菌を培養していた研究室だったのです。


3人のテロリストのうち、1人は射殺、2人は細菌を培養していた溶液を浴びてしまい、1人は隔離、もう1人は逃亡してしまいます。


アメリカ陸軍情報部のマッケンジー大佐が指揮を執り、逃亡した男を捜索する一方、隔離された病院の主任医師を呼び寄せ、男の感染状況を報告させます。


主任医師は、ワクチンはと訊ねますが、マッケンジー大佐はワクチンはないことを、そして、極秘裏に研究していた細菌のため、真相を隠したまますべてを処理しようと画策するのですが・・・。


バーゼル・パリ・アムステルダム経由ストックホルム行きのヨーロッパ大陸横断特急。


医学賞を受賞したジョナサン・チェンバレン博士。

チェンバレンの元妻で作家のジェニファー。

西ドイツの兵器製造業者のドレスラー夫人。

ドレスラーの浮気相手で登山家のナバロ。

陽気な老人カプラン。

黒人の神父ヘイリー。


一等車の乗客たち・・・。


しかし、誰も気づきませんでした。貨物車に逃亡したスウェーデン人が隠れていたことを・・・。


現在、「新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)」が世界中のトップニュースになっていますが、この作品は感染スピードが早い細菌が列車中に伝染してしまいます。


ニュースでは、飛行機の中で防護服を着た検疫所の職員たちが映し出されていましたが、この作品では同じような防護服を着た軍人たちが列車内に乗り込みます。


飛行機は完全な密室状態でしょうから、乗客に中に感染者がいるかと思うとちょっと怖いですね。


この作品では、感染が判った時点で、乗客たちを外へ出さずに窓とドアのすべてを溶接して、完全密閉状態にしてしまいます。そして、ストックホルムへは行かず、今は使われていないユダヤ人強制収容所があるヤノフへと進路変更してしまうのです。


ワクチンもない、病院へ行くことも許されない乗客たち。


さらに、もう1つの不安材料がありました。


ヤノフへ行くためには鉄橋を渡る必要がありました。


その名も「カサンドラ・クロス」。


しかし、鉄橋はしばらく使っていなかったため老朽していたのです。


はたして、マッケンジー大佐の思惑は・・・。そして、ジョナサンたち乗客たちの運命は・・・。


リチャード・ハリス。

バート・ランカスター。

ソフィア・ローレン。

エヴァ・ガードナー。

マーティン・シーン。

O・J・シンプソン。


よくキャスティングできなたなぁと感心してしまいます。マーティン・シーンが若すぎて彼だと気づきませんでしたが(^_^;


ストーリー上、ワクチンがない伝染病というのは、得てしてご都合主義的に終わらせることができてしまうので、ここはやはり「カサンドラ・クロス」に辿り着く前に、ジョナサンたちが解決できるのかを焦点に観たほうが面白いかもしれませんね。


あと、人のエゴもテーマになっているのかなぁ。


ジョナサンとジェニファーの仲。

離婚したきっかけはそれぞれエゴがあったのでしょうか。


ドレスラー夫人とナバロの関係。

何でも思い通りなると思っている夫人。ナバロにも秘密が・・・。


そして、人のエゴによって悲しい過去を持つカプラン。


マッケンジー大佐も自分の地位のためというエゴが働いていたのではないでしょうか。


しかし、そのマッケンジー大佐も・・・すべてを闇の中に消し去ろうとする巨大な影が感じられるラストでした。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

THE CASSANDRA CROSSING


Country:

West Germany/Italy/UK (1976)


Cast:

(Jennifer Rispoli Chamberlain)SOPHIA LOREN

(Dr. Jonathan Chamberlain)RICHARD HARRIS

(Robby Navarro)MARTIN SHEEN

(Haley)O.J. SIMPSON

(Max, the Train Conductor)LIONEL STANDER

(Susan)ANN TURKEL

(Dr. Elena Stradner)INGRID THULIN

(Herman Kaplan)LEE STRASBERG

(Nicole Dressler)AVA GARDNER

(Col. Stephen Mackenzie)BURT LANCASTER

(Swedish Terrorist)LOU CASTEL

(Major Stark)JOHN PHILLIP LAW

(Tom)RAY LOVELOCK

(Mrs. Chadwick)ALIDA VALLI

(Terrorist)STEFANO PATRIZI

(Captain Scott)THOMAS HUNTER

(Katherine)FAUSTA AVELLI

(Nun)ANGELA GOODWIN


Director:

GEORGE P. COSMATOS



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。