スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と追憶の日々

Category : 徒然映画

愛と追憶の日々


Comment:

母と娘の人生を綴るヒューマン・ドラマ。


アカデミー賞主要4部門を含む5部門を受賞した作品です。ジャック・ニコルソンが助演男優賞を受賞したので、ほとんど主要5部門と変わらないほど、その年のアカデミー賞を独占した作品です。主演女優賞にシャーリー・マクレーンとデブラ・ウィンガーの2人がノミネートされたのも異例なのではないでしょうか。


ダブル主演でのノミネートも、この2人の女優の息がピッタリだったことを知ると頷けますね。


しかし・・・。


テキサス州。早くに夫を亡くしたオーロラ・グリーンウェイは1人娘のエマを溺愛し、エマは少女から大人の女性へと成長します。


そんなエマも教師のフラップと結婚することに・・・。友人のパッツィーは祝福しますが、オーロラは結婚前夜に「彼の結婚は間違っている。一生をダメにする。先が見えている。」と反対します。


オーロラは結婚式に出席せず、エマはフラップの家へと嫁いでいきます。


それでも、毎日のようにエマに電話するオーロラ。


しかし、エマにも子供が産まれ、フラップの転任によってアイオワ州へと引っ越すことになります。エマがもっと遠い場所に行ってしまうことになり、オーロラは・・・。


う~ん。久々にきました。


何も伝わってこない作品が(^_^;


この2人にまったく共感できず「なんだ!このワガママな2人は!」と、ちょっと引き気味で観てしまいました。


オーロラを慕う男たち。しかし、オーロラはまったく興味もなく、身体に触れようものなら厳しく接します。さらに、フラップに対しては終始けなしてばかり・・・。自分の結婚相手がこんな義母だったらイヤだなぁ(^_^;


オーロラは隣りに引っ越してきた元宇宙飛行士のギャレット・ブリードラブと付き合うようになります。今までの男たちと違う危うさのあるギャレットがオーロラの心を動かしたのでしょうか。


ギャレット役のジャック・ニコルソン。彼自身もギャレットのように女性にちょっかいばかり出していそうな気がしますが・・・これは演技ではないですね(^_^;


オーロラ役にはシャーリー・マクレーン。彼女の役にはまったく共感できませんでしたが、唯一、面白かったシーンはジャック・ニコルソンと海辺でスタントさながらに車を運転するシーンでしょうか。ジャック・ニコルソンが海に放り出された後の2人は可笑しかったです。


エマもあまりに自由奔放過ぎて好感が持てませんでした。特にフラップの浮気に対して、自分も浮気をし、そのことを隠しながらフラップに何度も怒る姿に???でした。しかも、子供の目の前で浮気相手と電話するとはね・・・。息子トミーが反抗するのも当然です。


プライベートな話も包み隠さず電話で話し合うオーロラとエマ。おそらく、エマは自分の浮気もオーロラに話していることでしょう。そして、オーロラはその浮気を止めもしないのでしょうね。


そして、何も解決しないまま、エマは癌に侵されてしまいますが・・・。


エマ役にはデブラ・ウィンガー。熱演しているのは判りますが・・・やはり、役に共感できませんでした(^_^;


ラスト。


なぜフラップを寝かせたままなんだぁ~!


ありえない!最後まで、完全にオーロラとエマだけの世界でした。


フラップも情けない。オーロラの何の相談もなしに決めた子供の問題に対し、初めて本人の目の前で啖呵を切ったのに、その後、エマに諭されてあっさり覆すとは・・・。


何だか一番まともだったのは、案外、ギャレットだったのかも・・・。


奇抜な設定のヒューマン・ドラマを観るのはつらいですね・・・この作品は思い切って、コメディ・タッチにすれば面白かったかもしれません。


監督はジェームズ・L・ブルックス。脚本も手掛けています。同じく、彼の監督作品であり脚本も手掛けた「恋愛小説家」はその良い例だと思います。「恋愛小説家」をヒューマン・ドラマにしたら、ジャック・ニコルソン演じた主人公は本当に嫌な奴で終わっていたかも・・・。


私にはエマよりトミーが不憫で可哀想・・・それだけしか映りませんでした。



★★★★☆☆☆☆☆☆



Title:

TERMS OF ENDEARMENT


Country:

USA (1983)


Cast:

(Aurora Greenway)SHIRLEY MacLAINE

(Emma Horton)DEBRA WINGER

(Garrett Breedlove)JACK NICHOLSON

(Flap Horton)JEFF DANIELS

(Sam Burns)JOHN LITHGOW

(Vernon Dahlart)DANNY DeVITO

(Edward Johnson)NORMAN BENNETT

(Patsy Clark)LISA HART CARROLL

(Rosie Dunlop)BETTY KING

(Tommy Horton)TROY BISHOP

(Teddy Horton)HUCKLEBERRY FOX

(Melanie Horton)MEGAN MORRIS

(Janice)KATE CHARLESON


Director:

JAMES L. BROOKS


Awards:

Academy Awards, USA 1984

(Oscar(Best Actor in a Supporting Role))JACK NICHOLSON

(Oscar(Best Actress in a Leading Role))SHIRLEY MacLAINE

(Oscar(Best Director))JAMES L. BROOKS

(Oscar(Best Picture))JAMES L. BROOKS

(Oscar(Best Writing, Screenplay Based on Material from Another Medium))JAMES L. BROOKS


Golden Globes, USA 1984

(Golden Globe(Best Motion Picture - Drama))

(Golden Globe(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture))JACK NICHOLSON

(Golden Globe(Best Performance by an Actress in a Motion Picture - Drama))SHIRLEY MacLAINE

(Golden Globe(Best Screenplay - Motion Picture))JAMES L. BROOKS


Los Angeles Film Critics Association Awards 1983

(LAFCA Award(Best Actress))SHIRLEY MacLAINE

(LAFCA Award(Best Director))JAMES L. BROOKS

(LAFCA Award(Best Picture))

(LAFCA Award(Best Screenplay))JAMES L. BROOKS

(LAFCA Award(Best Supporting Actor))JACK NICHOLSON


National Society of Film Critics Awards, USA 1984

(NSFC Award(Best Actress))DEBRA WINGER

(NSFC Award(Best Supporting Actor))JACK NICHOLSON


New York Film Critics Circle Awards 1983

(NYFCC Award(Best Actress))SHIRLEY MacLAINE

(NYFCC Award(Best Film))

(NYFCC Award(Best Supporting Actor))JACK NICHOLSON



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

あら~

この作品ダメだったですかぁ~
私、すんごい好きなのですよ~
思い入れありすぎて、レビューがメモ程度になってしまいました(笑)
音楽も大好きです~
正反対の感想ですが(笑)、主題曲自作動画記事でトラバさせていただきますね♪


>じゅりさんへ

こんな批判的な記事に
コメントを頂きありがとうございます(^_^;
どのブログを観ても絶賛だったので
自分としてはちょっと驚いてしまいました。
TBありがとうございました。


結構好きです

ありゃ。コメントしたつもりでしたが、ちゃんと投稿できてなかったですね。
TBしても上手くいかないのは何故かなぁ。
これ母娘の絆のお話しでもあるので、男性よりも女性の方がグッとくる作品かもしれませんね。
音楽も好きで、後半涙涙でした。
ダメかもですがTBさせてください。


>PU-KOさんへ

何度もコメント&TBして頂いたのでしょうか・・・。
お手間を取らせて申し訳ございませんでした。
アメブロが悪いのかなぁ・・・う~ん。

この作品は仰るとおり、
女性の方がご覧になると共感するのでしょうね。

コメント&TBありがとうございました(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛と追憶の日々◆「TERMS OF ENDEARMENT」◆

[[attached(1,left)]]映画『愛と追憶の日々』主題曲。 この書庫では、初めてのインストゥルメンタルの曲に なります。 前回の「Favorite Music」記事繋がりで(笑)、原題とは全く違う『愛と○○…』という邦題は、けっこたくさんあるんですよねぇ。 その中でも(?)

愛と追憶の日々

{{{ 1983年(米) 監督・製作・脚本:ジェームズ・L・ブルックス 出演:デブラ・ウィンガー/シャーリー・マクレーン/ジャック・ニコルソン/ジョン・リスゴー/ジェフ・ダニエルズ    リサ・ハート・キャロル/ダニー・デヴィート 【ストーリー】 一家の主
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。