スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルース

Category : 徒然映画

スルース


Comment:

犯罪推理作家と舞台役者の攻防を描く心理サスペンス。


1972年に製作されたジョセフ・L・マンキウィッツ監督の「探偵 <スルース>」をケネス・ブラナー監督がリメイクした作品です。


オリジナル版は未見なのですが、今回のリメイク版を観て、オリジナルが観てみたくなりました。


このリメイク版は「舞台劇」ですね。


監督がケネス・ブラナーだからなのか、それともオリジナルも「舞台劇」のようなイメージなのか・・・。


まず、印象に残るのが舞台となる犯罪推理作家アンドリュー・ワイクの屋敷ですね。


この屋敷に売れない舞台役者マイロ・ティンドルがやって来ます。


用件は「アンドリューの妻マギーとの離婚を成立させること」でした。


マイロはマギーの浮気相手で、マギーと結婚したいと願っています。


アンドリューはマイロを屋敷へと招き、2人きりの交渉が始まるのですが・・・。


この屋敷がまぁ凝った作りをしています。居心地悪そうな生活感ゼロの屋敷。


インテリア・デザイナーであるマギーのセンスなのでしょうか。家具もなんじゃこりゃって感じです(^_^;


さらに、リモコンであちこちの壁が動いて奥に部屋が現れたりします。これはアンドリューのセンスなのかも・・・。


舞台セットであるかのような屋敷です。


映画としては、部屋を移動しながら交渉する2人の様子を、家具やモニュメントなどを用いて独特のアングルから映しています。


さらに舞台劇のように感じた要因として、終始アンドリューとマイロだけしか登場しないほぼ密室状態の2人劇にあります。


途中、ロンドン警視庁のブラック警部が登場しますが・・・。


アンドリュー役のマイケル・ケインとマイロ役のジュード・ロウの演技対決が見どころですね。


ちなみに、テレビに映る人物はケネス・ブラナー監督と脚本を担当したノーベル文学賞作家ハロルド・ピンターだそうです。


終盤になると、セリフがない顔のアップだけのカットも目立ってくるのですが、その表情には頭の中で目まぐるしく次の展開を予測している様子が伝わり、ピリピリとした緊張感を与えています。


オリジナル版ではマイロ役がマイケル・ケイン。アンドリュー役はローレンス・オリヴィエだそうで、こちらにも興味がそそられます。


ストーリーは初めのうちはどうなるのだろうとあれこれ推理しながら観ていたのですが、中盤辺りから止めてしまいました。


本筋から次第に離れてしまっているような・・・(^_^;


もうマギーのことなどどうでもいい。ただ目の前にいる男に勝ちたい・・・そんな感じでしたね。


平静を装いながら、頭の中ではフル回転しているアンドリューのマイケル・ケイン。

ストレートに感情を表現しながらアンドリューを追いつめるも不安を隠せないマイロのジュード・ロウ。


2人の演技に注目すべきですね。


ラスト。


あっけない幕引きでした。


結局、誰が勝ったのか。


ここからは私の妄想ですが、最後に勝ったのはマギーではないでしょうか?


マギーはアンドリューとマイロの性格を知り尽くしていました。2人を対峙させれば、結果は目に見えていたのではないでしょうか。


あの後、マギーは警察を呼び、あの屋敷と財産は独り占め・・・そう考えるとあのタイミングで来訪するマギーにも納得してしまうのですが・・・。


2人の男を虜にする魔性の女マギー。写真でしか登場しない彼女が一番のワル者かも!?



★★★★★★☆☆☆☆



Title:

SLEUTH


Country:

USA (2007)


Cast:

(Andrew)MICHAEL CAINE

(Milo)JUDE LAW


Director:

KENNETH BRANAGH


Awards:

Venice Film Festival 2007

(Queer Lion - Special Mention)KENNETH BRANAGH



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

見事にハマりました(笑)

これはハマりました~
劇場で観れたのですけど、思いっきり「じゅり好み」の作品でした~
そうそう、「夫VS妻の愛人」という構図だけど、その原因となったマギーの事は描かれてないんですよね。
目の前で繰り広げられる二人の演技に惹き付けられました。
オリジナルはまだ観れてないのですけど、今月放送予定なので観ますよ~^^
トラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

劇場で観られたのですね。
舞台劇のようでしたから、
映画館で観るとそのイメージも際立ったのでは?
そうそう、マギーのことは描かれていませんでしたね。
謎の女性にするなら、
写真も映さなければ良かったのに思ってしまいました(^_^;
マイケル・ケインとジュード・ロウの演技対決に惹き付けられました。

コメント&TBありがとうございました。


どこまでゲームなのか

ひでさん、こんにちは!
ひでさんの推理は私としては全く思い浮かばなかったものですが、
そういう見方もまた興味深いですね~

私は、2人とも女は最初からどうでもよかったように見えました。
つまり・・ゲイの関係にあったような・・・?
最後に、マイロが「美容師としてやって来た自分をこんな風にした」
みたいな感じの事を言っていたのが本音に聞こえたんですよ。


>YANさんへ

確かにジュード・ロウの妖艶な演技は
そのような関係をイメージさせてましたね。

でも、初めからどうでもよかったら、
2人が対峙するきっかけがなくなってしまうような・・・。

ストーリーとしては結局どうでもよくなってしまうのですけどね(^_^;

この作品は舞台で観たほうが面白いのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スルース

監督:ケネス・ブラナー 原作戯曲:アンソニー・シェイファー 脚本:ハロルド・ヒルター 音楽:パトリック・ドイル 出演者:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ 製作年:2007年 評価:★★★☆o(≧∇≦o) <marquee bgcolor=navy><font color=
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。