スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある子供

Category : 徒然映画

ある子供


監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ

キャスト:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ

製作:2005年、ベルギー/フランス


まだ若い少女ソニアと青年ブリュノとの間に息子が生まれた。入院中に一度も見舞いにも来なかったブリュノを退院直後のソニアが探していると、ブリュノは路駐ドライバーを相手に小銭集めをしていた。ブリュノはまともな職にも就かずにその日暮しの生活を送っていたのだ。仕事をしてほしいと懇願するソニアに「クズどもと働けるか」と突っぱねるブリュノ。しかしブリュノは、これといった将来の計画も考えず、悪ガキどもと盗みを働きながら小銭を稼ぐ・・・。


そんなある日、闇ブローカーから子供も売買できることを聞かされ、ブリュノは生まれたばかりの我が子を売ってしまうのだった・・・。


Comment:

若者達の裏の側面をドキュメンタリー・タッチでリアルに描いた衝撃作。

音楽は一切無く、ブリュノの行動を追っていくストーリーです。


タイトルの「ある子供」とは、おそらくブリュノのことでしょう。

彼の行動はすべて子供染みています。彼には責任感が無いのでしょう。息子が生まれても愛でる様子も無く、盗んだ物と同じように売ってしまう。それが警察沙汰になると、自分だけ助かりたい一心で平気で嘘を付く。観ていて気分が悪くなりました。


しかし、ソニアもまた若過ぎました。出産したことによって母親としての自覚はあるのでしょうが、やはり、一人で赤ん坊を育てていくのには限界があったのでしょう。留置場に入れられたブリュノに会いに行ってしまいます。


そこで見せたブリュノの涙は、どんな意味の涙だったのでしょうか。

私にはソニアを母親代わりにした、助けを請う駄々っ子の涙のように思えました。


そもそも、警察に引ったくりの首謀者として自首したのは、ソニアが心配してくれると思ったのかも知れませんし、さらに、闇ブローカーからも追われないため、生活が楽になるためと考えたのかもしれません。


でも、あえてブリュノを弁護するなら、親がブリュノを見捨ててしまっていたのと、失業率が高いといわれるフランスの社会事情がブリュノのような若者を生み出しているのかもしれません。


映画的には「えっ!これで終わりなの!」と言うくらいに突然のラストを迎えます。斬新といえば斬新。

きっとブリュノはこの後も更生せずに大人になりきれない子供のままでいるのかなぁと思うのでした・・・。



第58回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

「あ」から順番に行こうかな

ひでさん、こんにちは!
今日は「ある子供」

ラストに関して、やっぱりひでさんも、
あの二人は反省してないように思いましたか。
全然成長がない気がしましたね。

ひでさんの言う通り、親や社会にも問題があると思います。
学ぶ機会がなくて、とっても哀れでした。
現実にこういう若者が増えてると思うと心配です。


>YANさんへ

ブリュノはダメダメでしたね(^_^;
ラストの後も明るい未来はないように見えてしまいました。

景気が悪くなると、ブリュノたちのような
若者が増えてくるのでしょうか・・・。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ある子供

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ 製作:2005年 ベルギー・フランス 出演:*ジェレミー・レニエ *デボ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。