スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この自由な世界で

Category : 徒然映画

この自由な世界で


Comment:

現代社会における外国人労働者問題を1人の貧しい女性を追いながら描いた社会派ドラマ。


悪循環が更なる悪循環を生み出す・・・混沌とした社会をイギリスの巨匠ケン・ローチ監督が浮き彫りにしています。


イギリス、ロンドン。人材派遣会社で働く女性アンジーは、ポーランドへ出向き、貧しいポーランド人たちを外国人労働者としてイギリスへ移民させる仕事をしています。


その行動力と負けん気の強さから職場でも有望視されていたアンジーでしたが、突然、解雇を言い渡されてしまいます。


33歳。


今さら新しい職に就くことが難しくもあり、何より「人から命令されて動く」ことが嫌になったアンジーは、自らのスキルを活かすため、ルームメイトのローズを巻き込んで、職業紹介所を設立します。


しかし、そのための資産はどこにもありません。


アンジーは、とりあえず馴染みの飲み屋の隣にある空き地を借りて、役所に申請しないまま、職にあぶれた移民たちに仕事を紹介します。


しかし、仕事を与えるものの派遣先からは真面目に仕事をしないとクレームが出てしまいます。


困っていたアンジーに派遣先の社長が「ある提案」をします。


それは、労働許可証を持たない不法入国した外国人を雇うこと。


お金がない貧しい彼らはどんな仕事でも真面目に働き、しかも、格安で雇えるとアドバイスします。


しかし、それは入管法違反であり、5年の実刑となる紛れもない犯罪・・・。


はたして、アンジーの決断は・・・。


アンジーのような人がいると、職場では頼りになりますよね。彼女にはキャリアがなくても、行動力、決断力、ひらめき・・・仕事をする上で必要とされるスキルを十分に持っている女性だと思います。


ただ、彼女は環境に恵まれていませんでした。


せっかく就いた人材派遣会社では、セクハラを受けた際、啖呵を切ってしまったため、解雇されられたようなものでしたし・・・。


両親との関係も冷めきっているようでしたね。何があったのかは語られていませんが、若くして結婚したアンジーが出産し、その後、離婚。1人息子のジェイミーを両親に預け、家を出てしまったことが原因なのでしょうか。


「自分には才能がある。しかし、周りからは認めてもらえない・・・。」


その苛立ちがアンジーを間違った方向へと導いてしまったのでしょうね。


彼女を支えてくれる人もいました。


ルームメイトのローズ。彼女もアンジーと同じようにスキルがあるのに、それを活かせる職には付いていない女性でした。だから、アンジーの気持ちも理解し、サポートするようになったのでしょうね。


しかし、保守的なローズに対し、無鉄砲なアンジーの行動は度が過ぎていました。


アンジーは「ジェイミーのため」と弁解しますが、私には「自分のため」のようにしか見えませんでした。


アンジーは引き返すことができない領域に踏み込んでしまいます・・・そして、それが更なる悲劇を生んでしまいます・・・。


アンジー役のカーストン・ウェアリングが熱演すればするほど胸が痛みます。


しかし、この問題はイギリスだからと言うわけにはいきませんよね。日本でも「派遣村」と称し、突然解雇させられた派遣労働者を支援していたことも、まだ記憶に新しい出来事です。


日本人でさえ解雇させられてしまう現代の中で、日本で働く外国人労働者の立場は、この作品のようにより厳しいものになってしまうのでしょうか。


この悪循環を断ち切る術はないのでしょうか。いくら下の者が言っても、経済や政治のトップの人たちが行動を起こさないと無理なような気もします・・・。


でないとアンジーのように、トップの人たちの悪い面を見習い、目先の利益を追うことで、更なる悪循環を生み出してしまうのではないでしょうか。


まるで、自由なインターネットの世界でウイルスに感染したユーザーが知らずに他のユーザーにウイルスを広げてしまうかのように・・・。


社会の被害者であったアンジーが加害者になってしまう・・・。


「私は気にしない。自由な世界よ。」


アンジーの言葉が胸に突き刺さります。



★★★★★★★★



Title:

IT'S A FREE WORLD...


Country:

UK/Italy/Germany/Spain/Poland (2007)


Cast:

(Angela AKA Angie or Ange)KIERSTON WAREING

(Rose)JULIET ELLIS

(Karol)LESLAW ZUREK

(Jamie)JOE SIFFLEET

(Geoff)COLIN CAUGHLIN

(Cathy)MAGGIE RUSSELL

(Andy)RAYMOND MEARNS

(Mahmoud)DAVOUD RASTAGOU

(Derek)FRANK GILHOOLEY

(Tony)DAVID DOYLE


Director:

KEN LOACH


Awards:

Venice Film Festival 2007

(EIUC Award)KEN LOACH

(Golden Osella(Best Screenplay))PAUL LAVERTY

(SIGNIS Award - Honorable Mention)KEN LOACH



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

リストインしました~

この作品、恥ずかしながら先日やっと知った作品でして(^-^;
早速リストインしたばかりです。
『麦の穂をゆらす風』コンビなんですよね~
早く観たいわ~


ほんとにね~・・

アンジーは、すでにもう周りのことがなにも見えなくなってたのかもしれませんね~。
元々が悪い人じゃなかっただけに、あのように変わっていく様を見せつけられると、胸が痛みました。

そうそう、この問題はイギリスだけの問題じゃないですよね。
この自由な世界では、どの国も同じようなことが起こってるだろうし、日本だってすでに同じようなことが起こってますし。
自由市場というと聞こえは良いですが、やはり搾取する側とされる側という側面が出てきてしまうし、本当にすぐに答えの出ない問題ですが
この映画で、ずずずーーーんと心に響いて、残りました。
麦の穂・・も良かったですが、こちらの方がどっちかというと好きです。
がーーーんと来た衝撃度が重い・・という感じで。

しっかり作ってある良い映画だなぁって、思いました。


>じゅりさんへ

重い作品なので、気を引き締めてご覧くださいね(^_^;

レビュー楽しみにしています。

コメントありがとうございました(^-^)


>メルさんへ

ホント、しっかり作っている良質な作品でしたね。
初期の監督作品と比べると、
起承転結がしっかりしているように思います。

仰るようにアンジーは元々悪い人ではないんですよねぇ。
それ故に、彼女の変貌に心が痛みましたね。
決して彼女個人のせいだけではないと思うんですよねぇ。
環境や社会。みんなで改善すべきだと思うのですが、
先導すべきトップの人たちがダメだと・・・難しいですね。

コメント&TBありがとうございました。


おひさしぶりです!

この作品・・早く観たいのですが!!
このところの忙しさで、観たい作品リストに追いつきません(涙)

観る予定のものは、記事をスルーさせていただいていますので、ひでさんの記事もさらっと観ただけなのですが・・・
早く観よう!と思いました♪


>Dさんへ

お忙しそうですね。

この作品もケン・ローチ監督らしい
重く、そして、考えさせられる作品です。

早く観れるといいですね♪

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「この自由な世界で」

とてもシニカルで残酷な“Free World”でした・・・

この自由な世界で

【IT'S A FREE WORLD...】 シングルマザーとして職業紹介所で働いていたアンジーは その会社の上司に酒の席でセクハラをされ、怒って水をかけたことでクビになる。 仕事がなくなったアンジーはルームメイトのローズと自分たちで新しい会社を作ることにする。

この自由な世界で

2008 イギリス イタリア ドイツ スペイン 洋画 ドラマ 作品のイメージ:切ない、ためになる 出演:キルストン・ウェアリング、ジュリエット・エリス、レズワフ・ジュリック、ジョー・シフリート 「ファーストフード・ネイション」の英国版とも言えるような、先進国が弱
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。