スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチ・コネクション

Category : 徒然映画

フレンチ・コネクション


Comment:

麻薬課の刑事たちの姿を追うドキュメンタリー・タッチの刑事ドラマ。


その年のアカデミー賞主要4部門を含む5部門を受賞した作品です。しかし、主役級の女優が出演していないこの作品にとっては「アカデミー賞主要4部門受賞=完全制覇」なのかもしれませんね。


ニューヨーク、ブルックリン。「ポパイ」ことドイル刑事と「クラウディ」ことラソー刑事は麻薬捜査に執念を燃やしています。2人は金の羽振りが良い「サル」ことサルバトーレ・ボカを尾行するうちに、大物のジョエル・ワインストックとの繋がりを捜査線上に浮かび上がらせます。


ドイルとラソーはシモンソン警部に特別捜査を願い出ますが、以前、ドイルの失態で仲間が殺された件もあり躊躇されてしまいます。それでも、マルデリッグ刑事とクライン刑事らと協力して捜査を始めることになるのですが・・・。


暴れ出したら止まらないドイル刑事。彼のあの執念はいったいどこから来るのでしょうね。正義感というよりは強さの誇示が彼の全身から漲っています。


ドイル役にはジーン・ハックマン。暴れます。走ります。見境なしです。「L.A.コンフィデンシャル」でラッセル・クロウが演じたバド刑事と雰囲気が似ていますね。


ドイルの暴走を止めるラソー刑事。でも、ドイルを信じている唯一の理解者、仲間、親友ですね。ドイルのストッパー役のはずなのですが、彼も結構荒っぽい感じがしたのは気のせいでしょうか(^_^;


ラソー役にはロイ・シャイダー。それでもジーン・ハックマンの演技が「動」なら、ロイ・シャイダーの演技は「静」でしたね。


フランス、マルセイユ。麻薬王アラン・シャルニエはサルが仲介となり、ワインストックとの麻薬取引のためニューヨークへ向かいます。


しかし、シャルニエはフランスの警察で常にマークされる大物。そこでシャルニエは、殺し屋ニコリを雇い邪魔な刑事を殺させ、TVスターのアンリ・デブローを巻き込み麻薬取引を円滑に進めようと企てます。


ドイルとラソーはサルを尾行してシャルニエの存在を知りますが、逆にドイルが二コリの標的に・・・。


ドイルとラソーの監視や尾行がやけにリアルで臨場感があります。動きのあるカメラワークがそうさせているのでしょうか。


シャルニエを尾行するドイル。地下鉄での攻防は緊迫するシーンのはずですが、妙にコミカルだったりします。


電車で逃げる二コリをドイルが車で追跡するシーンは迫力満点です。猛スピードで運転するドイルの視点をそのまま映像にしているので、横から現れる車や人に、その都度ビクッとしてしまいました(^_^;


監督はウィリアム・フリードキン。傑作ホラー「エクソシスト」の監督でも有名ですね。元々はドキュメンタリー映画の監督だったそうです。


また、ドイルとラソーの上官であるシモンソン警部と捜査に協力するクライン刑事は麻薬課に所属する本物の刑事で、原作も彼らの扱った事件を基にしているそうです。


ドキュメンタリー映画出身の監督と本物の刑事。リアリティがあって当然ですね。


また、2人の刑事の演技が巧いこと。シモンソン警部がドイルを制するシーンなどは役者ばりの演技を披露しています。


ラスト。


ついに麻薬の取引現場を摘発するドイルたち。逃げようとするシャルニエを追うドイルですが・・・。


一発の銃声と唐突なラストシーン。


でも、これが終わることのない闘いを暗示しているかのごとく、良い余韻を残していました。



★★★★★★★★



Title:

THE FRENCH CONNECTION


Country:

USA (1971)


Cast:

(Jimmy Doyle)GENE HACKMAN

(Alain Charnier)FERNANDO REY

(Buddy Russo)ROY SCHEIDER

(Sal Boca)TONY LO BIANCO

(Pierre Nicoli)MARCEL BOZZUFFI

(Devereaux)FRÉDÉRIC DE PASQUALE

(Mulderig)BILL HICKMAN

(Marie Charnier)ANN REBBOT

(Weinstock)HAROLD GARY

(Angie Boca)ARLENE FARBER

(Simonson)EDDIE EGAN

(Klein)SONNY GROSSO

(Lou Boca)BENNY MARINO


Director:

WILLIAM FRIEDKIN


Awards:

Academy Awards, USA 1972

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))GENE HACKMAN

(Oscar(Best Director))WILLIAM FRIEDKIN

(Oscar(Best Film Editing))GERALD B. GREENBERG

(Oscar(Best Picture))PHILIP D'ANTONI

(Oscar(Best Writing, Screenplay Based on Material from Another Medium))ERNEST TIDYMAN


Golden Globes, USA 1972

(Golden Globe(Best Director - Motion Picture))WILLIAM FRIEDKIN

(Golden Globe(Best Motion Picture - Drama))

(Golden Globe(Best Motion Picture Actor - Drama))GENE HACKMAN


New York Film Critics Circle Awards 1971

(NYFCC Award(Best Actor))GENE HACKMAN



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

無題

ハードボイルドな作品好きです。アクション映画の教科書ですね。カメラワークはホント、リアルです。


>オサムさんへ

私も大好きですね。この雰囲気。
カメラはハンディなのですかね?
あのブレ具合がリアルさを増していたように思います。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『フレンチコネクション』 映画

JUGEMテーマ:懐かしのハリウッド映画こんばんは、あざらしです。TSUTAYA&nbsp&#59;DISCASで見る(見た)名作映画。今宵はジーン・ハックマン主演、フレンチコネクション。必死で逃げる泥棒と必死に追いかける刑事、どっちに感情移入しますか?あざらしは、つい逃げる方
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。