スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L.A.コンフィデンシャル

Category : 徒然映画

L.A.コンフィデンシャル


過去ログ:2006年2月20日(月)

監督:カーティス・ハンソン

キャスト:

ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、ジェームズ・クロムウェル

キム・ベイシンガー、ダニー・デヴィート


1950年代のロサンゼルス。警察では正義の名のもとに暴力も振るい乱れた街を制していた。ある日、1本の電話が鳴る。男女6人が惨殺されたのだ・・・!女性を助け本能のままに行動するバド、出世のためなら仲間も裏切る頭脳派のエド、名声を得ようとすることにしか興味はないが実は頭の切れるジャック。真実を求め3人の刑事は独自の捜査を始める・・・。しかし、この事件はただの惨殺事件ではなく、暗黒街を支配しようとする黒幕の序章に過ぎなかった。


Comment:

バド、エド、ジャックの3人は性格や考えは違うのだが、惨殺事件を機に「正義」とは何なのか?ということをそれぞれ考えるようになる。三者三様の答えを見出しているようであるが、幸せ者はバド?エド?・・・ジャックではないことは確かである。バドとエドに絡んでくる娼婦リンの美しさには圧倒されるが、その美しさも初めは作られた美しさからラストになるにつれて人間らしい美しさを取り戻すようになる。紅一点のリンが男臭い映画に華を添えている。


One More:

この作品で初めてラッセル・クロウを知りました。

おぉ~声が渋い。またすごい俳優が出てきたぞ。と思ったものです。

しかしこの映画と同様、プライベートでも暴れん坊だと知りちょっとイメージが崩れました・・・寡黙な男だと思っていたのですが・・・。


この作品のクレジットを見ると、ケビン・スペイシーが初めなので、彼が主役なのかな?・・・そうは見えませんけどね。でも彼は私の好きな俳優の1人。彼のラストシーンは迫真の演技でしたね。


最後にキム・ベイシンガー。酒屋でのバドに振り向くシーンが、ものすごく印象に残ります。この作品では男臭い連中ばかり出演しているので、余計にその美しさが引き立っていましたね。女優にとってはまさに役得?



追記:

製作:1997年、アメリカ



第70回アカデミー賞 助演女優賞、脚色賞

第55回ゴールデン・グローブ 助演女優賞

第23回LA批評家協会賞 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞

第64回NY批評家協会賞 作品賞、監督賞、脚本賞



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

おお、あった!

ひでさん、こんにちは!
ひょっとしたら、これご覧になってるかなあと探してみました(^_^)

ラッセル・クロウもケヴィン・スペイシーも、
この映画の前に1~2本観たかなという程度の認知度でした。
この頃でも、2人とも存在感のある役者でしたね。
他の出演者も今では大物ばかりの豪華な顔ぶれ。

バラバラの3者が、悪に対して一つにまとまるのが良かったです。
こういう男臭い映画、好きなんですよ(^^;

Re: おお、あった!

「セブン」、「ユージュアル・サスペクツ」と
ケヴィン・スペイシーが大注目されていた頃でしたよね。

この作品の男臭さは私も大好きです^^
もちろん、キム・ベイシンガーの美しさもね^^
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

L.A.コンフィデンシャル

久々に観たけど、めっちゃカッコよかった~~!! 密度の濃い男の世界に、ゾクゾクきた~★ 監督:カーティス・ハンソン  製作:1997年 アメリカ 原作:ジェームズ・エルロイ 出演:*ラッセル...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。