スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベッカ

Category : 徒然映画

レベッカ


Comment:

妻を亡くした裕福な良家の男性と結婚した普通の女性に忍び寄る恐怖を描いた作品。


その年のアカデミー賞作品賞を含む2部門を受賞したアルフレッド・ヒッチコック監督の渡米後の第一作目です。


南フランス、モンテカルロ。イーデン夫人と共にホテルに宿泊している母娘の差ほど離れている若い女性は、格式高いことで知られているマンデレーの主人マキシム・ウィンター男爵と出会い、電撃的に結婚することになります。


マキシムは先妻レベッカを海の事故で亡くし、失意のどん底にいましたが、その女性と出会い明るさを取り戻したかに見えました。


普通の女性から男爵夫人へ。


マンデレーの屋敷は男爵夫人が今まで見たこともない世界でした。


屋敷を仕切っていたダンバース夫人を筆頭に召使いたちが男爵夫人を出迎えますが、その眼は冷ややかでした・・・。


召使いたちは、男爵夫人を品定めするかのように、前妻のレベッカと比較します。


そして、男爵夫人は・・・。


いやぁ、怖かったですねぇ。


「見えない恐怖」が男爵夫人からひしひしと伝わってきます。いきなり別世界に飛び込んでしまった恐怖。まさか、あんな大きな屋敷だとは思っていなかったでしょうね。誰だって驚きます。


そして、「見えない恐怖」の象徴というべきレベッカの存在。気高く美しいレベッカ。貴婦人として申し分のないレベッカは召使いたちから愛され、その美しさは町の人たちにも広く知れ渡っていました。


そこへ、何も知らない男爵夫人が割り込んでくるのですから、皆良い気はしないわけです。しかも男爵夫人は普通の女性・・・洗練さのかけらもありませんでした。


召使いたちからの視線や亡きレベッカの重圧に耐えかねた男爵夫人は・・・。


「見える恐怖」はダンバース夫人ですね。いきなり男爵夫人の目の前に現れるダンバース夫人。瞬き一つせず語る様子はこの世の者ではないかのようです。狂信的に前妻レベッカを慕うダンバースは、男爵夫人に対し・・・怖すぎです(T_T)


しかし、事態は思わぬ展開へ。


レベッカの死の真実。


レベッカの夫マキシム。

レベッカの従兄妹ジャック。

レベッカを慕うダンバース夫人。


そして、レベッカの謎に巻き込まれていく男爵夫人。


いったいどんな結末が待っているのか・・・さすがアルフレッド・ヒッチコック監督。魅せ方が巧いですね。


カッとなる性格のその裏には・・・謎めいたマキシムをローレンス・オリヴィエが演じています。


男爵夫人は一度も名が呼ばれませんでしたね。「名前が呼ばれない。」その違和感も男爵夫人を不安にさせる1つの要素だったのかもしれませんね。でも、彼女は結構したたかでしたね。初めのオドオドした様子から、少しではありますが男爵夫人としての立ち居振る舞いを見せ始め、最終的にはあらぬ方向へと・・・表情や想いが二転三転する男爵夫人をジョーン・フォンテインが演じています。


あとはダンバース夫人役のジュディス・アンダーソン・・・メチャクチャ怖かったです(T_T)


ラスト。


マキシムの苦悩を嘲笑うかのようなレベッカ。

ジャックやダンバーズ夫人を人形のように操るレベッカ。

自分のいた場所に居座ろうとする男爵夫人を怯えさせるレベッカ。


すべてはレベッカによって支配されていたような・・・そんな気すら抱かせる作品でした。



★★★★★★★☆☆☆



Title:

REBECCA


Country:

USA (1940)


Cast:

(George Fortescue Maximilian 'Maxim' de Winter)LAURENCE OLIVIER

(The Second Mrs. de Winter)JOAN FONTAINE

(Jack Favell)GEORGE SANDERS

(Mrs. Danvers)JUDITH ANDERSON

(Major Giles Lacy)NIGEL BRUCE

(Frank Crawley)REGINALD DENNY

(Colonel Julyan)C. AUBREY SMITH

(Beatrice Lacy)GLADYS COOPER

(Mrs. Edythe Van Hopper)FLORENCE BATES

(Dr. Baker)LEO G. CARROLL

(Ben)LEONARD CAREY


Director:

ALFRED HITCHCOCK


Awards:

Academy Awards, USA 1941

(Oscar(Best Cinematography, Black-and-White))GEORGE BARNES

(Oscar(Best Picture))



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

怖い怖い(><)

これは背中ゾクゾクするほど怖かったですね~
姿の見えないレベッカの存在感が凄かったですね。
んもぅ、ダンヴァース夫人怖すぎですから(爆)
私もレベッカにすべてが支配させているような感覚になりました。
作品としても傑作ですね^^
トラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

はい。ゾクゾクものでした(T_T)
ダンバース夫人が怖かったですねぇ(^_^;
周りから伝わってくるレベッカの存在も怖かったです。
さすがヒッチコック監督ですね。

コメント&TBありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レベッカ

'''【Cinema de しりとり】 8回目''' '''[http://blogs.yahoo.co.jp/jully_ppppp/44517668.html 【現金に体を張れ】]''' ⇒ {{{『'''れ'''』}}}から始まる作品。 前回に続いてクラシカル作品?♪
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。