スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我等の生涯の最良の年

Category : 徒然映画

我等の生涯の最良の年


Comment:

帰還兵たちの社会復帰の苦悩と恋愛を描いたドラマ。


その年のアカデミー賞7部門と特別賞を受賞した作品です。


当時は「PTSD」という病名は存在していたのでしょうか。


マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」やマイケル・チミノ監督の「ディア・ハンター」、近年ではポール・ハギス監督の「告発のとき」など、数多くの作品が「PTSD」を取り上げていますが、さらにその昔から社会問題として取り沙汰されていたのですね。


戦争で負った傷。


身体的な傷だけでなく、心の傷を大きなテーマとして、3人の帰還兵を追っていきます。


まず1人目はフレッド・デリー大尉。爆撃機のパイロットとしてフランスへ出征していました。出征20日前にマリーと結婚。帰還後にはマリーとの新しい生活が待っているはずでしたが・・・。


正義感の強いフレッド。また、彼にはプライドもありましたね。好感が持てます。でも、よりによってマリーと結婚するとは・・・彼の唯一の失敗ですね。


「幸せはお金で買える。」とお金で男を見るマリー・・・現代にもいそうな女性像です(^_^;


このマリーと好対照な女性ペギー。フレッドが好意を寄せるのも無理はありません。


フレッドの心の傷をあえて触れないペギーとズケズケと割り込んでくるマリー。その後の展開は目に見えて明らかなのですが、そのタイミングがいつになるのかが楽しみの1つですね。


2人目はホーマー・パリッシュ。彼は修理工として空母の中で任務を全うしていました。しかし、その空母が撃沈され、彼は両腕を失ってしまいます。


彼には幼馴染みでフィアンセのウィルマがいました。両腕を失ったホーマーを見たウィルマは・・・。


本来、明るい性格のホーマーでしたが、両腕を失ったことで身近な人たちと距離を置くようになってしまいます。


ホーマーの両親。そしてウィルマ。皆良い人たちばかりだから、逆につらかったのかもしれませんね。また、ホーマーも良い人だったからこそ、周りの人たちも気を遣ってしまったのでしょうね。


唯一、戦前のときと変わらず接してくれた叔父のブッチや今の自分だけを知っているフレッドたちと明るく接していられたのも判る気がします。


ホーマーとウィルマの愛の行方。ホーマーのウィルマへの想い・・・ウィルマの大きな愛・・・泣けます。


3人目はアル・スティーブンソン軍曹。妻ミリー、娘ペギー、息子ロブの4人家族。戦前はエリート銀行員として、裕福な暮らしをしていましたが、帰還後の社会復帰に戸惑いを隠せませんでした。


コーンベルト銀行の頭取ミルトンから復員兵のための小口貸付担当として副頭取の役職を与えられたアルでしたが・・・。


アルはフレッドやホーマーと異なり、富、地位、そして幸せな家庭も既に築いていました。しかし、それがアルにさまざまな思いを巡らしたのでしょうね。


アルのエピソードでは、アルの酒乱が1つの見どころですね。アルに付き添い介抱する妻ミリーが気の毒でしたが、そんなアルの姿も含めて愛しているんだろうなぁという素敵な関係でしたね。


しかし、アルは気付いていたのでしょうか。自分の酒乱が原因でフレッドとペギーを会わせてしまったことを・・・(^_^;


フレッド役のダナ・アンドリュース。ホーマー役のハロルド・ラッセル。アル役のフレデリック・マーチ。皆素晴らしい演技でした。


特にハロルド・ラッセルは、実際に戦争で両腕を失った帰還兵だったことを知り、真の姿に心が痛みました。アカデミー賞助演男優賞だけでなく特別賞も受賞しています。


フレデリック・マーチはアカデミー賞主演男優賞を受賞。主演はダナ・アンドリュースだとばかり思っていたので、ちょっと驚きです。スピーチのシーンが印象に残ります。でもやっぱり酒の力を借りてのある意味コミカルなシーンでしたが・・・ミリーがフォークで刻むシーンが笑えました。


監督はウィリアム・ワイラー。数ある名作の中で、この作品が初めて観るウィリアム・ワイラー監督作品になりました。この作品で2度目のアカデミー賞監督賞を受賞しています。


ラスト。


ほぼオールキャストが出演するラストに相応しいシーンでしたね。


近年の「PTSD」を扱った作品は、負のイメージばかり強調されてしまいがちですが、それは真実だから仕方のないことなのかもしれません。しかし、この3人の自ら立ち向かう姿もまた真実だと思います。ハロルド・ラッセルがそれを証明しています。


周りの人から手を差し延べられても、自分の心が落ち込んでいては助かるものも助かりません。


落ち込んだ心に自ら勇気と希望を与えようと教えているような作品でした。



★★★★★★★★☆☆



Title:

THE BEST YEARS OF OUR LIVES


Country:

USA (1946)


Cast:

(Fred Derry)DANA ANDREWS

(Peggy Stephenson)TERESA WRIGHT

(Homer Parrish)HAROLD RUSSELL

(Wilma Cameron)CATHY O'DONNELL

(Al Stephenson)FREDRIC MARCH

(Milly Stephenson)MYRNA LOY

(Butch Engle)HOAGY CARMICHAEL

(Marie Derry)VIRGINIA MAYO


Director:

WILLIAM WYLER


Awards:

Academy Awards, USA 1947

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))FREDRIC MARCH

(Oscar(Best Actor in a Supporting Role))HAROLD RUSSELL

(Oscar(Best Director))WILLIAM WYLER

(Oscar(Best Film Editing))DANIEL MANDELL

(Oscar(Best Music, Scoring of a Dramatic or Comedy Picture))HUGO FRIEDHOFER

(Oscar(Best Picture))

(Oscar(Best Writing, Screenplay))ROBERT E. SHERWOOD

(Honorary Award)HAROLD RUSSELL


Golden Globes, USA 1947

(Golden Globe(Best Motion Picture - Drama))

(Special Award)HAROLD RUSSELL


New York Film Critics Circle Awards 1946

(NYFCC Award(Best Director))WILLIAM WYLER

(NYFCC Award(Best Film))



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。