スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパは、出張中!

Category : 徒然映画

パパは、出張中!


Comment:

父親が無実の罪で捕まってしまった家族の物語。


その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したエミール・クストリッツァ監督の初期作品です。


1950年6月のサラエボ。ユーゴスラビアの指導者チトーのもと、ソ連の指導者スターリンに対抗すべく、新しく生まれ変わろうとしていた時代。しかし、ユーゴの人々は民族間の緊張もあり、お互いに疑心暗鬼のまま暮らしていました。


そんな社会情勢など知る由くもなく、友達のヨージャと大好きなサッカーをする少年マリクは、出張してばかりの父メーシャの帰りを待ちわびていました。


それというのも、マリクの割礼の儀式が迫っていたからです。


割礼の日。メーシャが帰宅し、親族も集まる中、マリクの割礼の儀式は無事終わりますが、その日のうちにメーシャはまた家を出てしまいます。母セナはマリクと長男ミルザに、


「パパは、出張中」


と伝えますが、実は国際警察に捕まっていたのです。はたして、家族とマリクの未来は・・・。


どんな過酷な状況でもエミール・クストリッツァ監督の作品では人生を謳歌しているような陽気なイメージにさせてしまう「民族音楽」、「動物」、「陽気な人々」が、この作品では前面に押し出ていなかったですね。


まだ、監督の作風が確立してない時期だったのかもしれませんが、


「音楽」はアコーディオンを奏でる兄ミルザ。

「動物」は夢遊中のマリクのそばにいる犬。

「陽気な人々」は友達ヨージャの父フラニョ。


らが、今後の監督作品にみられる特徴の足がかり的なシーンになっていましたね。


マリクが可愛かったですね。彼の日記の読んでいるようなナレーションも子供からの視点を巧く表現していたと思います。父メーシャが出張中、マリクは夢遊病になってしまうのですが、これはどういう意図があっての設定だったのでしょうね。


いつまで経っても帰ってこない父への不安が知らずにマリクの心に溜まっていたのかなぁ。


また、セナとミルザがとったマリクの夢遊病に対する防止策に笑えました。この防止策が後半でのちょっとしたコミカルなシーンで活かされます・・・マリクは罪な男の子です(^_^;


兄ミルザは見た目は弱々しいメガネっ子ですが、実は芯の強い優しいお兄ちゃんでしたね。


マリクとともに主要人物となる母セナ。予期していない夫メーシャの逮捕。しかも、まったく連絡が取れず、いつ帰ってくるのか、それより生きているのかさえも判らず、不安を募らせます。


意を決したセナは、実兄で国際警察に所属するジーヨに相談しますが、ジーヨは何も教えてくれません。


メーシャ役のミキ・マノイロヴィッチ。

セナ役のミリャナ・カラノヴィッチ。


エミール・クストリッツァ監督作品の常連となる役者たちが魅せます。ミリャナ・カラノヴィッチは「サラエボの花」でも素晴らしい演技をしていましたね。


ラスト。


いったい、メーシャはなぜ逮捕されてしまったのか。


その真実はラストで判るのですが、大きな思想を掲げる国でも、結局は人の小さないがみ合いと利権にその思想が利用されてしまうのでしょうか。


大きな思想を掲げる国で暮らす人々の疑心暗鬼。

夫と妻の愛情の疑心暗鬼。


後半からのメーシャとセナの生活とジーヨと恋人のアンキツァらのやり取りが、どちらも似たようなものだと伝えているようでした。


ジーヨはメーシャとアンキツァの関係を知っていたから、セナに何も言えず、メーシャに嫉妬して何も策を講じなかったのかなぁ。


まったく成長しない大人たちに比べ、大人へと少しずつ成長していくマリクの姿が愛らしく思えました。



★★★★★★☆☆☆



Title:

OTAC NA SLUZBENOM PUTU


Country:

Yugoslavia (1985)


Cast:

(Malik)MORENO D'E BARTOLLI

(Mehmed Mesa Zolj)MIKI MANOJLOVIC

(Senija Sena Zolj)MIRJANA KARANOVIC

(Zijah Zijo Zulfikarpasic)MUSTAFA NADAREVIC

(Ankica Vidmar)MIRA FURLAN

(Kucepazitelj Franjo)PREDRAG LAKOVIC

(Dedo Muzamer)PAVLE VUJISIC

(Ostoja Cekic)SLOBODAN ALIGRUDIC

(Ilonka Petrovic)EVA RAS

(Dr. Ljahaov)ACO DJORCEV

(Mladji ujak)EMIR HADZIHAFIZBEGOVIC

(Natasa)JELENA COVIC

(Berberin Hamdo)TOMISLAV GELIC

(Brat Mirza)DAVOR DUJMOVIC


Director:

EMIR KUSTURICA


Awards:

Cannes Film Festival 1985

(FIPRESCI Prize)EMIR KUSTURICA

(Golden Palm)EMIR KUSTURICA



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「パパは出張中!」エミール・クストリッツァ

パパは、出張中!東北新社このアイテムの詳細を見る パパは出張中 1985ユーゴスラヴィア 監督:エミール・クストリッツァ 脚本:アブドゥラフ・シドラン 出演:モレノ・デバルトリ、ミキ・マノイロヴィッチ、ミリャナ・カラノビッチ 85年カンヌのパルム・ドール受賞
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。